ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。ナローから991までポルシェの中古車の事なら何でもお任せ下さい

ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。996/997コンプリートカー、964/930ナロールック等、自分だけの一台も製作致します。






    JT-MODE 製品カタログはこちらをクリック


    イメージ 1

    先日のモテギで走った時に使った新兵器のインプレです。



    今回、モテギを走るにあたり、最大の難点は「古タイヤ」でした。

    2〜3年前に製造された18インチのADVAN A048でしたが、

    ゴムは古くて硬化しており、溝はスリップサイン出まくりの状態。

    高速道路や峠を走ると轍でハンドルが取られ、両手でハンドル持ってないとどこかへ吹っ飛びそうな

    そんな状態でした。

    本来であれば何も考えず新品タイヤを買ってしまえば問題解決ですが、

    貧乏人にはそんなお金などあろうはずもありません。



    で、今回使ってみたのが「タイヤソフナー」

    ヤフオク等のネット販売だと2.5Lで送料含めて1万円弱ほどで売られています。

    使い方は、タイヤを使う数日前にハケで何度も塗っては乾かし、乾かしては塗ってを繰り返します。

    ボクの場合、今回は5回塗りました。(友人が)


    説明書等に書かれてある正確な使用方法は以下の通りです





    ・タイヤを使用になる数日前には、タイヤソフナーを塗布しておいてください。
    ・液をバケツのような物に移し、ハケ及びローラーでタイヤの接地面に塗布してください。
     ※塗布する時にはゴム手袋等をご使用される事をお薦めいたします。

    ・液が浸透するのに20分位かかります。
    浸透したら1日に合計2〜3回作業を繰り返し、それを2〜3日おこなってください。
    合計5〜9回位の作業を数日かけて行ってください。
     ※液が完全に乾くのに1日以上かかります。又その間、絶対に走行しないでください。





    ま、要は、「タイヤ使う2〜3日前に何度も塗ってくれ」という事です。

    かなり面倒臭いですが、「それが嫌ならタイヤ買いなはれ」っつーコトだと思います。(爆)

    貧乏人は金使えないので体使うしかありません・・・(泣)



    ここまではなんとか我慢出来るのですが、この「タイヤソフナー」の使用には、もう一つ最大の難関があります。

    それは、めっちゃクサイんです!

    雨をしのいでガレージの中で塗ろうものなら、シンナーみたいな匂いが充満してラリってしまいます。(マジで)

    更に恐ろしい事に、一度匂いがガレージに染みついてしまったらなかなか取れません。。。

    恐るべし!「タイヤソフナー」パワー!!



    ちなみに、今回ボクはどうしたかというと、普段自宅に住んでいない事を理由に

    友人に「タイヤがヤバイけど塗る暇がない」と泣きつき、ポルからタイヤ4本を外して持っていってもらい、

    更にそれを、その友人が借りてる貸しガレージで5回塗ってもらいました。

    「タイヤソフナー」を使いこなすには、場合によっては「演技力」も必要になるかも知れません。(爆)



    で、インプレ。


    高速を走っても轍にハンドルを取られる事もなく、非常に乗りやすくなりました。モテギに着くまでは・・・

    箱根を流しても(ゆっくりだけど)ちゃんとグリップしてくれているようでした。モテギに着くまでは・・・



    で、モテギでは?

    ちゃんとグリップしてましたよ。2週目ぐらいまでは・・・



    どういう事かといいますと、今回モテギまでを自走で移動してますが、箱根経由の為、

    サーキットに着くまでの自走距離が約800km・・・

    タイヤが完全に一皮どころか二皮ほど剥けてしまってます。。

    なので、肝心のサーキットではあまり効果の恩恵を受ける事が出来ませんでした。

    これが、積車での移動でタイヤが温存できれば、話はまた違ってくるんだと思います。




    で、今回の教訓としては、「サーキットでタイヤソフナー使うんだったら、積車で移動してください」という事です。

    でもよくよく冷静に考えると、積車借りるお金があったら、もしかすると

    キレイな中古のタイヤが買えるかも知れません。(爆)




    ま、ボク個人的な意見としては、やっぱりお金を貯めてマトモなタイヤ買うのが一番いいです。

    それが出来ない時は、今後サーキット走行は諦めたいと思います。

    無理して死んでるタイヤで走ってもストレス溜まるだけですから・・・




    あ、ちなみに使用後に気をつけないといけないのは、効果がなくなっても匂いだけは持続します。(笑)




    ウチのガレージん中、いまだに匂いが充満しててラリってしまいそうですから・・・(爆)

    今年は出たいレースがあと3つくらいあります。


    ・11/19 チューニングフェスタ(岡山国際)
    ・11/23 RUSHCUP最終戦(岡山国際)
    ・12/3  911DAYS CUP(セントラル)


    こう書くと、「おっ、出るのん?」って思われるかも知れませんが、

    ご存知の通り、極度の貧乏状態の為どれにも出れません・・・(泣)




    つーコトで今年はもうサーキットを走る予定もないので、

    しばらくの間ポルに乗る機会が極端に少なくなると思われます。

    雪が積もる季節まではまだ暫く時間がありますが、ヒーター効かないので

    これから寒くなってくるとますます乗る気にならなくなる事が容易に想像できます。


    で、、そろそろ冬眠の準備です。




    まずは、室内に乾燥機をかけました。

    [[attached(1)]]






    あれ?
    こんなのが、まだフロントガラスにくっついてた・・・
    どうしようかな?
    ま、最終戦のやつなので春まで記念に貼ったままにしておこう。(笑)

    [[attached(2)]]






    あと、レイン用のSタイヤもしばらく使う予定がないので、ラッピングです。
    タイヤは重要ですから!(笑)

    [[attached(3)]]

    [[attached(4)]]

    ハイ、ただこれだけです。(笑)



    こっちの地方のポルシェ乗りは、冬の間は雪が積もるので冬眠します。
    スタッドレス履いてまでポルに乗ろうとするツワモノはカイエン以外は
    少なくともボクの周辺にはほとんど存在しません。(笑)
    大体、12月から3月中旬くらいの3〜4ヶ月間は冬眠してるので、
    年の1/3〜1/4は全くポルに乗らない期間が毎年存在します。
    よく「ガレージ持ってていいね」とか言われますが、北陸でポル乗る時は冬眠時に屋根が必要になるので
    ほとんど必需品に近いのですよ。
    もちろんポルシェ乗っててガレージ持ってない人も存在しますが、
    冬場は雪や湿気でポルの痛みがめっちゃ激しくなるので
    無理してでもガレージ、せめてカーポートくらいは是非欲しいところです。


    雪が降らない地域の人がウラヤマシイ・・・

    つか、これで税金やら保険代金が全国一律なんて、不平等だす。。。

    せめて重量税だけでもまけちくり!

    箱根〜アイドラーズから帰ってきて、今日が初めての休日です。


    今日、あらためてポルを見てみると・・・やっぱ汚ねえ〜

    イメージ 1




    写真だとわかりにくいかも知れませんが、至近距離まで近づいてみると・・・

    ホイールなんて、ほら、、ブレーキダストで真っ黒・・・

    イメージ 2




    リアタイヤの付近なんて、モテギでSタイヤのカスがへばりついて悲惨です・・・

    イメージ 3




    フロントバンパーは飛び石で、前にも増してソバカス増えてます・・・

    イメージ 4

    サーキットしかほとんど走らない使い方してるので、フロントはどうしてもこうなっちゃいます。
    冬場にまた誰かさんみたいに(?)上塗りの厚化粧でもやろうかな。
    今度やったら3回目・・・





    で、洗車しました!

    何ヶ月かぶりですが、めずらしくちゃんとワックスもかけました!

    ジャーン!!

    イメージ 5




    ハイ♪きれいになりました。

    気持ちイイ〜

    でも、あまり変わってないかも知れません・・・(苦笑)

    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4

    上2枚の画像が昼飯喰ってからみんなで観戦したSuperCUPのスタート時のものです。

    3枚目の画像はこんな変わった車も来てたので思わずパシャリ。

    一番下の画像は帰りの常磐道のPAで、fz840itさんとの別れを惜しんでいる所です。




    SuperCUPはカレラカップに出てる997のカップカーとかスゲ〜のが色々走ってましたが、

    結果はプロモデットの993が終始ぶっちぎりでポールtoウィン!

    速いってもんじゃないっす!

    2位以下にストレート2本分くらい差をつけてゴールしてましたよ。

    SuperCUPって初めて観ましたけどナカナカ見ごたえがありましたよん。











    さーて、SuperCUPも終わったし帰りまひょ♪という事で

    パドックに置いてある車の所まで歩いている途中、妙なアナウンスが耳に入ってきました。



    「930CUPの○○番、△△番、◇◇番・・・9CUPの◎◎番・・・157番

    あれれ?何か反則でもやっちゃったかな・・・(汗)

    エキシビジョンに参加となりますので○○パドックまで集合して下さい」



    一同「??????????」



    ボク「いま、O157がエキシビジョンにどーしたこーしたとか言ってなかった?」

    fz840itさん「ごめん、よく聞いてなかった・・・」



    訳がわからないので確認の為、レースの事務局へ



    ボク:「あのー、いま9CUPのO157が、、ちがった、、ゼッケン157番が呼ばれたような気がするんですけど」

    係員:「いま確認します」

    *****係員、、手際が悪く、なにやらいろいろバタバタ確認中*****

    係員:「あ、3位に入ってます。すぐエキシビジョンレースに向かってください」

    fz840itさんとボク:「w(☆o◎)w えええええ〜〜っ!!!」

    そっか、後ろの方を走ってたけど一番下のS1だったからクラスでは3位に入ってたのね。。。




    もう、完璧に帰る準備をした後だったので病原菌O157番のゼッケンは剥がしてしまっていつもの17番に戻っているわ、

    車に荷物は満載だわ、レーシングスーツは着替えてしまっているわ、4点式のベルトもしまってあるわ・・・

    そんな状態でしたが、とにかく着の身着のままヘルメットだけ被って車に飛び乗りコースへ。




    あわててコースインしたら、もうボク以外の車はみんなグリッドに整列してスタートを今か今かと待ち構えていました。

    「えええええ〜〜っ! エキシビジョンってただ走るだけじゃなくてレースだったのん???(爆)」

    状況もよくわからぬまま、とりあえず一番最後尾の空きグリッドについたと思ったらすぐさまヨーイドン!




    気持ちの準備は出来てないわ、3点式のフツーのシートベルトしか着用していないわ、

    グローブもちゃんとつけてないわ、タイヤはズルズルだわで

    スッチャカメッチャカでしたが、とにかく必死こいて最後までひたすら走りました。(笑)




    エキシビジョンレースも無事(?)終了したのが15:00すぎ。

    17:00の表彰式で表彰台に上って久しぶりにシャンパンのかけ合いもしたいような気もしましたが、

    そろそろ出発しないと常磐道が混んでくる時間でもあり、夕方の表彰式までここに居ると

    家に着くのが何時になるかわかったもんじゃありません。

    つーコトで表彰式は諦め、楯かトロフィーか何かわかりませんけど、

    とにかくもらえるものを郵送してネ♪と事務局に頼み込んで帰路へ。




    初めてのアイドラーズは、レースの内容自体は準備不足が祟って思うように走れませんでしたが、

    何故か結果だけは付いてきてしまいました。(棚ぼたですけど)

    それにしても、こんなに入賞しても実感のないレースは初めてです。

    今でもまだリザルト見たわけではないので半信半疑の状態です。(笑)



    モテギってコースはただのSTOP&GOの繰り返しかと思ってナメてましたが、

    思っていたよりもテクニカルな面もあって奥が深そうですね。

    またいつか万全の状態で思いっきりモテギを攻めてみたい♪

    今度は新品タイヤで。。(爆)




    今回は石川〜箱根〜FISCO〜モテギ〜石川という、とんでもない強行スケジュールでしたが、

    なんとか車も体も壊さずに無事帰宅する事が出来ました。
    (ポルシェってやっぱ丈夫!)




    こんなに楽しい遠征になったのも、気の合うポル仲間の皆さんと最高の出会いが出来たお陰です。

    箱根に来て下さった皆さん、本当に有難うございました!!

    お金がないので食費まで削ってかなり無理して行きましたけど、やっぱ行ってよかったです!


    皆さんとの出会いはまだ始まったばかりです。

    これからが仲間としての本当の意味でのお付き合いになると思いますが、

    今後も末長〜いお付き合いを、宜しくお願いします。m(_ _)m

    引き続き決勝の模様へ



    予選が終了してから一番反省した事は、コースを全く知らない事。

    まずはサーキットのインフォメーションに行ってモテギのコース図をもらってきました。

    それ見て「ふ〜ん、なるほど」、って一生懸命コースを丸暗記です。

    完璧に丸暗記したところで、あとはライン取りとブレーキポイントをどうするか。

    丁度、パドックのお隣が去年のRUSHCUPの最終戦で一緒に表彰台に立った

    CARRERAクラスシリーズチャンピオンのYさんだったので、

    モテギをどんな風に走ってるのか伝授してもらいます。



    ジャーン!!'05 RUSHCUP CARRERAクラス シリーズ1位と2位の車両のツーショット!(爆)

    イメージ 1

    Yさんに再会したのは去年のRUSHCUPの最終戦以来でしたが(ボクが今年1戦も出てないので)

    車がエンジン含めて大幅なモンスター化が施され、以前にも増してめちゃくちゃ速くなってました。

    ちなみに、今回のモテギでのボクとのタイム差は10秒近くありました・・・(汗)

    周りはみんな速くなってるのにボクだけ置いてけぼり・・・

    早く貧乏生活から脱出して、せめてタイヤくらいは新品を買える身分になりたいです。。(泣)




    で、11:00すぎからの決勝!

    9週のレースです。

    グリッドに整列しましたけど、やっぱ後ろすぎてシグナルがぢぇんぢぇん見えましぇ〜ん。(笑)

    前の方の車がスタート切るのを確認して、こっちもスタート!

    うりゃ〜〜〜!!

    スタートはまあまあうまく決まりました。

    3周目くらいまでは何台か前の車も抜けました。

    しかーし、、タイヤがぁ〜〜〜〜〜・・・・・(x_x)




    4週目位から、思った通りに走れません。

    タイヤが完全にイッてしまっててグニャグニャするので全く踏めんのです。

    例えば130Rなんかの中高速コーナーなんて、本来は3or4速全開で駆け抜けてくものなんですけど

    そんな風に走ると車がだんだん外へ外へ・・・

    小さなコーナーに突っ込む時のブレーキングも150mも手前からソォーっと踏まないと

    タイヤが白煙あげてロックします。

    中盤以降、P−LAPでタイムを確認すると26秒〜30秒の間を行ったり来たり・・・(-_-;)

    ダミだコリャ〜!!

    5週目くらいからは戦意も失せ、とにかく完走する事だけ目指してクルージング走行してました。

    先月のセントラルの時に初めてスリック履いてみた時にも痛烈に感じたんですが、

    やっぱタイヤはエンジン並みに重要です。




    我慢我慢のストレスが溜まる長ーく苦しい決勝がやっと終わりました。

    この時点で時間は昼すぎ。

    リザルトの発表は夕方5時くらいから行われる表彰式までありません。

    自分の順位が何位なんだか知る気も起きず、表彰式を待たずさっさと後片付けして帰る準備へ。




    その後fz840itさんや仲間達と昼飯を喰い、どうせだからスーパーCUP(とんでもなく速いクラス)の

    レースだけ観戦してから帰ろうという事になりました。




    「決勝もこんなんだとブログにマジで何も書くことないな・・・」

    この時点でもまだこんな風に思ってました。



    しか〜し、このあと大ドンデン返しがぁぁ!!(笑)




    長くなったのでつづく・・・・・(今日中に完結させますネ!)

    楽しかった箱根〜FISCOツーリングもあっという間に終わり、後半戦のアイドラーズです。



    昨日グッタリした状態で1:00頃から爆睡し、朝5:00起床!

    5:30には水戸のホテルからツインリンクモテギに向かって出発。

    6:00すぎに現地に到着し、パドックの場所取りした後6:30から受付。

    事前申し込みしてないので、もしかしたら9CUPは定員オーバーかも?って少し心配しましたが、

    定員ギリギリセーフ!

    クラスがS1〜S3までありましたが、初めてでレギュレーションとかよくわからないので

    とりあえずノーマルエンジンだから一番下のS1クラスで受付。

    アイドラーズもモテギも初めてだし、エンジンもいじってないからこれでいいよね?

    しかも全然グリップしない古〜いタイヤでかなり不利なんだからこれでいいでしょ?(笑)

    いまだにクラスがS1でよかったのかどうなのか、まだよくわかってません。(爆)


    で、受付から渡されたゼッケンは「157番」。

    なーんか、病原菌のO157みたい・・・ネタ的にはかなり古いですけど。。

    不吉な予感がします。。。






    準備をしていると関西のRUSHCUPで顔なじみの車が近くにぞくぞくと集まってきて

    これ見たら不思議とホッとしました。

    イメージ 1

    ここのパドックの列はRUSHCUP常連組の、しかも近県の石川ナンバーと岐阜ナンバーだけ。

    関東方面の知らない車ばっかりの中、やっぱり安心するのか自然と知ってる車同士が集まりますね。

    あとで昨日もお会いしたfz840itさんも応援&サポートに来てくれたので

    更に気分的に楽になりました。(アリガトね〜!)




    あっちの方のパドックには関東方面のナンバーがズラリ!

    イメージ 2

    ん〜、関西系のレースよりちょっと地味な車が多いですね。

    もちろん、ド派手な空飛ぶモンスターみたいな車も中にはいますがそれは少数派。

    関東はあっさり系が主流なんでしょうか。。




    バタバタと準備をしていたら、すぐに7:00からのブリーフィングの時間に。

    例によって旗の説明とかするんですが、驚いたのはアイドラーズのブリーフィングって

    みんな結構マジメに説明を聞いてます。(やっぱこうでなきゃネ!)


    それと各クラス3位までの入賞車は「エキシビジョン」というのがあって、

    「どや?ワシが速かったんぢゃ!スゲェぢゃろ♪」って感じで車見せびらかしながら

    コースをデモランする時間がちゃんと取ってあるらしいです。

    カッコイイ♪オリンピックで金メダル獲った時の荒川静香みたい。。。スゲ〜




    そんなくだらん事を考えてる間にブリーフィングは終了し、次は車検。

    スタッフが一台一台出場車両のチェックをします。

    ガソリンキャップやらオイル注入口のフタ、バッテリーの端子までテーピングが必要で

    ブレーキランプやらウインカーも全部チェックされます。なんだか本格的〜♪




    この車検が終わってからほどなくしてfz840itさんが応援と手伝いをしてくれる為に到着!

    あのぉ、、もう準備も車検も終わってしまったんですけどぉ・・・(爆)




    で、9:00からの予選開始!

    ボクがエントリーした9CUPは930CUPとの混走での予選/決勝になります。

    なので、総勢約60台?!

    ちょっと混雑しすぎ!!

    初めて走るコースなので、とりあえずの目標タイムはちょっと甘めに2分20秒斬り〜!





    コースに出たと同時に気分が高潮しはじめました。



    モテギがなんぼのもんぢゃい!

    うりゃ〜〜〜っ!!

    あり??

    ズリズリ〜、キキー、ガガガガガ〜!

    「w(☆o◎)w ゲ〜っ!やばっ、自走して帰れなくなる!」

    3コーナーでいきなりコースから飛び出してしまいました。(笑)

    タイヤがグリップしないの忘れてた・・・・・

    「ガッシャーン!」がなくて本当によかったです。(^^;



    気を取り直してコースへ復帰。

    でも、やっぱり全くコースを知らないのでしっくり走れません。。。

    モテギって思ってたよりテクニカル・・・

    予選中に3回もコースから飛び出してしまいました。(笑)



    そうこうしているうちに、あっという間に20分間の予選終了〜。

    タイムは2’24.502・・・

    ダメです・・・遅すぎてお話になりません。。

    予選の結果は9CUP総合23位、S1クラス6位。

    決勝は930CUPと混走だから37番グリッドからのスタートになります。
    (そんなに後ろからスタートのシグナル見えるんやろか・・・??)



    古タイヤ対策として一応ソフナーは塗ってみたけど、レースだとやっぱりごまかしは効きませんね。

    新しいタイヤ買えないクセに、調子こいてレースに出てしまった自分のせいです。

    それよりも何よりも、せめてコース図くらい暗記してから来いよって感じですよね。



    この時点ではfz840itさんと「こんなんだとブログに何も書く事ないよね」なんて話をしてました。(笑)



    決勝につづく・・・

    JT-MODE 製品カタログはこちらをクリック


    このページのトップヘ