ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。ナローから991まで、ポルシェの中古車の事なら何でもお任せ下さい。

ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。996/997コンプリートカー、964/930ナロールック等、自分だけの一台も製作致します。





    2010年07月

    今日もまたまた倉庫を探してました。

    いつまで探しとんねん!って声が聞こえてきそうですが、なかなかエエのが見つかりましぇん。。

    ま、予算が少ないのが一番の原因ですけど。(^^;


    今日見てきたのは、シンリュウさんのご近所の物件。

    現状のままだとめっちゃキタナイけど、22坪あるから室内に車4台は余裕で置ける広さです。

    ちなみに奥に必要のない部屋が2つもありますが、これは邪魔なのでぶっ潰してもらいます。
    イメージ 1

    以前はこの場所のすぐそばの車屋さんが、板金塗装工場として使っていたそうで、

    トイレ・水道・ガス付き、しかも床に水が抜ける穴も開いているので、

    この中で洗車も出来そうです。

    シンリュウさんから1.5kmと場所もバッチリだし、広さもバッチリ☆

    気になる見た目の汚さは、入るときにクリーニングしてもらった上で、あとから自分で壁紙でも貼っとけば、

    まあなんとかなるでしょう。(?)


    でも、問題は、家賃。。

    このあたりって意外と家賃の相場が高く、ナントボクの脳内予算の1.5倍。。

    ちょっとまかりまへんかぁ???


    っつーコトで、家賃を2/3にしてもらえるよう、ただいま不動産屋さんと交渉中です。

    もし2/3にしてもらえたら、多分ココで決まりでしょう♪(無理かも。。)

    イメージ 1

    最近ポルシェ達もいなくなり、M3もメンテで手元にないので、もっぱらW124に乗る機会が増えてきてます。

    走行距離が2万キロ台の奇跡的な極上コンディションの車なので、本当は安易にあまり乗りたくないんですけど、

    機械モノなのでたまには動かしてあげたほうがイイと思うので、そのへんは割り切って乗るようにしてます。

    乗るたびにあらためて思うんですけど、やっぱこの車は名車だとしみじみ思います。

    派手さこそありませんが、高級セダンとして丁度いいボディサイズ、運転している時の車に守られてる安心感、

    体にしっくりと馴染むドライビングポジション、とんでもない直進安定性、岩のようなボディ剛性、

    飽きの来ない内装や外装のデザイン、ドスンと重いドアの閉まる音・・・等々、いいところを上げればキリがありませんが、

    ここまで高次元であらゆる面においてバランスの取れた車って、今のクルマには間違いなく存在しないと思います。

    「最善か否か」という、この時代のメルセデスの設計思想で造られたからこそ成し得る事の出来る、

    まさに過剰品質とも言えるクオリティです。


    こういう車って長く乗っても全然飽きません。

    現にボクはこの車で4台目の124になりますが、自分の手元から居なくなってしまうとまたすぐに恋しくなってしまう・・・

    今まで何10台もの車を経験してきましたけど、こういう車って意外と少ないです。

    特にこの4マチックのような、全国探し回っても絶対出てこないような極上コンディションの個体は、

    まさに一生モノだと思います。

    おとといの記事でチラリとご紹介した、8月にやってくる予定の涙目くんですが、

    正体は↓こんなポルシェです。
    イメージ 1





    ん?

    この前の996カレラが戻ってきたんちゃうんかいって?

    いえいえ!

    似てますけどちゃいまっせ!(笑)

    確かにこの前のカレラも同じ996後期の黒、しかもGT3ルックだったから

    見た目はめっちゃクリソツですけど、今度のは正真正銘、本物のGT3だす。









    ちゃんと、6ポッドの巨大なブレーキも入ってますし、
    イメージ 2








    内装もちゃんとGT3してます。(^^)
    イメージ 3

    このGT3はこのブログをご覧頂いているボクの地元のかたの車で、

    有難い事に今回の車の乗換えに際し、お声を掛けて下さいました。(ありがとうございます!)

    今度帰郷した時に現車を拝見させて頂きますが、多分そのままお預りして嫁ぎ先を探す事になると思います。

    今まで空冷一辺倒だったのに、ここんとこ水冷続きっていうのもなんだか不思議なもんですね。


    実は恥ずかしながら後期型の996GT3ってまだ一度も乗ったことがないんですけど、

    きっと、とんでもなくイイ車なんでしょうねぇ。

    この前の後期型カレラですら、ボクのポルシェ感に少なからず影響を与えるほどイイ車でしたから

    それがGT3ともなると、脳ミソに衝撃が走ってしまうほどイイんでしょうね。

    また自分で欲しくなってしまいそうで心配です。。(^^;

    ヤフオクを散策してたら、↓こんなものを見つけてしまいました。。
    イメージ 1

    ウチのM3にソックリな1/43のミニチャンプスです。

    ん〜、こんなもの見つけてしまうとついつい欲しくなっちゃってダメなんですよねぇ・・・

    以前、SL500の時も衝動的に買っちゃってましたし。。

    この手のものにはめっちゃ弱いんですけど、値段が5,000円もするので

    頭を冷やして、ちと考えます。。。

    8月は↓こんな車がやってきそうです。
    イメージ 1
     
    最近、この涙目に縁があるようです。
     
    詳細はまた後日!(笑)

    昨日もまた車の保管場所探しに奔走してました。

    自分のポルシェを地元に持って行ってしまったので、今は手元にあるのがW124とM3Cの2台だけ。

    今のところはなんとか置き場所のやりくりが出来ているのですが、

    8月にはまた新規で車がやってくる予定があるので、今のうちに保管場所を確保しておく必要があります。


    昨日はシンリュウさんのご近所の川崎の宿河原、登戸、溝の口あたりの不動産屋を

    片っ端から飛び込んでました。


    で、昨日1件だけ見つかったのが↓ココ。
    イメージ 1

    イメージ 2

    シンリュウさんのすぐそばにある、通りに面した元店舗で以前は飲食店(鍋料理屋)だったらしいです。

    室内は20坪くらいの広さで、詰めれば車が室内に4台、表に1台停められそうなスペースがあります。

    トイレも水道も付いてないのが多少気になりますが、ココならシンリュウさんまで歩いていけるし

    トイレや洗車がしたくなったら、そっちで済ませてしまえば問題ないでしょう。(笑)

    ん〜、なかなかイイじゃありませんか!




    ただ、問題は家賃。。

    立地が通りに面しているだけあって、その分家賃もかなり割高っす。。(+_+)

    紹介してくれた不動産屋さんには予算を伝えたので、大家さんと交渉はしてくれると言ってますが・・・

    多分無理でしょう。。




    場所的な希望はシンリュウさんの近所がいいので、まだまだ諦めずにこのあたりで探してみますが、

    このままだと方向が真逆の三郷のガレージハウスか、千住新橋の掘っ立て小屋みたいな倉庫に落ち着くかもしれません。。

    以前からうっちー親分のところにあった在庫車両のカレラ4ですが、

    このたびバージョンアップしてカッコよくなったとの話を聞いたので、早速写メしてもらいました。

    イメージ 1

    イメージ 2

    ひぇ〜!

    カッティングシート貼って、かなりカッコ良くなりましたネ!


    このカレラ4、ボクも何度か乗ったことのある車両ですが、イイですよコレは。

    ↓以前乗った時の記事
    http://garagej.blog.jp/archives/48232413.html

    エアコンはちゃんと効くし、4WDだから安定感は抜群。

    特に雨の日なんかはRRのカレラ2とは違って、ピターッと路面にタイヤが張り付いて走るような感じで、

    ポルシェが初めての人でもフツーに安心して乗れます。

    一般的にはカレラ4はカレラ2に比べて人気がありませんが、

    以前から記事に書いている通り、ボク的にはそれが何故だかサッパリわかりません。。

    車重がどうのこうのとかプッシュアンダーがどうしたとか・・・

    乗りもせずにいい加減な情報に踊らされている人があまりにも多すぎるんではないでしょうか?

    少なくともレース専用車として使う訳でなければ、あらゆるシチュエーションにおいてカレラ4の方が

    カレラ2より勝っていると思います。

    カレラ2に乗ってからカレラ4を運転してみると、きっと誰もが自分の運転が上手くなったような気がすると思います。

    ま、それをわかっていてカレラ4を狙う人にとっては、価格的にも安く手に入りやすいから

    それはそれでいい事なんですけどね!(^^)


    っつーコトで、このカレラ4、売り物なのでご興味のある方メールよろしくです。( メアド: 911@24.am )

    きっと、バーゲンプライスでご提供出来ると思いますので、絶対にお買い得ですよ!(^^)

    そのへんに転がっている何の面白みもない国産の中古車買うくらいなら、

    人生に一度くらいはポルシェに乗りましょう。

    ポルシェは絶対にオーナーになった人の期待を裏切りません。

    長年の男の夢を叶えましょう!(^^)

    イメージ 1

    ウチのひよこ色のM3Cのボディカラー、実はかなり気に入ってます。

    ご存知の方も多いと思いますが、正式にはダカールイエロー?というボディカラーで、

    なんでも、ダカールイエローのBMWだけのオーナーズクラブがあったり、

    ひよこ祭りと呼ばれるオフミもあるくらいの人気色だったりします。

    ちなみにこのボディカラーは、E36の他のモデルやE46、Z3等、BMWの他のモデルでも存在しますが、

    ボクの中では、「ダカールイエロー=E36M3」のイメージです。

    特に晴れの日にはパァ〜っと映える派手目のボディカラーだったりするので

    これが他の車種だと結構奇抜に見えたりするのかも知れませんが、

    不思議な事にE36のボディ形状にはすごく似合ってて、何の違和感もありません。

    そういえば、ポルシェでも964の時代にルビーストーンレッドという他の車種ではありえないような色がありましたが、

    不思議とポルシェにはその色がメチャメチャ似合ってて、今見てもウットリするくらいカッコイイです。

    他にもS30のZにはマルーンとか、スバルのワークスのブルーとか、ジャガーのダークグリーンとか・・・

    その車種がピターっとハマる色ってあるから不思議ですよね。

    M3Cの「ひよこ色」も、その一つだと思います。(^^)

    昨日に引き続き、okatatsuさんのGT3を試乗させてもらった時の感想です。

    正直、乗らなきゃ良かったっす。。

    だって、欲しくなっちゃいましたもん。(笑)



    まず、内装は↓こんな感じ。
    イメージ 1

    先日の後期型996カレラの内装は、全体的にラグジュアリーっぽい雰囲気がプンプンでした。

    この前期型GT3も基本的には同じ内装ですが、アルミの太いロールゲージとフルバケで

    随分と違った印象です。


    乗る前にokatatsuさんから「996カレラよりもクセがあって乗りにくいよ」と言われてましたが、

    実際に乗ってみると、クラッチがやや重めなのとマフラー音が大きめな事以外は、全然フツーに乗れました。

    早速多摩川沿いの土手のテストコース(?)に持ち出して全開をくれてみました。
    イメージ 2

    すると、中低速では996とほぼ同じように、トルクが厚くて乗りやすい印象で、

    カレラとあまり代わり映えしませんでしたが、高回転域では明らかにパンチが違いました。

    5千回転あたりからが一番面白くて、回転の上昇のしかたも空冷と似てますね。

    そういえば、このGT3はフライホイールがシングルマスに変更されているらしく、

    その影響もあってかレスポンスが空冷っぽくてシフトダウンがめっちゃ楽しいです。

    996カレラに乗ったときは、正直言ってレスポンスがあまり良くなく(とは言ってもフツーの車よりは良い)、

    空冷に乗ってるつもりでシフトダウン時のブリッピングを行うと、

    ワンテンポ遅れてエンジンの回転が付いてくるような印象で、その部分が唯一気に入らなかった部分でしたが、

    このGT3のレスポンスは空冷と比べても遜色ないくらいビンビンでした。

    ボクも含めた空冷乗りから水冷モデルを見たときに、一番気に入らないのがエンジンレスポンスのダルさだと思いますが、

    このGT3+シングルマスフライホイールの組合せだと、空冷乗りがいきなり乗っても違和感はないと思います。

    パワーの出方は中低速域では996カレラとほぼ同じ印象ですが、高回転ではパンチが全然違います。

    多分、小さめのサーキットだとカレラと速さはそれほど変わらないのかも知れませんが、

    富士や鈴鹿など、大きめのサーキットに持ち込むと、GT3のほうが全然速いのだと思います。

    更にこの車はフロントブレーキもカップカーの6ポッドに交換されていたり、ローター径も大きくなっているので、

    より差は歴然と現れるのだと思います。


    足の印象は、996カレラに付いてたビル足(PSS10)よりもかなり固い印象。

    かなりサーキット向けに振られた車高調でも入ってるのかな?と思ってましたが、

    あとで聞いてみると、ナントこれがGT3のオリジナルだそうです。

    ノーマルでこんな固い足が付いてるなんて・・・ちょっとビックリしました。


    今回はシンリュウさんの近所をグルリと1週回っただけなので、ボクがGT3から感じ取れた印象も限定的なものでしたが、

    先日まで996カレラにじっくり乗っていたので、996カレラとの差分に神経を集中して感じ取る事で、

    GT3ってどれだけスゴイ車かっつーコトをある程度理解する事が出来たような気がします。

    だって、996カレラでもあれだけ速かったのに、GT3は更にその上をイッてるのでスゴくないはずがありません。


    水冷ポルシェの良いところである、快適に速く走れる事と、空冷ポルシェ並みのレスポンスを兼ね備えたこのGT3は

    まさに水冷ポルシェと空冷ポルシェのいいトコ取りしたような、理想形に近いポルシェでした。


    実はコレに乗るまで、okatatsuさんが何でわざわざ後期型のバリモン996からコレに乗り換えたのか

    全然意味不明でしたが、試乗させてもらったら意味がよーくわかりました。

    ボクもokatatsuさんの立場だったら、絶対そうしてたと思います。(笑)


    今回のGT3の試乗は、ボクにとってとても刺激的な出来事でした。

    いつかは自分のものとして手に入れてみたい車の中の1台です。

    昨日、M3を預けにシンリュウに行きましたが、そのあと先日996の売却のお手伝いをさせて頂いた

    okatatsuさんとお会いしました。

    ま、お会いしたのは996の書類受け渡しとかパーツをお返ししたりとかの用事だったんですが、

    その時に乗って来られてたのが、↓この次期ますぃ〜んです。
    イメージ 1

    前期型のGT3だす。


    かなりサーキット寄りに振られた仕様で、フロントのブレーキがカップの6ポッドになってたり、

    内装はアルミ製のジャングルジムが組まれてたり、結構本気仕様だったりします。

    でも、今回売却した黒い後期996カレラでも十分速かったのに、前期のGT3への乗換えってどうなんでしょ?

    正直、あんまり速さって変わんないんぢゃないの?っていう疑問が湧いてきました。

    okatatsuさんに聞いてみると「じぇんじぇんGT3のほうがイイっす!」との事。

    でも、あの996よりイイって・・・マジでそんなコトありえるのぉ?

    っつーコトで、okatatsuさんのご好意で試乗させて頂く事になりました。(笑)


    で、、乗ってみての印象ですが、結論を先に言うと「アホみたいにイイ!」です。

    このポルシェ、水冷と空冷のいいとこ取りしてますね。

    何がイイってコトを具体的に書き出すと、この記事が長くなってしまいますので、

    つづきは次回にでも書きます。(^^)

    このページのトップヘ