ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。ナローから991まで、ポルシェの中古車の事なら何でもお任せ下さい。

ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。996/997コンプリートカー、964/930ナロールック等、自分だけの一台も製作致します。





    2009年04月

    今日は世間は休みの日でしたが、ボクの方は仕事が忙しく今日も出勤でした。

    でも夕方にはなんとか仕事が片付き天気もよかったので、

    久しぶりにミニ君を引っ張り出しました。

    イメージ 1




    あんまり遠出する時間もなかったので、出かけた先は近所のいつもの埠頭です。

    ここの景色を一人でボォーっと眺めていると、なんだか落ち着くんですよね〜

    イメージ 2




    今日はあらためてミニ君の細かい部分を見てたんですけど、こりゃ〜やっぱ極上です。

    この型のミニってメッキの部分やボディパネルの繋ぎ目の部分が

    定番のようにサビが出やすいんですけど、ウチのミニ君は全くサビがありましぇん。




    メッキは↓こんなにピッカピカで、曇りもありません。

    イメージ 3




    今日はミニのボディの特にサビが出やすい部分も紹介しておきます。

    ミニを選ぶ際、この部分のチェックは必須ですね。




    ライトの下のボディパネルの繋ぎ目や・・・

    イメージ 4





    こんな部分や・・・

    イメージ 5





    屋根の雨が溜まりやすい部分や・・・

    イメージ 6





    ドアの下側。

    イメージ 7




    外にほったらかしにされてきたミニは、

    この部分の塗装が、サビでモッコモコに浮いてしまってるケースが多いです。

    つか、最終型でも生産されてからもう9年経ってますから、

    ガレージ保管でもされてない限り、フツーは少しは錆びてますけどね。。

    ミニのばやい、こーゆー部分を見るだけで、これまでの保管状況がある程度把握できると思います。


    っつーコトで、サビが全く出ていないウチのミニ君は、マジでめっちゃ極上だす。

    こんな記事書くと、「また自分が売ってる車の宣伝かいな」と思われるかも知れませんがその通りです。(爆)


    だから早くどなたか買ってくらはい。(笑)

    今日は赤ポル君の納車前整備のため、岐阜のレスモアートさんに車両を持ち込みました。

    今日は昨日の雨もすっかり上がって、気持ちよく岐阜までドライブ出来ました。

    イメージ 1








    ただ、行きの道中でサンデードライバーにオカマを掘られ・・・

    イメージ 2







    あまりのショックに発狂してしまい、レスモアートさんに到着するやいなや、

    屋根をぶった切ってしまいました。(爆)

    イメージ 3















    うそうそ。







    本当はちゃんと無事に到着しましたよん♪

    イメージ 4






    他に2台もレシモアートに赤い964が入庫してたので、ちと遊んでみました。(笑)

    イメージ 5

    次期オーナーさん、驚かせちゃってごみんネ!(^^)





    ピットでは、何やら怪しげな物も作ってました。

    イメージ 6

    71Tのナロー。

    ベースをどこからか調達してきてレストア中だす。






    赤ポル君を預けたら、帰りの足がなくなってしまったので、

    また↓これを代車に借りようかと思ったんですが、車検切れ・・・残念!

    イメージ 7





    仕方なく新幹線で帰ってきました。

    イメージ 8





    赤ポル君が出来上がるのは約2週間後。

    クラッチも交換して、パリッとしたカンペキな状態になって帰ってくると思います。(^^)

    イメージ 1

    日曜日は岐阜のレスモアートさんまで遠征します。

    今回の用件は、先日、次期オーナーさんが決まった赤ポル君の納車前点検&整備です。

    クラッチOH、ブレーキローター交換等々、結構大掛かりなメニューになるので

    パーツの調達もあるから、2週間ほど預ける事になると思います。

    次期オーナーさん、バッチリ仕上げますんで、少しお待ち下さいネ!


    っつーコトで、日曜日、お近くの方でヒマな方がいらっしゃいましたら、

    レスモアートさんに遊びに来てくらはい。(^^)

    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3

    先週末、地元に帰った時、預かり物のZ32に久しぶりに乗ってました。

    あまりにも久しぶりすぎて、バッテリー上がってましたが。。。(^^;


    このZは2シーターのツインターボのTバー付き!

    天気もよかったので、せっかくあるTバーを開けて乗ってみました。

    Tバー開けて乗ったのはこれが初めてでしたが、これがなんとも気持ちイイ〜♪

    この開放感はオープンカーの感覚に極めて近いです。

    その上、ツインターボのドッカ〜ンとくる加速感。

    こりゃあもう、これからの季節に最高の車っす!

    このZ、地元のガレージに預かってからもう半年近く経ちますが、

    このまんましばらくは返したくないですね。(笑)

    イメージ 1

    今日は赤ポル君の現車確認に来てくださる方がいらっしゃるので、

    昼の便の飛行機で東京に帰ってきました。


    現車確認に来てくださった方は神奈川の方で、ポルシェ乗りの先輩の方を連れて来られてました。

    偶然ですがそのお連れの方は、ボクも間接的に知ってる方で、

    昔っからレースで暴れまくっておられ、現在は996カップにお乗りとの事。

    ポルシェやレースの話で盛り上がり、とっても楽しい時間を過ごす事が出来ました。


    現車確認に来られた方も、その方から相当な影響を受けて、ポルシェの購入に踏み切られたようです。

    で、赤ポル君を一通り観て頂き、ボクの運転で近所を試乗して頂きましたが、

    お気に召されたご様子で、その場で次期オーナーになって頂く事になりました。

    ポルシェに乗るのはこれが始めてとの事ですが、

    一度ポルシェに乗ったら今までの車は一体何だったんだろうって感じると思います。

    これを機会に、これからドップリ泥沼にハマっちゃってくださいネ!(^^)


    この赤ポル君はクラッチOH等の整備をしてからお渡しになるので、

    今度の週末に友人のショップに入庫させ、バッチリメンテしてからお譲りさせて頂きます。

    それまでの間、毎日ワクワクしながらポルシェの納車をお待ち下さい!

    今日は地元に帰って来てます♪


    めっちゃ天気が良かったので、↓コイツを洗車してました。

    イメージ 1

    洗車するのはもう何ヶ月ぶりかわからなくなってしまうくらい超久しぶりです。

    つか、、洗車どころか、見るのも触るのも久しぶりですが。。



    ガレージから出す時に、ちゃんとエンジンが掛かってくれるか心配でしたが、

    キルスイッチをONにしてキーを捻ったら、何事もなく一発で目覚めてくれました。

    この信頼性の高さもポルシェの大きな魅力の一つですよね!



    もう半年くらいはガレージに仕舞いっぱなしなので、

    そんなに汚れてはいませんでしたが、ボディにはホコリが薄っすらとかぶってました。。

    ホコリ程度なので、ササッと水洗いしたらピッカピカに復活です。

    イメージ 2




    キレイになったら少し乗ってみたくなったので、近所を軽〜く流してみました。

    イメージ 3

    やかましいし、半クラやりにくくてすぐエンストするし、ブレーキ重いし、足もガチガチだしで、

    公道走るには超不都合ですが、軽いボディの身のこなしと4.0ファイナルの瞬発力は

    何物にも換え難い魅力があります。

    乗りなれてるので挙動がカンペキに読めるから、履きなれたシューズみたいでなんかいいっすね!

    やっぱ自分の車って、サイコー♪(笑)

    いい天気が続いてますネ!

    昨日も天気が良かったので、久しぶりに赤ポルを引っ張り出してコイン洗車場でピッカピカに磨いてました。

    イメージ 1




    元々塗装がキレイな車なので、軽〜く撥水洗車しただけでもピッカピカになります。

    ほら、この通り♪

    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4

    やっぱ、これまで大切に扱われてきた車はボディの状態が違います!




    極めつけは、このエンジンルーム。

    イメージ 5

    この日は特にエンジンルームを洗浄したわけではないのですが、

    いつもこの通りピッカピカです。

    964でここまでエンジンルームがキレイな個体も最近はめずらしくなってきてますよね。



    この車がいかに大切に乗られてきた車かを物語る部分の一つが、

    このクーリングファンです。

    イメージ 6

    フツー、このクーリングファンは走行距離が極端に少ないか、後から塗装でもしない限り、

    塗装が剥がれた上に、煤で黒っぽくなってたりするもんなんですが、

    この車の場合、新車の時にクーリングファンに塗ってある塗料が完全に残っています。

    かなりこまめにエンジンを構ってきた車両じゃないと、なかなかこうはいきません。

    こーゆー部分を見ると、いかにこの964がこれまできっちりメンテされてきた車両か

    窺い知る事が出来ます。


    この赤い964は現在売り出し中ですが、車両の状態や後期モノという信頼性、

    サンルーフ無し、リアワイパー無しという付加価値から考えても絶対お得だと思います。

    もちろんエアコンOK、オイル漏れ無し!

    更にはクラッチOHしてからお渡しさせて頂きます!

    どなたか買ってくらはい。(笑)

    イメージ 1

    イメージ 2

    最近、黄色いBSCCにハマりまくってます。

    なので、記事もMINIの記事ばっか書いてます。

    そのうちブログのタイトルも、「ポルシェ964日記」改め、「黄色いBSCC日記」にでも改名しましょうかねぇ。(笑)


    で、、先週末もMINIに乗ってました。

    去年、初めてウチにMINI(サーフブルーのヘリテイジ)がやってきたときにも、

    あまりの運転の楽しさにMINIの記事ばっか書いてましたけど、

    今回もまたあらためてMINIの運転の楽しさについて綴ってみたいと思います。


    MINIの運転の何がそんなに楽しいかというと、まず720kgしかない車重。

    その上ホイールベースも短いから、ほとんどロールとは無縁なのでコーナーを抜けるのがめっちゃ楽しい♪

    近所のごく普通の曲がり角でも、コーナーに差し掛かる度に今度はどんなラインで抜けようかって考えてしまいます。(笑)

    MINI以外の車で、近所の道でとてもこんな気分にはなれませんよね。


    ラインが定まったらギリギリまでブレーキをガマンして、一気にガツーンとブレーキング。

    そしてヒール&トゥでシフトダウンしていきますが、エンジンの反応がいいのでブリッピングもキマリやすいです。

    ミニのヒール&トゥは、アクセルペダルが小さいから右足の親指の付け根でブレーキを踏んで、

    小指の付け根でアクセルを煽ってやった方がやりやすいです。


    で、前輪に重心を残しながらコーナーに差し掛かると自然にケツが流れます。

    その挙動を利用して車の向きを変え、向きが変わったところでアクセルをONにしてやれば、

    そんじょそこらのスポーツカーには負けないほどかなり速いコーナリングが出来ます。

    それがめっちゃ楽しい!

    本当にまるでゴーカートで公道を走ってるみたいです。

    この感覚は、実際にミニに乗った人じゃないとわからないでしょうね。

    ちょっと近所のお出かけでも、これほど運転する事そのものを楽しませてくれる車も

    ミニ以外にちょっと無いんじゃないでしょうか?

    街乗りならポルシェより絶対楽しい!って断言できます。

    ポルシェはステージ選びますから。。


    それと、このMINIでお出かけして気が付いたのは、周りからの視線。

    信号待ちや対向車とのすれ違いざまに結構ジロジロ見られます。

    何故かNewMINI(BMW製のヤツ)に乗ってる人からは特にジロジロ見られます。(笑)

    まー、色も派手っていうのもあるかも知れませんけど、

    なんせ見た目がめっちゃカワイイですから目立ってしまいますよね。


    それにしてもこのミニ、乗るたんびに楽しさが増すというか、噛めば噛むほど味が出ます。

    このミニは中毒になります。。(^^;

    やっぱ車好きな人なら、絶対一度は乗っておくべき車です。

    昨日はGARAGE−J東京支店で営業会議してました。(笑)

    目黒の東京支店へMINIちゃんで向かう途中、

    あまりにも桜がキレイだったので記念撮影〜♪

    イメージ 1

    ん〜、桜とMINIちゃん、なかなか絵になりますねぇ。




    ただいま在庫車両はこんな感じです。

    レア車ばっかだから早いもの勝ちっす。(笑)

    イメージ 2






    MINIちゃんは、先日、メンテナンスショップで念入りに点検したばっかですが、

    治す場所がなくって、そのまま帰ってきたくらいにショップの社長さんも太鼓判のバリモンです。

    でもまだ、細かい部分まで自分で確かめてみた訳ではなかったので、

    自分で入念に下回りをチェックしてみました。





    まずは、エンジンルーム。

    イメージ 3


    ピッカピカっしょ!

    カンペキだす。






    次は、エンジン下周り。

    イメージ 4

    オイル漏れなどトーゼンありましぇん!

    ここもカンペキ♪






    次はボディ下周り。

    MINIって車高が低いから、下を擦ってしまってる車や

    錆でボディが腐ってしまってる車両が多いので、下回りのチェックは必須です。

    特に、ドアの内側に雨水が溜まってしまう構造になっているので、

    放っておくと、フツーにドアの下側に錆が浮いてしまいます。

    イメージ 5

    ここもピッカピカ〜♪

    凹みも錆も、な〜んもありません。





    この型のMINIで、ここまでカンペキな車はホントめずらしいです。

    キレイな車だとは思ってましたが、正直、ここまでバリモンだと思ってませんでした。

    希少なBSCCのMT車で、しかもこんなにキレイなMINIって

    どこを探してもそうそう残存してないと思います。

    多分、前のオーナーさんがガレージ保管で大切に愛情を注いできた車なんでしょうね。

    このMINIちゃんは、近々売りに出す予定ですが、

    ずっと手元に置いておきたくなるほど、情がうつってしまいそうです。。。

    このページのトップヘ