ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。ナローから991まで、ポルシェの中古車の事なら何でもお任せ下さい。

ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。996/997コンプリートカー、964/930ナロールック等、自分だけの一台も製作致します。





    2007年02月

    ユーロカップで使うタイヤに交換する時間がなかったので、

    平日に組み替え作業をやっておいてもらえるよう、今履いてる18インチを外して

    タイヤ屋さんに預けてきました。


    その関係で一時的にウェット用の17インチのニセモノカップホイールを履いたので

    せっかく履いたついでにウェット用のSタイヤのゴムがまだ生きてるかどうかを確かめる為、

    その辺をチョイ乗りしてきました。

    久しぶりに17インチ履いたんですが、やっぱ964とのマッチングは18インチよりも

    圧倒的にイイですネ!

    めっちゃ乗りやすくてコントロールしやすかったです。

    イメージ 1

    イメージ 2


    久しぶりにこうやって自分の車に17インチ履かせてるのを見たんですが、なんだか新鮮♪

    これはこれでアリかも・・・

    最近、妙に17インチに戻したくなってきてしまっている今日この頃です。。

    オイル交換した帰りにうっちー親分のお店に寄ったら、

    ユーロカップで一緒に走るT君も来てました。

    奥の車がT君の993CarreraRS(本物)です。

    やっぱ本物はイイですね〜!

    置いてあるだけでめちゃめちゃオーラが感じられます。

    手前の車がジャマでスイマセン・・・(^^;


    イメージ 1

    イメージ 2



    T君と最後に絡んだのは去年の9月にセントラルでやった仲間内のレースでしたが、

    決勝スタートしてまもなく、バックストレッチの立ち上がりで抜かれたまんま、

    ゴールまで追いつく事が出来ませんでした。

    コーナーの立ち上がりの加速がボクの964とは全く違います。。

    3.8Lエンジンのパワーのせいでしょうか、はたまた6速のギア比の関係でしょうか・・・

    なんせ速いっす・・・(-_-;)

    この日は、「足のセッティングがイマイチ」とか言ってましたけど、

    彼の冷静沈着な運転で、きっとユーロカップもきっと上位に食い込んでくる事と思います。



    後ろのほうから見てるから、がんばってネ〜!(^^)

    土曜日はエンジンオイルとブレーキフルードの交換をやってました。

    ついでに下回りを一通りチェックしましたが、問題はなさそうです。(多分・・・)

    イメージ 1




    今回入れたオイルは乳テックの安い方のNC−50とNC−51というヤツを

    テキトーに混ぜ混ぜして入れました。

    イメージ 2

    イメージ 3

    本当はレース用の高い方(NC−40、NC−41)を試してみたかったのですが、

    これは余ってないみたいなので入れてもらえませんでした。。

    今回は乳テックといえども安い方のヤツを入れたので、

    いつも使ってるオイルと違いは判らないかも知れませんネ・・・




    ほんで、ブレーキオイルは試しにコレを入れられてしまいました。。

    イメージ 4

    乳テックのブレーキオイルって聞いた事ないけど、そんなんあったん?

    大丈夫?(笑)

    ココのショップでもはじめて入れるそうなので、完全に実験台??人柱???状態です。。

    ま、モニター価格(?)にしてもらったからいいですけど・・・


    ちなみにコレも安い方のヤツで、RP−320っていう高い方のヤツもあるらしいです。



    もともとミッションオイルは乳テックが入っているので、

    これで油脂類はほとんど全て乳テックで統一されました。(たまたまですが・・・)

    まるで乳テックのテストマシン状態?

    ここまできたら、でっかいステッカーでも何でも貼るから何かくだちゃい。。(爆)

    最近知ったんですがポルシェって昔、トラクターも作ってたんですね!

    ま、どーでもいいと言えばどーでもいい事ですが・・・

    でもちょっとビックリ! w(゚o゚)w

    少し調べてみると、ポルシェ本体とは別にポルシェ・ディーゼルという会社が存在してて(多分)

    そこで何種類も作ってたようですが、投入されている技術はまさにポルシェそのもの。。

    エンジンはやはり空冷の水平対抗なんでしょうか。(・_・?)

    時代は第二次世界大戦直後の頃らしいです。

    イメージ 1





    当時、井関とも販売・技術面で幅広く提携していて、

    井関にもポルシェ製とほぼ同じ形をしたトラクターが存在していたそうです。

    イメージ 2






    それと驚いた事にポルシェ・ジャパンのホームページを覗くと、

    こーゆー物がちゃんと正規品として売られてました。


    ↓ポルシェ・ディーゼル ペダルトラクター  ¥22,155(税込)

    イメージ 3



    ↓ポルシェ・ディーゼル モデルカー(1/18) ¥13,020(税込)

    イメージ 4




    オモチャといえども結構イイ値段してますわ。

    さすがポルシェ純正。。(-_-;)

    ポルシェ正規品のグッズってオモチャですらボクには手が出ません・・・つか、、要りませんが。。

    3/4のユーロカップ変態ポルシェチームの仲間みんなで参加しますが、

    そのうちボクを含む6台がエントリーして一緒に走る事になりました。

    久しぶりに仲間と一緒に走れるので、今からとても楽しみです。


    記事にする事は誰にも断ってないけどちょっとだけ一緒に走る車をご紹介しますネ!



    ブログでもおなじみのichiraku師匠のマルティニ号!
    車もドライバーも問題外に速すぎます。
    ハッキリ言ってバケモンです。。

    イメージ 1







    ↓S君の911R仕様。
    このブログで何度も製作の途中経過をご紹介しましたが、昨年末に更にエンジンと足回りをリニューアルして
    とんでもなく進化してます。
    これも速すぎます。

    イメージ 2







    ↓ボクのエンジン作ってくれたレスモアートのHどんのた〜ぼ〜号。
    サンバーストの軽量ボディを身に纏い、見た目は’73RSR仕様ですが
    中身はナント930ターボにG50の5速MT積んでます。
    反則みたいな車です。

    イメージ 3







    ↓アイドラーズ参戦中のナンチャッテカレラ号。
    本物の’73ナローの軽いボディに昨年3.5L積みました。
    モテギで一緒に走りましたが、速すぎてとてもついていけましぇん。。。

    イメージ 4







    ↓T君の993RS。
    本物のRSなので当然3.8・・・速くないわけありません。。
    いつも大体一緒に走りに行ってますが、この車の前を走らせてもらった事はありましぇん。。
    一緒に走るのは去年の9月のセントラル以来ですが、そのときもずっとこの車が前を走ってました。
    速くてじぇんじぇん追いつけましぇん。。。

    イメージ 5







    ↓ほんで、コレ。。
    もちろんこん中で一番遅いです・・・
    勝てる見込みはほとんどないので、完走目指します。
    ぶつけてしまったら修理するお金もないので、みんなそばに寄らないでネ。。

    イメージ 6






    仲間以外には他にどんなポルシェがエントリーしてるのか知りませんけど、

    上位争いはかなりの混戦になるかも知れません。。


    ボクは遅くて付いていけないので関係ありませんが・・・(^^;


    気が弱いので、コース上であまりイジメないでね。。

    イメージ 1

    先週の記事ですが、今年の富士のF1日本GPは前座がなんとカレラカップなんですネ!

    ん〜、F1は生で観にいった事はないけど、カレラカップもやるんなら

    今年はちょっと観に行きたくなってきたかも。。


    以下、ニュースの記事です。



    ポルシェ・ジャパンとポルシェ・カレラカップ・ジャパン(PCCJ)委員会は、9月30日に富士スピードウェイで開催される「2007FIA F1世界選手権フジテレビジョン・日本グランプリレース」決勝のサポートレースとして「ポルシェ・カレラカップ・ジャパン・スペシャルラウンドレース」を開催する。

    F1日本GPは、1987年から毎年鈴鹿サーキットで開催されてきたが、今年は30年振りに新生富士スピードウェイで開催される。これまでもポルシェワンメイクレースは全世界的にF1GPのサポートレースとして開催されてきたが、今回ポルシェ・カレラカップ・ジャパンがF1GPサポートレースを開催する。


    http://response.jp/issue/2007/0215/article91598_1.html

    今回の準備はコレといった秘密兵器もなく、地味ィ〜にいこうかなって思ってたんですけど、

    こんなオモロイ物を持ってる事を忘れてました!

    以前話題に出したホットワイヤータイプのエアフロです。

    借り物ですが・・・

    コレなら今回の目玉になりうるかも♪ (^^)v

    イメージ 1



    前から付けよう付けようと思っていながら、なかなか付けられずにいましたが、

    今度のセントラルは効果を試してみるには絶好の機会かも知れません。

    ちょっと付けてみようかにゃ♪

    イメージ 2



    ん??なんだか配線とか面倒くさそう・・・(-_-;)

    それにこのクソ寒い中での中腰の作業は腰がやられてしまいそう。。


    やっぱ付けるのやめました。

    もー少し暖かくなったら付けよかにゃ。。


    っつーコトで、、今回も貧乏人らしく地味ィ〜に必要最低限の事だけやって向かいます。(爆)

    週末、少し時間があったのでユーロカップの準備をしてました。



    まずは走るのに必要がなくて、すぐに取り外し出来るものに車から降りて頂きました。

    助手席とリアの背もたれ部分のカーペットです。

    イメージ 1




    外した後の室内はこんな感じです。

    ん〜、内装がまだいっぱい残ってるしゲージもない。。

    見た目が中途半端でなんだかポンコツみたい・・・
    (実際、ポンコツですけど。。)

    イメージ 2

    内装を全部キレイに剥いでしまおうと決めてから3年以上の時間が経過しました。

    ネチョネチョな接着剤剥がすのが面倒くさくて、ここから先は一向に前に進みません。(^^;

    そんなんゲージ入れるタイミングでいいやん♪と、自分で自分に言い訳し続けてます。

    とはいっても、ゲージなんていつ入れられるか本人にも皆目見当も付きませんが・・・






    これで約10kg強の軽量化でしょうか。。

    作業に要した時間、約2分47秒。(笑)



    まだ時間もあるし、寒くて腰が痛くなってもまずいのでこの日はこの辺でやめときました。(笑)

    残った作業は今週末に一気に終わらせます。

    とはいっても、オイル換えてブレーキのエア抜きするだけですが・・・(爆)

    イメージ 1

    イメージ 2

    ユーロカップに向けて、今回は自走で行くことになるのでやっぱこれ買いました。

    足元を暖めるスポットヒーターです。

    車にヒーター付いてないので・・・

    セントラルまで片道4時間近くかかってしまうので、

    いくら厚着をして行っても途中で凍え死んでしまいそうです。(^^;

    あまり効かないかも知れませんが、運転席の足元に置いとけば無いよりは幾分マシかと。。

    一応ホカロンも大量に買い込んでおきます。(^^)v

    肝心の車の準備の方ですが・・・まだなーんもやってません。

    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4

    この前昼飯食べにラーメン屋に入った時、車雑誌を読んでたらちょっと気になる車が載ってました。

    その車はレクサスIS−F。

    パッと見、素のIS250とかとほとんど変わりませんが・・・

    でもよーく見ると、スタイルはISをベースにV8の5リッターをボンネットに収める為に、

    フロントの全長を延長し更にボンネットが盛り上がった形状になってます。

    しかもパワーは400PS以上、トルクは48.4kg-mを発生するモンスターセダンです。

    更にミッションは「8速ダイレクト スポーツシフト」と呼ばれるもので、トルコンのATをベースに

    マニュアルモードを備え、シフトダウン時には自動的にブリッピングしてくれる優れもの!


    で、、こーゆースペックうんぬんよりも何が一番気になったかと言うと、

    この雑誌によるとこの車、なんと随所に至る所がポルシェプロデュースらしいです。

    足回りやブレーキはもちろん、エンジンの回転の上がり方の味付けに至るまで、

    ポルシェが開発に深く関与し技術供与しているそうです。

    レクサスの品質+ポルシェの味付け。。

    うーん、最高かも♪

    こんなセダンなら乗ってみたいかもです。

    既にデトロイトショウではお披露目されてるようですが、発売時期は今年の秋から来年初め頃との事。

    ちなみにお値段は650万円前後だそうです。

    ん〜、いくら興味があってもどのみち買えませんけどネ・・・(^^;

    このページのトップヘ