ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。ナローから991まで、ポルシェの中古車の事なら何でもお任せ下さい。

ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。996/997コンプリートカー、964/930ナロールック等、自分だけの一台も製作致します。





    2009年09月

    先日のユーロカップの時、ガレージクレヨンさんの岡本社長から

    「これ、試してみてくんない?」と言われ、装着させてもらったアイテムをご紹介します。



    空冷ポルシェ用に開発された、室内にフレッシュエアを取込むエアダクト【試作品】です。
    イメージ 1

    イメージ 2



    取り付けは運転席側のウインドウに挟み込むだけで、車には一切手を加えなくても

    簡単に装着出来るようになってます。

    めっちゃアイデア商品ですね!

    これだったらサーキット走行する時だけ現地でチョチョイと取り付けて、

    終ったら外して帰ればいいから便利です。

    大体のサーキットでは安全上、超暑い日でも運転席側の窓は閉めきって走らないといけないので、

    エアコンでも点けて走らない限り、車内がサウナ状態になってしまいます。

    でもこれがあると、ダクトがちょうど顔のところに外気が当たるように設計されているので、

    暑い日でも涼しい顔して走れます。(^^)

    この日、実際に取り付けて走ってみましたが、顔にフレッシュエアがちょうどいい具合に当たるから

    かなり快適に走る事が出来ました。

    それに、これ付けてると車の雰囲気がますますレーシーになってカッコイイ♪


    ちなみにダクトの素材はちゃんとしたレーシングパーツを使用していますし、

    ホームセンターに売ってるような安物のダクトとは訳が違って造りが頑丈です。

    それにタイヤカスなどが入ってこないように、空気の取り入れ口にはちゃんとメッシュが施されていて

    凝った造りになってます。
    イメージ 3

    イメージ 4


    この「試作品」は、クレヨンさんのオリジナル製品として間もなく発売されるらしいので、

    興味のある方はガレージクレヨンさんに問い合わせてみて下さい。

    ナロー〜993までの空冷ポルシェなら窓の形が同じだから全てイケるはずです。


    もちろん、製品化されたらボクも買おうと思います!

    イメージ 1

    昨日、関西方面の方からオファーを頂戴し、930の次期オーナーさんが決まりました。

    この930は本当に色々の方からのお問い合わせを頂きまして大変有難うございました。

    ヤフオクでのウォッチリストはナント190!!

    3.2カレラの相場の半額程度といった価格設定もあってか、注目度はバツグンでした。

    実は複数の方から同時に購入の意思表示を頂いておりましたが、

    何せたった1台しかお譲り出来ないところが中古車の悲しいところ。

    最終的には早い者勝ちのような形になってしまって、

    お譲り出来なかった方々にはご期待に沿う事が出来ず、本当に申し訳ないと思っております。


    また魅力的なポルシェを次々探して来たいと思っておりますので、

    またいつか是非ご縁があればと思います。


    この度は沢山の方々に本気でご検討を頂き、大変有難うございました!

    イメージ 1

    普段の足として超お気に入りのSL君ですが、

    シルバーウィークの最終日、東北の方からオファーを頂きましたので、

    その方にお譲りする事になりました。

    ボクはまだ直接お会いさせて頂いておりませんが、ヤナセで20年以上もメカニックをされていた

    経験をお持ちの方で、この方でしたら今後の事は安心してお任せ出来ます。

    まるでわが子のように可愛がって頂けるのではないでしょうか。

    お引渡しまであと1週間ありますが、それまでの間、大切に保管しておきますネ!

    数あるSLの中からボクのSLをお選び頂き大変有難うございました!

    ボクも自分で乗ってて超お気に入りの車だったのでかなり寂しい気もしますが、

    また愛情を注いで乗れるような次の足車を探してこようと思います。

    次は何にしようかな?

    SLがあまりにも出来すぎた車だったので、次の候補探しに苦労しそうです。。(^^;

    イメージ 1


    今回は色々な事が起こってしまいましたが、実は一番悔しくて残念だったのは次の日のユーロカップです。

    記事に書くとまた思い出して落ち込んでしまうので、サラリと書きますね。(^^)



    ユーロカップはフロントタイヤもハンコックを借りる事が出来たので、

    やっと初めて4輪ともハンコックで揃えて走る事が出来ました。

    前日のレースではスタートでスタートする事が出来ず(笑)、結果を出す事は出来ませんでしたが、

    それでもフロントが55S、リアだけハンコックというチャンポンタイヤ状態で、

    タイムは自己ベスト31秒台前半を出す事が出来、それなりに納得の行くものでした。

    トーゼン、4輪ハンコックで挑んだユーロカップはそれ以上のタイムと結果を期待していましたが・・・



    まず予選。

    タイムが何故か32秒961と伸びません。。

    いくら頑張っても、前日の1秒半落ちです。


    決勝は気持ちを奮い立たせ、気合いを込めて走りましたが、いくら頑張っても35秒台。。(@_@;

    前日の3秒半落ちの、笑えるタイムしか出ません・・・

    35秒台なんて、じゅんのすけ号がノーマルだった頃に、初めてセントラルを走った時のタイムと同等です。

    抜かれなくてもいい車に次々と面白いほどブチ抜かれ、言いあらわしようのないほどの屈辱です。。

    一体何なんでしょう???

    タイヤがラジアル履いてるのか?と思うほど、タレタレで全く踏ん張ってくれませんでした。

    ブレーキングもコーナーも不安定で・・・最悪です。。

    このタイヤって一度熱が入ってしまうと極端にグリップ力が落ちてしまうんでしょうか?


    それと精神面でも、もしかするとフロントをハンコックに戻したために、前日のバースト事件の恐怖が

    頭のどこかによみがえり、それがトラウマになってしまって攻めきれてなかったのかも知れません。


    何がどうなってしまったのか未だによくわかりませんが、

    いずれにしても、ボクとハンコックの相性はあまり良いとは言えないようです。。

    バーストやらタレタレやら・・・とても期待してただけに残念です。


    今シーズンのレースは今回で終わりにしようと思ってましたが、

    このままでは悔しすぎて、とてもとても終わりにする気持ちにはなれません。

    タイヤをBSに替えて、リベンジしたいです。


    今回のセントラルでの2連戦は、バースト事件から始まって、最初から最後まで今回は色々ありましたが、

    でも、ま、2日間とも走れただけラッキーだったと考えないといけないかも知れませんね。(^^)


    あー、でも、良い事が一つだけあって、ジャンケン大会では、↓こんなものがゲット出来ました。
    イメージ 2

    業務用の洗車用タオルです。

    これ使ってSL君でも磨いて、気分をスッキリ入れ替えます!(^^)

    イメージ 1

    いよいよY−CLUB走行会、決勝スタートです。

    どちらかといえばヨーイドン!は得意な方なので、予定ではロケットスタートを確実に決め、

    脳内では1コーナーに進入する頃には2位まで浮上しているはずでした。(爆)

    が、しかし・・・




    力が入ってしまったせいかいつもより高い回転数でクラッチをミートすると・・・




    ドーン!と大きな音がして、回転数だけレブまで上がり、車は1歩も前に出ません・・・




    何が起こってしまったのか???全く理解不能です。。。




    もしやこれは・・・クラッチ、、吹っ飛んだか???(@_@;)




    あれよあれよという間に、後続の車にどんどん追い越され、

    グリッドにはボクの車だけ取り残されてしまいました。。。


    頭ん中が真っ白になりながら、クラッチ踏まずにとりあえずギアをガチャガチャやってみてたら、

    ギー!!って音がしました。

    っつーコトはクラッチは生きてますね。

    どうやらギアが抜けてただけみたいっす。。

    メタルクラッチでのレーシングミートの衝撃にシンクロが耐え切れず、

    スコーンとギアが抜けてしまったようです。

    そろそろシンクロ、やばいっすね。。



    気を取り直して再スタートする頃には、みんなはるかかなた遠くへ行ってしまって、

    最後尾すら全く視界に入りません。

    こりゃ〜慌てて追いつかないといけないと思い、うりゃ〜って1コーナーに突っ込んだら

    まだタイヤが冷えてて派手にスピン!

    更にタイムロスしてしまいました・・・(^^;



    更に気を取り直して再々スタートを切り、自分でも速ぇ〜なと思うようなペースで猛追をかけ、

    うりゃうりゃ〜!っと8台抜いたものの、トップ集団には遠く及ばず結果は7位でゴールイン。

    前の方にいたみんなと一度も絡めず残念でしたが、最後尾からの追い上げも、

    これはこれでそれなりに楽しかったです。(^^)



    猛追した甲斐あって、決勝のベストタイムは1:31:491。

    更に自己ベストを更新してました。

    火事場のばか力ですね。(笑)



    この日はフロントがRE55S、リアがハンコックという、タイヤが日韓チャンポン状態での

    31秒台前半です。

    明日のユーロカップはタイヤを貸してくれたO君が出場しないため、

    今O君が履いてるハンコックのフロントを貸してもらえます。

    っつーコトは、明日は4輪ハンコックで走れるので、当然今日より良いタイムが期待できます。

    ユーロカップではいよいよ30秒台突入か?(^^)

    期待が高ぶり、この日の夜はワクワクして全然眠れませんでした。(笑)





    が、しかし・・・(笑)



    続く。。

    そんなこんなでバタバタしながら土曜日のY−CLUBの走行会が始まりました。

    内容は30分間のフリー走行、30分の予選、そして決勝です。

    フリー走行は直前までタイヤ交換やら何やらやってたので、心の準備も全くする暇もなく

    とりあえすヘルメットとグローブだけ用意して着の身着のままコースイン。

    1年ぶりのサーキットという事もあり、タイミングとリズムが掴めません。。(@_@;

    当然タイムも34秒台と全く伸びず、その焦りから前方の国産車をインから刺そうとしたら

    バックミラーを見ていなかったのか、前を完全に被されて逃げ場を失いあえなく接触。。。

    軽く擦っただけで大した事はありませんでしたが、↓こんなキズが付いてしまいました。
    イメージ 1

    これがバースト事件に続く「事件その2」だす。

    まー、じゅんのすけ号については常に傷の絶えない車なのであまり気にしてませんが。。(^^)



    多少スピードにも慣れてきて、接触してまった事で妙に気持ちも吹っ切れ、

    予選は思いっきり攻め込んだ結果、1:31:774と念願の31秒台が出ました。

    去年スリックでマークした自己ベストの32秒前半をこの時点で軽くクリアです。

    フロントが履きなれた55Sだったという事も、思いっきりガツーンとイケた要因だと思います。

    決勝のグリッドは19台中4番グリッド。

    前にいるのはうっちー親分(29秒台)と993RSのT君(29秒台)と

    変態セキどんの911R(31秒台)の3台だけ。


    ↓ポールポジションのうっちー号(スリック)
    イメージ 2



    ↓2番グリッドのT君993RS(ハンコック)
    イメージ 3



    ↓3番グリッドの変態セキどんの911R(11S)
    イメージ 4



    ↓4番グリッドのじゅんのすけ号(55Sとハンコックのチャンポン)
    イメージ 5



    トーゼン決勝は、ロケットスタートをキメてT君と変態セキどんをあっさりブチ抜き、

    うっちー親分との一騎打ちのトップ争いになる予定でした(爆)。


    が、しかし・・・


    続く。(笑)

    「バースト事件」が起こってしまった時点では、これから走る予定の2連チャンの走行会は

    もうすっかり諦め、JAFでも呼んでとっとと引き返すつもりでした。

    でも、うっちー親分の段取りで、先にサーキットに到着している仲間の積車が空なので、

    その積車でサポートで現地入りしていた仲間が、現場まで迎えに来てくれる事になりました。
    イメージ 1

    うぅぅ・・・ありがとうございます!

    っつーコトで、これでなんとかサーキット入りする事が出来ましたが、問題は、、タイヤが無い・・・

    でもラッキーな事に、一緒に走る水色変態号のO君が本番用のハンコック1セットと、

    予備に中古の55Sを1セット持ってきてたので、予備用の55Sのフロント2本を貸してくれました。

    これでなんとかギリギリ走行会に間に合いました。
    イメージ 2

    やっぱ持つべきものは友達です!

    今回の1件では、本当にいろいろな方に協力してもらい感謝感謝です。


    このお陰で土曜日のY−CLUBの走行会は、フロントが中古の55S、リアがハンコックの

    日韓チャンポン状態ですが、とりあえず走る事が出来るようになりました!

    なんだかとっても走りにくそうな組合せですが、そんな細かい事はこの際気にしません!

    とにかく走る事が出来れば、それで十分ですから!

    更にラッキーな事に、日曜のユーロカップはO君は出場しないので、

    土曜日にO君が使っていた本番用のハンコックのフロント2本を引っぺがし、

    ユーロカップは4本ともハンコックで揃えて走れる事になりました。

    これでユーロカップは万全の状態で望んだはずだったのですが、結果は意外な方向に・・・


    続く。(笑)

    昨日とおとといはセントラルサーキットに居ました。

    おとといの土曜日はY−CLUBのレース形式の走行会、

    きのう日曜日はユーロカップでした。

    1年ぶりのサーキットでしたが、ありえないほど色んな事が起こってしまい、

    もうドタバタ。。(* *)

    とっても疲れる2日間でした。。。



    土曜日の早朝、今回は久しぶりに自走でセントラルに向かいました。
    イメージ 1

    みんなでツーリングも兼ねて気持ちよく走ってたその途中、

    舞鶴若狭自動車道を走行中に、なんとハンコックがバースト。。

    下ろしたての新品タイヤでこのような事が起こってもいいんでしょうか???

    決して飛ばしてた訳ではなく、フツーに走ってただけなのに・・・

    ちなみに空気圧は2.2でした。
    イメージ 2

    車の免許取ってから20数年。

    今まで色々な車に色々なタイヤを履かせて乗ってきましたが、

    こんなありえねー事が起こってしまったのは初めてです。

    幸い命も車も無事でしたが、シャレになってません。。

    この2日間のドタバタ劇の全ては、このバースト事件からはじまりました。

    イメージ 1

    いよいよ今週末の19、20日はセントラルでレース2連チャンです!

    明日の最終便で東京から石川に帰り、翌19日(土)の早朝から石川から兵庫に向けて出発します。

    今回はせっかく高速が1,000円で乗り放題なので、地獄の自走で向かいます。

    積車だと1,000円の対象にはなりませんから。。(ですよね?)


    さっき、20日のユーロカップにエントリーしているHORIZONTAL D6の仲谷君から連絡が入り、

    「エントリーリストのじゅんのすけさんの車両、排気量が6,300ccになってます。

    どんな改造をしたんですか?めちゃめちゃアメリカンですね!(笑)」って、からかわれてしまいました。(笑)

    問題(?)のエントリーリストは↓コレです。
    http://www.2and4.co.jp/eurocup2009/rd4_entrantlist.pdf

    久しぶりにエントリーしたというのに、ボクだけ随分な扱いですね。(笑)

    それとも911DAYS編集長あたりからの個人的なイジメでっか?(爆)


    それにしても今回も速い人ばっかですね!

    ビリにならないようにガンバリマス!(^^;

    昨日、レスモアートに行ったら、工場の奥から何やらタダモノではないオーラを感じました。



    そしたら↓こんな物体を発見!

    イメージ 1

    イメージ 2

    何でこんなのがココにあんのぉ?!

    一瞬、自分の目を疑いました。

    イメージ 3




    雑誌で何度も紹介されてきた超有名なポルシェですからご存知の方も多いと思いますが、

    これは、’73ルマンに参戦したあのマルティニポルシェ8号車を細部まで忠実に再現した車両です。

    8号車ってミニチャンプスのミニカーなどでも商品化されてる、

    ポルシェ乗りなら誰でも憧れる車両ですよね!




    ベースは’76カレラらしいですが、完全にドンガラにした上で屋根以外をFRPでRSR化し、

    下地にグランプリホワイトを塗装してから本物マルティニ同様のシルバーにペイントし、

    マルティニラインやデカールは、当時の車両の写真を元にコンピュータグラフィックスによって

    カッティングシートで寸分の狂いもなく再現してあるそうです。

    イメージ 4





    エンジンは’73RSベースの2.8だそうで、メカポンとスライドバルブ+ツインプラグで、

    当たり前のようにハイカム+ハイコンプ化されたレーシングエンジンです。

    イメージ 5






    内装は↓こんな感じ♪

    イメージ 6

    ダッシュボードまでもが撤去され、徹底的に軽量化されています。






    リアホイールは幻の15インチの11Jアロイ!!

    このリアの2本だけで一体いくらするんでしょうか???

    イメージ 7







    いまこの車両はヤフオクで売りに出てますが、この価格だったら絶対買いだと思います。

    だって、今の相場的に素の964RS程度かヘタするとそれより安い位ですもん。

    想像ですけど、この値段だったら多分今まで掛かった費用の3分の1程度ではないでしょうか?

    それに、こーゆーパーツを厳選した上に製作のために何年もの歳月と人件費を注ぎ込んで、

    フツーじゃありえないほど拘りぬいて造り上げられた「作品」は、

    お金をいくら払ったところで手に入れられるものではありません。

    実物のそのオーラを目の前にした時は、無理矢理借金してでも手に入れたいという

    衝動に駆られてしまいましたが、ボクのような返済能力のない貧乏人にお金を貸すような

    お人好しもいないと思って諦めました。(笑)

    お金を持ってるポルシェ好きは、絶対に一見の価値アリです。

    このページのトップヘ