ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。ナローから991まで、ポルシェの中古車の事なら何でもお任せ下さい。

ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。996/997コンプリートカー、964/930ナロールック等、自分だけの一台も製作致します。





    2010年11月

    これがGT3クラブスポーツの内装です。

    ロールゲージが張り巡らされているのでレーシーですが、使用感がほとんどなく、

    めちゃめちゃキレイな状態を保ってます。

    シートなんて、新品同様と言っても過言ではない状態です。
    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3








    ロールゲージの存在感が強烈なので、パッと見はスパルタンな印象を受けますが、

    天井はアルカンターラだったりします。(^^)
    イメージ 4







    GT3クラブスポーツと、先日旅立って行ったスタンダードなGT3ストリートの

    内装を比較するために、画像をちょっと並べてみました。
    イメージ 5
    ↑画像の右下をクリックするとデカくなります。


    基本的には同じ内装なんですけど、ロールゲージとハンドル、シート(CSはノンオリジナル)、

    センターコンソールの有無が主に違う点です。

    これだけでガラリと印象が変わりますね。


    実際に運転席に座ってみると、更に違いは大きく感じます。

    シートとシートレールのチョイスでドラポジが味付けされていて、

    ノーマルよりも更に低い位置に座り、足を前に放り出して運転するようなポジションです。

    これは空冷ポルシェともスタンダードなGT3とも違う感覚ですが、

    これはこれでとてもイイ!

    本物のレーシングカーを操っているような感覚で、

    ドライブする度に非日常的な特別な時間と空間を体感する事が出来ます。

    オートエアコンも高級な内装も付いてて快適だけど、

    運転席に座ってキーを捻った瞬間から、このドラポジとマフラーから奏でるとろけるようなサウンドで

    確実に気持ちは戦闘モードに入り、自然と気分が高潮します。


    やっぱ男の週末の戦闘機はこうでなくっちゃですね!

    昨日は友人から奪い取ったマリタイムブルーの964で東京に帰ってきました。

    昨日のルートは北陸自動車道〜関越自動車道を通るルートで、距離は約500kmのコースです。

    日本海沿いに走る北陸自動車道はずっと雨で、特に新潟を通過中はずっと土砂降りでしたが、

    この車はバリ山のネオバを履いているせいか、かなり安定して走れました。
    イメージ 1





    関越道に入ってからもしばらくは雨でしたが、関越トンネルを抜けた途端、急に天気が良くなりました。
    イメージ 2

    いつも思うんですが、関越トンネルの前後でくっきり天気が変わるので、

    多分ここが「日本海側」と「太平洋側」の区切りなんだと思います。





    昨日の関越道は花園から練馬まで断続的な渋滞でしたが、

    ヒーターもエアコンも付いている快適な964での移動だったので、あまり疲れませんでした。

    ボクの964だったらこうはいきません。。(^^;


    東京に到着してからそのままシンリュウさんに寄って964を突っ込んできました。

    500km乗ってみて、あらためて調子がいい個体だという事がよくわかりましたけど、

    ホイールバランスとか燃料計の動きが変だとか・・・細かい所で何点か気になる点があったので、

    念のため、職人の目で一通り点検してもらいます。
    イメージ 3

    イメージ 4

    隣にあるのはボクの足車のM3です。

    M3も車検をお願いしてるところなので重なっちゃって申し訳ありませんけど

    シンリュウさん、宜しくお願いしま〜す!m(__)m

    実は木曜日の晩から地元(石川)に帰ってきています。

    今回は本業の関係で地元に帰ってきたんですが、もう一つの目的は↓コレです。
    イメージ 1

    このブログをご覧の九州の方からの依頼で、友人から無理矢理奪い取った(笑)

    マリタイムブルーの964を引き揚げてきました。



    早速、スペシャルさんに持ち込んで、リフトアップさせてもらいました。
    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4

    イメージ 5

    さすがエンジンOH済なので、めっちゃキレイな下回りです。



    明日、コレで東京に帰ります。

    これがウチに来たGT3に装着されているプロモデット製のステンのEXマニとマフラーです。
    イメージ 1

    パイプ径、長さとも計算され尽くされた手曲げ製で、まるで芸術品のように

    見ているだけでウットリしてしまうような造りをしてます。



    ちなみに↓こっちが先日までウチにあったフルノーマルのGT3の排気系。
    イメージ 2

    ノーマルと比べると、やはりプロモデットのものは見るからに排気効率が全然違ってそうです。


    実際、ノーマルのGT3より確実にアクセルのツキが良くなっており、

    高回転域のパンチが全く違います!

    ウチの964のタコ足もそうですが、左右の各バンクからの排気を真ん中で集合させる構造で、

    この造り方だと左右の低周波の排気音が打ち消しあって、高周波の排気音だけが残るので、

    水平対抗らしからぬ甲高い音がします。

    音質はレーシングカーそのもので、めっちゃ最高〜!

    マジでシビレます!!





    構造が構造だけに音量もかなり大きめですが、ワンタッチで取り付けられるサイレンサーが

    付属しているので、これを付ければかなり音量は抑えられます。
    イメージ 3

    イメージ 4






    このサイレンサー造りはかなり考えられていて、バネをピーンと伸ばして

    フックに引っ掛けるだけなので、簡単に脱着出来てとても便利です。
    イメージ 5

    ちなみにこのEXマニとマフラーはパーツ代だけでも68万円!

    なんと、サイレンサーだけでも4万円近くします。

    ちなみにこれを付けた後、シャシダイで実測392馬力出てます(ノーマルは381馬力)。

    モチ、軽量化の効果も計り知れません。


    このエキゾーストが付いているだけでも、相当の価値があります。

    いま、ウチの倉庫に↓こーゆー車が転がり込んできてます。

    イメージ 1






    マイミクさんが乗っている後期型Z32なんですが、

    10年以上も乗っているので維持費もここんとこハンパなく掛かってしまうようになり、

    思い切って今回手放す事にしたそうです。



    ただ、購入した車屋さんに売却しようとしたところ、付いた値段がなんと○万円。。。

    iPadも買えないような値段です。(+_+)

    走行18万キロ、車検も先週切れてしまったとはいえ、そんな値段ではかわいそすぎます。。

    比較的キレイな車だから、その値段+αでも欲しいという方はきっとたくさんいらっしゃると思いますし、

    最悪、買い手が付かなくても、高価なパーツが沢山付いているので、

    部品取りにでもすればきっとそれ以上の値段が付くような気がします。


    っつーコトで、どーゆーやり方をするにせよ、車屋さんに売却するのは止めて、

    とりあえず一旦預かる事にしたんですけど、昨日、オーナーさんのZ仲間の女性の方(かおりんではありません)が、

    この車を引き継いでくれる事になったそうです。

    よかったですね!(^^)




    それにしても古い国産車って、値落ちが激しすぎますね。。

    たとえばポルシェの場合、このZと同じ年式のものは993とか964の後期あたりになりますけど、

    市場ではまだまだ高値で取引されてますし、それどころか最近は空冷のタマ数が少なくなってきてるので

    逆に相場が上がってきています。

    実際、今、コンディションのいい空冷ポルシェを中古で買ったとして、

    数年経ってから手放したとしても、そんなに極端な値落ちもせず、

    そこそこの値段で売却できる可能性が高いですもんね。


    そう考えるとやっぱ中古のポルシェって、つくづくお得な車だと思います。

    最近、困ったことに何故か物欲モードが全開です。。





    先日、ヤフオクで↓こんなんを買いましたが・・・
    イメージ 1









    今度は↓こんなんを買ってしまいました。
    イメージ 2

    356のスピードメーターを模った時計なんですけど、

    なかなか高級感があって、かなりいいです。

    こっちは質感が高くてどこに置いても違和感なく使えそうなので、

    リビングの壁にでも掛けておこうかなと思います。







    で、次に狙ってるのは・・・








    ↓コレです。
    イメージ 3

    最近オートアートから出たばっかりらしいのですが、964の1/18スケールはめずらしいですよね。

    既に持っている人の話だと、かなり精巧な造りをしているらしいので、

    今度買ってみようかと思ってます。





    こんな事してたら、いつまで経ってもエンジンの修理代にお金が回っていかないんですけど、

    すぐに乗る予定もないから、まっいいか!って感じです。(^^;

    イメージ 1

    シルバーの964君ですが今日、次期オーナーさんが現車確認・引取りに来られ、

    ボクの元を旅立って行きました。

    今度の次期オーナーさんは四国は高松の方。

    そういえば、先日の黒いGT3の次期オーナーさんも四国の方だったので、

    なぜか最近四国に縁があるようです。

    東京から四国への道のりは約700km!

    多分、今頃は関西あたりを通過している頃でしょうか。


    この方はポルシェは既に経験済の方ですが、以前お乗りだった993は

    15年前に手放されてしまったとか。

    15年ぶりのポルシェで、しかもいきなり700kmの超ロングドライブは

    かなり大変だと思いますが、どうか最後まで安全運転で無事にお帰り下さい。


    この度は全国数ある中から、ウチのポルシェをお選び頂き大変ありがとうございました!

    これからも末永いお付き合いを、宜しくお願いします。m(_ _)m

    昨日は天気も良かったので、近所で借りてるタワーパーキングに保管中のGT3とM3を入れ替えて

    GT3を引っ張り出してました。
    イメージ 1






    向かった先は足立の倉庫。

    自宅から倉庫まで首都高使って片道30分弱なので、たまに動かしてみるにはちょうどいい距離です。

    先日GT3がウチに着てから少し汚れたまんまの状態だったので、早速洗車やお掃除してあげました。
    イメージ 2

    イメージ 3






    それにしても、このGT3、めっちゃキレイ。

    元々サーキットを走ってた車なんですが、現オーナーがお金を掛けて、

    フロントガラスをボディの飛び石キズなどをカンペキにお化粧直しして間もない車なので、

    塗装がツヤツヤしてて、サーキット経験があるなんて信じられない位のベッピンさんです。

    この日、かなり細かい部分までじっくり粗探し(?)をしてみたのですが、

    ボディにキズやヘコミはボクの目視では見つけられませんでした。
    イメージ 4

    イメージ 5






    せっかくこんなにキレイになったので、自宅に戻る前に近所の埠頭に立ち寄り、

    イイ写真をいっぱい撮ってきました。
    イメージ 6

    イメージ 7







    最後は自宅のマンションの駐車場に初めて駐車してみました。
    イメージ 8

    隣がベントレー君なので、なんだかめっちゃセレブな所に住んでるみたいですね。(笑)

    こんな記事を書くとすぐに勘違いされてしまうので、念のために言っておきますけど、

    ボクはめっちゃ貧乏で、このマンションもフツーの至って庶民的なマンションです。

    きのうは倉庫で↓コイツをポリッシャーで磨いてました。
    イメージ 1

    最近はすっかり足車として定着してしまっていて、

    売りに出すつもりもないので水洗い洗車くらいしかしてませんでしたが、

    こうやって本気で磨いてやったら本来のキレイな姿を取り戻しました。

    外見も中身もピッカピカです。
    イメージ 2

    イメージ 3






    気分がノッてきたので、↓こーゆー物を貼っておきました。(^^)
    イメージ 4







    そうそう、迷っていた車検ですけど、腹を括って来週出す事にしました。

    これでまた2年乗れるので、このまま永い付き合いになってしまうんでしょうか。。

    先日、このブログをご覧の九州の方から964の5MTのタマを探してるとのご連絡を受けました。

    希望はグランプリホワイトかマリタイムブルーのサンルーフなし。

    距離については程度が良ければ問わないとの事でした。

    でも、正直言ってポルシェの場合、色指定は探すのが超ムズカシイ。。

    グランプリホワイトやマリタイムブルーは一番人気色だし、

    しかも964の5MTは最近めっきりタマ数が少なくなっていて、

    しかもしかもサンルーフなしって事まで指定されてしまうと・・・超ハードル高いっす。。

    他の色の964であれば心当たりはあったので、その964をベースに全塗装する事なども

    検討しましたが、それだと今度は予算がオーバーしてしまう。。。(* *)

    ん〜、、お手上げかも。。

    さすがに半分諦めかけてた時に、ふと、1台のマリタイムブルーの964が

    ボクの頭の中をよぎりました。

    それは、ボクの地元の高校の時の友人が所有しているカレラ2。

    あの車ならとってもキレイだし、最近は全然乗ってないはず。。

    っつーコトで、早速その友人に電話をし、手放してくれるよう口説きまくってみました。

    最初、その友人も、ボクからのあまりに突然の依頼に、かなり戸惑っている様子でしたが、

    粘りに粘ってみたところ、ようやく手放す事を決心をしてくれました。

    それが↓この車です。

    イメージ 1

    イメージ 2

    92カレラ2の5MT、マリタイムブルー。

    サンルーフなし、リアワイパーなし。

    更にはエンジンOH済、前後RS純正バンパー、RS純正マグホイール、

    RSクラッチ等々のオマケ付き!

    早速昨日、九州の方へご連絡させて頂いたところ、即決して頂けました。

    なかなか時間の掛かる案件かと思ってましたが、うまく決まる時は決まるもんですね〜

    こーゆーのって、やっぱ縁があったって事でしょうか。


    早速来週末、地元へ帰ってこのマリタイムブルーちゃんを一旦東京まで引き揚げてきます。

    このページのトップヘ