ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。ナローから991まで、ポルシェの中古車の事なら何でもお任せ下さい。

ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。996/997コンプリートカー、964/930ナロールック等、自分だけの一台も製作致します。





    2007年09月

    イメージ 1

    イメージ 2

    明日のセントラルに向けて、ポルシェのタイヤをスリックに履き替えました。

    今回のは内輪のレースだからレギュレーションもヘッタクレも関係ないので

    Sタイヤは温存してスリックでイキます!

    これで戦闘準備完了〜♪

    あとは今日の夕方に積車のレンタカー借りてきてポル君を載せるだけ☆

    今回はめずらしく1台積みの積車で現地へ向かいます。

    スリックで公道は走れませんから。。(^^)


    明日の朝こっちを出発して、午後から夕方までサーキットを貸し切りで楽しんできます。

    土曜日はそのまま近くのホテルで宿泊。

    日曜日にゆっくり帰ってきます。


    それでは行ってきま〜す!

    イメージ 1

    昨日、フェラーリがボクの手元から離れていきました。

    ウチに来てから一ヶ月とちょっと。

    これ以上ボクの手元にあっても、売却まで更なる長期戦になってしまう可能性が高いという事や、

    オーナーさんの次期購入予定車両も決まっている事、

    それから更にもう一台売却しないといけない車がある事を考えると、

    このフェラーリの売却にあまり時間を掛けるのは得策ではないと判断しましたので、

    手っ取り早く売却する方法に切り替える事にしました。


    色々と手は尽くしてみたものの、結果的に嫁ぎ先を見つけてあげる事が出来なかった事に、

    自分の無力さを痛感しています。


    この車からは色んな事を教えてもらいました。

    今まではポルシェ一辺倒でしたが、フェラーリを体験してから世の中にはポルシェの他にも

    楽しい車が存在するという事や、がむしゃらに走る事以外にも所有しているだけで心が満たされるという

    車の楽しみ方があるという事。

    そんなことをこのフェラーリから教えてもらいました。


    フェラーリとの同居は短い期間だけでしたが、次にウチにフェラーリが来る時は

    自分の所有物として一生つきあっていきたい。。

    そう思わせる車でした。


    この348の調子はバツグン。

    まだまだこれから先も現役として長く活躍出来ます。

    いい人の所に嫁いでいける事を祈ってます。

    今度の週末(9/29(土))に、セントラルサーキットでうっちー親分んトコ主催の

    走行会&レースがあるので、その準備をしてました。


    まずはレンタカー屋に行って、予約出来た積車にシャコタンじゅんのすけ号が

    ちゃんと載るかどうかのチェック。

    板を何回も噛ませながらゆっくりゆっくり載せたらなんとか積めました。

    イメージ 1




    で、お次はオイルの補充&ブレーキオイルのエア抜き。。

    イメージ 2

    ついでに、先日ブレーキ見直し計画の記事書いたときに、

    北の大地(笑)にお住まいのasyorocomaさんからアドバイス頂いたので、

    フロントロアアーム部のブレーキ冷却用の整流版をホームセンターから買ってきたアクリル板で

    継ぎ足ししてみました。(透明な板の部分)

    イメージ 3

    ↓フロント側から見るとこんな感じ。
    イメージ 4



    北のasyorocomaさん!こんな感じでエエでっか?

    アクリル板が地面に摺ってしまって段差でガサゴソうるちゃいですがっ。。

    でも形状的になんとなく効果がありそう♪

    とりあえず、ツインマスター入れるまでの暫定的な措置ですけど、

    騙されたと思ってコレ試してみようと思います。(笑)

    日曜日は名古屋から持ってきた車を早速ピカピカに洗車してました。

    といっても最初っからピカピカだったので、軽〜く水洗いしただけですが。。

    内装もササッと掃除機かけただけで十分キレイです。


    ↓内装はこんな感じ♪

    イメージ 1



    ダッシュボードのピニンファリーナのエンブレムが誇らしげです。

    イメージ 2




    この車は2000年モデルの1オーナー車ですが、

    前オーナーがとっても大切に乗ってきたという事が車の状態からビシバシ伝わってきます。

    この年式になると小キズやエクボ、特にドアノブのところなんかは爪アトが

    当たり前のように付いているもんなんですが、この車はそんなものは一切ありません。

    さすがオークション会場での評価が4.5点(この年式としては最高ランク)

    が付いてただけの事はあります。


    あまりにピカピカなので、外に置いておくのは勿体無いので、

    ポルシェを外に放り出して、この車をフェラーリと一緒に

    ガレージの中にしまっておく事にしました。

    イメージ 3



    車に詳しい人ならこの画像見ればもう大体車種はわかりますよね!?

    もったいぶって引っ張るのはこんくらいにして(笑)、次回は全貌をバーンと公開します。

    名古屋での談笑の後、お友達がやってるショップ、サンバーストに寄りました。


    ココに来ると、いつも不思議なことにお腹が必ずユルくなるのは何でなんでしょうか?

    今回も例に漏れず、便所に駆け込みうんこをしてしまいました(爆)



    色んな車のボディを製作中でしたが、企業秘密かも知れないので一部しかアップできませんが、

    ↓この車は相変わらずキマッてました。

    イメージ 1

    岡山国際のポルシェトロフィー参戦中で、今年はクラスのシリーズチャンピョン狙えるかも!

    忙しくて全然自分のこの車をかまってあげられないって嘆いてました。




    ↓こんな車もありましたよ。

    イメージ 2

    あり?どっかで見覚えのある車かも・・・(爆)

    これは仕上がったら売りに出すそうです。

    激速でっせ〜!

    つか、これ、ボクにも売らせちくり!(爆)

    昨日はファン限定公開でお話した車を名古屋のオークション会場まで

    引き取りに行ってきました。

    現地ではブログ仲間のmichiharu_99さんと、さんたさんが

    わざわざ会場まで会いに来て下さいました。

    michiharu_99さんはプリウスで、さんたさんは964カップで登場です。


    せっかくなのでお茶でもという事で、michiharu_99さんちのプリウスに先導してもらい

    3台連なって近くのファミレスへ。

    ↓先導車のmichiharu_99さんちのプリウス
    イメージ 1


    ↓バックミラーに写っているのがさんたさんの白カップ君
    イメージ 2



    さんたさんとは初めてお会いしましたけど、とっても感じのいいナイスガイでした!

    michiharu_99さんは相変わらす・・・マシンガントーク炸裂でしたね。。(爆)

    時間の経つのも忘れて2時間ほど3人で車談義に花を咲かせましたが、

    ボクがもう1件寄りたい場所があったので、午後7時ごろ解散しました。

    michiharu_99さんには帰りの高速のインターの入り口まで道案内して頂き

    大変ありがとうございました!

    いつか中部地区でツーリングでもしたいですネ!

    また近いうちお会いしましょう!

    イメージ 1

    フェラーリ348がウチに来てから早1ヶ月。

    コイツの嫁ぎ先がまだ決まってません。

    これからデチャッタブルトップを外してコイツを駆るには絶好の季節がやってきます。

    それに間に合うように、なんとかいい嫁ぎ先を見つけてあげたい!

    最近、なかなか嫁に行かない娘を持つ親みたいな気持ちになってきました。

    娘を持った経験なんかありませんけど・・・(笑)


    このペッピンさん、先日のヤフオク出品時には11712アクセス、ウォッチリスト75件の超人気者。

    現車確認や試乗も3人の方にして頂きました。

    でも最終的に嫁ぎ先が決まらない理由は車のコンディションでも値段でもありません。

    ご検討頂いた方達の置かれている環境がフェラーリに乗る事を最終的に許してくれないそうです。

    世間体、家族(奥様)が近所の目を気にしている、目立ちすぎる、etc・・・

    フェラーリってやっぱりお金だけでなく、あらゆる条件が揃っているごく一部の

    限られた人間しか乗ってはいけないんでしょうか。。。


    経済的な理由や買おうとしている車のコンディションに問題があるならしょうがないとしても、

    自分が絶対乗りたいのに周りの環境がそれを許してくれない事って悲しすぎますよね。


    車に対する価値観って人それぞれ違います。

    置かれてる環境ももちろん違います。

    でも一度だけの人生。

    昔っから憧れてきた大好きな車には一度は絶対に乗ってみたい。

    その為だったら多少の無理も厭わない。

    乗れるうちに乗っておかないと、老いてしまって体がいうことを利かなくなってから絶対後悔してしまう。


    ボクがポルシェを買った理由がそうでした。

    世間体とか周りの事なんか気にしてたら、あんなゼッケン付いてるド派手なやかましい車なんて

    とてもとても乗れません。(笑)

    でも、あらゆる事を振り切って実際に乗ってみると意外とあっさり周りはみんな諦めてくれました。

    アイツはああいう生き物なんだなと。。(笑)


    車好きってそういうもんだと思うんですけど、いかがなもんでしょう?

    なんだか個人的な偏った意見を独り言みたいに書いてしまいました。。

    生意気な事言ってしまってスイマセン。m(_ _)m

    イメージ 1

    たまにはポルシェの記事でも書いときます。(爆)


    最近のじゅんのすけ号ですが先日のユーロカップの記事でも書きましたけど、

    ここんとこず〜っとブレーキに悩まされてます。。

    今のままだと4週しか持ちましぇん・・・

    レースの決勝は10週なんですが、こんなんではいくらロケットスタートをキメても

    後半抜かれてばっかしだからストレスが溜まって仕方が無いので、

    最低限ゴールまで気持ちよく走れるようになんとかしなきゃです。


    で、、もうガマン汁を垂れ流したまんま止まらないのでブレーキを見直そうと計画中です。

    現在の仕様ではRS純正のキャリパー+ローターにマスターシリンダーがノーマル。。

    だれがどう考えたってマスターシリンダーの容量が不足しています。

    そこでお約束のツインマスター化を計画してみようかと。

    サーボもABSも邪魔だから取っ払って軽量化を目論みつつ、

    ついでにブレーキバランサーもくっつけときます。

    (↓の画像はネットで拾ったM’sさんのものなので現物とは違います)
    イメージ 2

    イメージ 3

    ブレーキパッドも今のが気に入らないので、余裕があったら交換するかも。


    ボクにとっては高価なものなので今すぐ着手する事は出来ませんが、

    11月のユーロカップの最終戦には間に合わせたいなあ・・・(希望)


    作業をお願いするのはいつもの大阪の某ショップでワンオフ製作の予定。。

    そこにはまだ直接相談はしてないので、頼んでみて納期がヤバそうだったら

    急遽別のところに持ち込むかも。(笑)


    それにしてもポルシェいじるの久しぶりだにゃ。。(- -;

    イメージ 1

    イメージ 2

    先週の金曜日にウチにやってきたZ33ですが、ナントもう売れてしまいました。

    もう少しコレで遊んでからヤフオクに出そうと思ってたんですが・・・(^^)

    実はウチのガレージにはまだフェラーリが入っててZを入れておくスペースがなかったので

    うっちー親分のお店のガレージにしまっておいたんです。

    そしたらおととい、声を掛けてあった友人から連絡が入り、会社の後輩が見てみたいとの事。

    ボクはその日、たまたま接待ゴルフ中で身動きが取れなかったで、

    うっちー親分のお店で見てもらう事にし、対応もうっちー親分にお願いしました。

    そのお客様はその場でかなり気に入って頂けたらしく、翌日(昨日)の夜に試乗、即契約

    ってな感じでバタバタと決まってしまいました。

    ボクの本業の関係で今回は全く身動きが取れず、お客様の対応や契約行為は

    全てうっちー親分に丸投げになってしまったので、ボクは一切何もしてません。。

    それどころかお客様の顔すらまだ見てません・・・(^^;

    やった事といえばヤフオク用の写真を撮った事ぐらいでしょうか。

    うまくいくときは何もしなくても売れてしまうもんなんですね。。


    ウチにやって来たと思ったらすぐに居なくなってしまったので寂しい感じもしますが、

    元々売ることを前提にしてウチにやって来たので、ま、しゃあないす!

    つか、早く売れる事がなによりです。

    お値打ち価格だったのでお客様も大満足のご様子。

    ご成約ありがとうございました!

    先日、Z33を洗車したあと、うっちー親分のお店にZで遊びに行ってました。

    イメージ 1

    ほとんど乗られてなかった車のせいか、まだ新車の香りがプンプンします。

    革シートの乗り心地やホールド感もまずまず。

    ちなみに内装はこんな感じです。

    イメージ 2


    走り出してすぐに気が付いた事は、ノーマルの足の割りに乗り心地が固めです。

    広い道をある程度の速度で走るのなら全く気になりませんが、

    細い路地をゆっくり走るようなシチュエーションだと、結構ギャップを拾います。

    その代わり、コーナーではかなり足が踏ん張ってくれるので、

    公道でラジアル履いて峠を飛ばす程度なら、ノーマルの足でも十分です。

    ブレーキもなんとブレンボが最初っから奢られてますが、サーキットでも行かない限り

    十分な制動力だと思います。

    イメージ 3


    3.5V6エンジンも、ポルシェやフェラーリほど低速トルクは感じないものの、

    回転の上昇の仕方がウルトラスムーズです。

    この車はROMチューンで実測306馬力出てますが、速さもフツーに乗るんなら十分です。

    ただ、車重が1450kgもあるので300馬力オーバーには感じないかもです。

    いつの間にかスピードが出てしまってるっていう感じですね。

    パワー感ではむしろZ32のツインターボの方がブーストの上昇とともにドッカ〜ンとくるので

    体感的にはZ32の方がパワーは上に感じるかも知れません。

    ↓エンジンはこんな感じにフロントに納まってます。

    イメージ 4


    6MTはシフトがめちゃくちゃショートで気持ちいいほどスコスコ入ります。

    6MTのギア比の関係上、街乗りでは結構頻繁にギアチェンジを強いられますが、

    クラッチもシフトもめっちゃ軽いので、全然苦にはなりません。


    この日はチョロリと乗っただけでまだまだ全然走り込めていませんが、

    全体的な印象としては、非常によくできた車だと思います。

    この車特有のクセみたいなもんは特に感じられません。

    マニュアルをフツーに運転出来る人なら、女性でもフツーに運転できると思います。


    ボクが個人的にはZ33は、若い人よりももしかすると50代以上の方が

    一番似合う車だったりするんではないかと思ってたりします。


    この車がオッサン臭いとかそういう意味ではなくて、子供が大人になって生計的にも独立し、

    お金にも時間にも余裕が出来てきた方が、昔憧れたZを買う。

    白髪交じりのオシャレなオジサンが、奥さんを横に乗せてたまに温泉に繰り出すといったような

    そーゆー使い方が一番カッコイイような気がしますが、どんなもんでしょう?

    このページのトップヘ