ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。ナローから991まで、ポルシェの中古車の事なら何でもお任せ下さい。

ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。996/997コンプリートカー、964/930ナロールック等、自分だけの一台も製作致します。





    2010年12月

    今日は朝起きたら雪がこんもり積もってました。

    北陸のポルシェ乗りは、これでしばらくは完全に冬眠状態なんでしょうね。カイエン以外は・・・

    地元の冬は、やっぱ厳しいっす。。


    これが多分、今年最後の記事になってしまうと思いますが、今年も一年くだらない記事にお付き合い頂いて

    大変ありがとうござました。

    最近はこのブログのアクセス数もかなり多くなってきており、

    世の中にはボクと同じような価値観の変態さんが結構多いんだなとつくづく驚いてます。(爆)



    今日最初にご紹介するのはシルバーの964カレラ2です。

    この車の元オーナーさんもこのブログをご覧頂いている方で、

    きっかけはメールで売却の依頼のメールを頂きました。

    8年間元オーナーさんに大切に乗られてきた964だけあって、とてもキレイな個体でした。
    イメージ 1

    この車は、やはりこのブログをご覧の四国の方から電話でオファーを頂き、

    現車を見ぬまま即決頂きましたが、やはり最終的には現車を見ていただくようお勧めして

    四国から東京までわざわざお越し頂き、帰りはそのままこのポルシェで700kmの道のりを

    乗って帰って頂きました。(^^)



    次はE36のM3。

    この車はおとといご紹介したディフェンダーの下取りとしてボクの手元にやってきましたが、

    これが超お気に入りとなってしまい、約5ヶ月間、普段の足として大活躍してくれました。

    大きさも実用性も、そして運転の楽しさもボクにとってちょうど良かったので

    全く手放すつもりもなかったのですが、ポルシェ仲間の911DAYSの日比野さんから

    いま手元にある白いGT3CSの問合せを頂いた時、なぜか「今乗っているC126とM3を交換しない?」

    という話になってしまい、ボクもそろそろ別の車にも乗ってみたい気持ちがあったので、

    これまでにはない、初めて「物々交換」という形で旅立って行きました。
    イメージ 2

    この車は現在日比野さんの手で色々モディファイされているようで、

    来年はサーキットにこの車が現れるかも知れません。(^^)





    次はつい先日旅立って行ったこのマリタイムブルーの964カレラ2。

    このブログをご覧頂いている九州で最終930ターボをお乗りの方からメールで

    「マリタイムブルーのカレラ2を探して欲しい」とのご連絡を頂き、

    当初、マリタイムブルーのような色指定のポルシェの捜索は超ムズカシイとお伝えしましたが、

    それでも色には相当こだわっておられる様子でしたので、急遽、ボクの高校時代の友人の愛車を

    拝み倒して奪い取ってきました。(笑)

    すぐにこんなポルシェがタイミングよく見つかるのは、オーナーさんにとってもボクにとっても

    奇跡と言えるほど超ラッキーだったと思います。
    イメージ 3

    この車もオーナーさんとは一度もお会いしないまま、車だけが陸送で熊本へ旅立って行ってしまいましたが、

    今年は特にポルシェでそういうパターンがとても多くなりました。

    売る場合でも買う場合でも、「ポルシェ」なだけにある程度高額なお金が絡む話にはなってくるのですが、

    それにも関わらず、一度もボクに全面的にお任せ頂くのは本当に有難い事であり、心から感謝しております。

    それもこれも、これまでこのブログとGARAGE−Jを通じて、沢山の素晴らしい方達との出逢いがあり、

    それをまたこのブログをご覧頂いている他の方から「実績」としてご評価頂き、

    こんな見ず知らずのヤツでも、ちょっと任せてみようかという気持ちになって頂けているのだと思います。

    これは本当に有難い事です。

    こんな風にやってこれたのも、全て今までご縁を頂いた素晴らしい方達との出逢いのお陰だと感謝しています。

    又、GARAGE−Jをいつも縁の下で支えてくれているスタッフや、シンリュウさんやY−CLUBさん、

    ガレージスペシャルさん、エムブルックさん、レスモアートさん、ホリゾンタルD6さん等々、

    GARAGE−Jにいつも快くご協力頂いているパートナーさんの方々にも心から感謝致します。

    しかも今年は念願の「東京で何台も車を安全に室内保管出来るガレージ」という拠点まで借りる事が出来ました。

    その際、ボロボロでキタナイ倉庫を、キレイで立派なガレージに仕立て直して下さったエバさんご夫妻にも

    心からお礼申し上げます。


    おかげさまで今年もたくさんの皆さんの協力があって、なんとかGARAGE−Jの運営を継続する事が出来ました。

    来年もまた人と人との出逢いを大切にし、少しでも多くの方々の、車を通じての「男の夢」の実現のお手伝いを

    微力ながらさせて頂ければ光栄です。

    一人でも多くの方の「男の夢」を実現した時の幸せそうな顔を見る事が、ボクにとっての一番の幸せです。


    来年もGARAGE−Jをどうかよろしくお願いします。

    昨日の最終便で地元に帰ってきました。

    東京はめっちゃ晴れてたのに、こっちは天気悪っ!

    空はどんよりしていて、一日中、雨や雪が降りっぱなしで、今はカミナリが鳴ってます。。

    冬場の関東と北陸って、本当に天気が真逆ですね。



    さて、昨日の記事の続きで、今日も今年の素敵な出逢いシリーズです。




    次の出逢いは、この’92後期964のガンメタTip号です。
    イメージ 1

    この車、実は今年一番苦労した車の中の一台です。

    このブログをご覧頂いていた群馬の歯医者さんからメールを頂き、

    まだ一度もリアルに会ったこともないボクの事を100%信用して下さり、

    自分に合ったポルシェを探して欲しいとのオファーを頂きました。

    電話で何度も何度も打合せを重ね、長距離通勤にもフツーに使えて、

    あまり目立たない仕様がお好みとの事で、最終的にターゲットとして絞られたのが

    後期モノの964のガンメタのティプトロ。

    それからというもの、関東のオークション会場まで何度も足を運んでは競り負けたり、

    関東はもとより遠くは長野まで現車確認に行ったり、名古屋のオークション会場まで

    友人を現車確認に派遣して、その結果競り負けたり・・・

    なかなか車をゲット出来ずにお待たせしてしまいましたが、

    最終的には千葉の車屋さんの店頭に並んでた964を業販してもらって、

    それをベースに内装、外装、機関ともかなり手を加えてバリモンに仕立て上げました。

    お渡しする当日までオーナーさんとはお会いしていなかったので、

    納車の時は気に入って頂けるのかドキドキしましたが、喜んでもらえて本当によかったです。

    今も964は相変わらず元気に走り回っているそうで、苦労した甲斐がありました。(^^)





    次はこの964カブリオレ。

    カブリオレにはめずらしいMTです。

    元オーナーさんはシンリュウさんの常連さんで、ボクがシンリュウさんにお邪魔している時に

    急いで売却したいとの依頼を受けました。

    964のカブリオレはボクにとっては初めての経験でしたけど、乗ってみるとクーペ並みの剛性感があり、

    本当に良く出来た車でした。
    イメージ 2

    お急ぎとの事でしたので、業者オークション会場に車を持ち込んでセリにご希望の金額に達したので

    そのまま売却してしまいましたが、出来ればもう少し長い間ボクの手元に置いておきたいと思うくらい

    楽しくてよく出来た車でした。





    次はボクにとって初の水冷ポルシェ。

    ブログ仲間のokatatsuさんの996カレラ(後期)です。

    この996は、それまで持っていたボクの水冷ポルシェに対する偏見を吹き飛ばしてくれた車です。

    なんせ、フツーに快適に乗れるのに、めっちゃ速くてオモシロイ!

    この996がウチにあるとき、okatatsuさんにワガママを言って箱根ツーリングでも使わせて頂きましたが、

    自分の964に乗るのが億劫になるくらい、本当に良く出来た車でした。
    イメージ 3

    この車もあまり売却に時間をかけていられなかったので、業者さんの所へ嫁がせる道を選びましたが、

    マジで自分で買ってしまおうかと思ってしまうくらい、ヤバイ車でした。(^^)




    次は、W124の4マチック。

    このW124、ウチに来たときの走行距離が2.3万キロ台の超バリモン。

    これって新車?と思ってしまうくらい、とんでもなくキレイなW124でした。

    W124はこの車で4台目でしたが、4マチックはボクにとって初めての経験で、

    雨の日の高速道路での安定感は、素の2WDのW124以上にバツグンでした。
    イメージ 4

    この車はボクの地元のご近所の県の、某国立大学の教授にオファーを頂き嫁いで行きましたが、

    今年の冬は雪が多そうなので、きっとこの4マチックが重宝しているのではないかと思います。





    不思議なもので、水冷に一度縁があると続いてしまうもので、次にウチに来たのも996。

    それもポルシェ乗りなら誰でも一度は憧れる、あの「GT3」です。

    この車は、このブログをご覧頂いているボクの地元の方から売却したいとのメールを頂き、

    帰省した時にその方と初めてお会いして、そのままGT3をお預かりして東京まで連れてきました。

    いまから思うと、初対面のボクの事を信用して頂いて、こんな高額な車をポンと預けて下さった

    元オーナーさんに感謝です。

    水冷ポルシェの良さは、この前に経験した元okatatsu号でよ〜くわかっちゃいましたけど、

    このGT3は更に水冷ポルシェの懐の深さをボクに教えてくれました。

    なんせドノーマルのまんまで十分すぎるくらいのポテンシャルを持っていて、

    ポルシェが「GT3」という特別な称号を与えているだけの事はあります。

    まさにポルシェが本気で作った車でした。
    イメージ 5

    この車はサーキット走行をバリバリされておられる四国の外科医のドクターさんの所へ嫁いで行きましたが、

    こんな車でサーキット走行をされるオーナーさんがうらやましいです。(^^)



    本当は今日で一気に今年の全台数の事を紹介してしまおうと思っていましたが、

    なんだか記事が長くなってしまいましたので今日はこのへんで。(^^;



    つづく

    ボクは今日で仕事納めです。

    今日の最終便で地元に帰省して、雪かきをやってから3日にまた東京に戻ってきます。

    今年1年を振り返ってみると、GARAGE−Jもまた本当にいい車に出逢え、

    その車達を通じて、とても素敵な方達との出逢いも沢山ありました。

    このブログの1年の締めくくりとして、今回と次回で今年1年の素敵な出逢いをサマリーしてご紹介したいと思います。



    まず始めは、うっちー親分のところに下取りでやってきた、真っ白なMINI MK?仕様です。

    MK?仕様の外観ばかりではなく、中身も4ポットキャリパーやVALTAIN製タイプR 8段階調整式ショック+コイルサス、

    熱線入りフロントウィンドウ等々、前オーナーの好みによりモディファイてんこ盛りのとても楽しいMINIでした。
    イメージ 1

    この車は広島の方の所へ嫁いで行きましたが、その後、この方が独立開業されるにあたり、

    商品車としてまたその次のオーナーさんのところに嫁いでいったそうです。



    次にやってきたのが’81のSC改。

    内装ドンガラにロールゲージと、徹底的に走りに振った仕様のSCで、

    その軽さと3L+Kジェトロの面白さはハンパではありませんでした。

    このSCに乗ってから、3L時代の空冷ポルシェの良さをあらためて思い知らされるきっかけになりました。

    SCにはまた是非乗ってみたいです。
    イメージ 2

    この車は北海道の方からオファーを頂き、次期オーナーさんとは一度もお会いせぬまま、

    陸送で北海道へ旅立って行きました。




    次は、岐阜のポルシェ仲間のYさんから依頼があって、オークション会場から引っ張った’98MINI。

    オークション会場までわざわざご本人に行ってもらい、現車を確認して頂いてから買ってきました。

    Yさんに安心して永くこのMINIを楽しんでもらう為、ボクなりに納得の行かない部分は

    Yさんと相談の上で整備とモディファイを加え、外装までピッカピカにコーティングしてから

    お渡しさせて頂きました。
    イメージ 3

    Yさんはこの後出てくるW211のE500からこのMINIへの乗換えでしたが、

    やはりバリバリのレーシングポルシェにお乗りのYさんには、

    快適この上ないE500よりも、ちょこまか走ってチョイ乗りしてても楽しいMINIの方が

    相性が良いようです。(笑)




    次は、走行距離がナント当時25,000kmだったS124。

    外装がフルAMGのE36T仕様、中身もエンジンヘッドOH済という、

    信じられないような極上コンディションの個体でした。
    イメージ 4

    この車はかなり問合せが殺到しましたが、結果的に沖縄からわざわざ現車確認にお越し頂いた方の所へ

    旅立って行きました。




    次はW211のE500アバンギャルドのAMGスポーツパッケージです。

    先程出てきた岐阜のポルシェ仲間のYさんが、MINIの前に乗られていたベンツです。

    ボクにとってこういう新しめのベンツはこれが初めてでしたが、

    いつも乗ってるマニアックな古めのベンツもいいけれど、

    電子制御バリバリの新しめのベンツには、また違った魅力がありました。
    イメージ 5

    この車は埼玉県の方の所へ嫁いで行きましたが、この方はこのベンツの購入がきっかけで

    ベンツのブログを立ち上げられました。

    現在はかなりこの車もモディファイを楽しまれておられるようで、

    ブログを通してこの車の現在の様子を知る事が出来るので、ボクもいつも拝見させてもらってます。



    次にやってきたのが、このディフェンダー110。

    本国特別オーダーの、非常にめずらしい3ドアの110です。

    この車で都内を流していると、恥ずかしいくらいに色んな人に声を掛けられ、注目度バツグンの車でした。
    イメージ 6

    この車は、若いご夫婦がもうすぐ生まれる赤ちゃんの誕生を迎えるためにM3から乗り換えられましたが、

    現在は無事に赤ちゃんも誕生し、家族の足として活躍しているはずです。

    ただ、こんな軍用車の乗り心地と弱いヒーターに、新生児の赤ちゃんが果たして耐えられているのか

    未だに心配ではありますが・・・(^^;



    つづく(^^)

    最近めっちゃ冷え込んできましたね。

    ガレージを借りてから天候に関係なく室内で作業が出来るようになったのはいいんですけど、

    暖房器具が一切ないので、作業をしてるとけっこう腰にきます。。
    イメージ 1





    本当はガレージに↓こんなのが1台あるといいんですけどねぇ。。
    イメージ 2

    でも、業務用の強力なヤツって、新品だと5〜6万もするんです。

    なので最近はヤフオクで中古の安いのを物色してるんですけど、

    やはり考える事は皆同じのようで、中古といえども値段が吊り上ってしまってなかなか買えましぇん。。(ToT)

    どなたかこの手の業務用のストーブが余ってたら安く譲ってくらはい。(^^;

    車検に出してたGT3が戻ってきました。

    現在売り出し中ですが、この内容で車検も2年付きになったので、

    次のオーナーさんは絶対お得だと思います。
    イメージ 1





    今日は天気も良かったので、洗車するために自宅マンションからガレージまで

    首都高を使って移動させました。

    今日は首都高も空いてたので気持ちよく走る事が出来ましたが、

    それにしてもやっぱこのGT3は速い!

    軽量化とファイナルとタコ足で、素のGT3とは明らかに走りが違います。

    レーシングドライバーが真面目に仕上げただけあって、速さは全く別次元ですね。






    タコ足の快音と走りに酔いしれていたら、あっという間にガレージに着いてしまいました。
    イメージ 2

    ガレージに着いてから早速洗車しましたが、この車は塗装の状態が良く、

    ツルツルしているので洗車するのも楽チンです。(^^)

    コーティングされているので、水洗いだけでピッカピカになりました。
    イメージ 3

    それにしてもこのGT3、あまりボクのソバに長くおいて置くとヤバイです。。

    964が壊れてしまって乗れないもんだから、ますます自分で欲しくなってしまいます。

    早くどなたか買ってください。(笑)

    ネットを徘徊してたら↓こんなものを見つけました。
    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3

    917のソファーです。(笑)

    原寸大でしょうか?

    かなり大きいから嵩張るけど、こんなのガレージにドーンと置いとくとメッチャかっこいいですよね!

    でもコレ、限定生産らしくて多分今はもう欲しくても手に入らないだろうし、

    買えたとしても軽四買えるくらいの値段がするそうです。。(-"-;




    っつーコトで、自分で作ってみようかなってただいま妄想中です。

    どーせならカエル顔の911のヤツを!

    シンリュウさんにSCのドンガラボディがあるのを知ってるから、

    それのフロント部分だけもらってきて、フードを取っ払ってトランク部分に

    安いソファーでもすっぽりハメ込んで座れるようにしたら比較的簡単に作れませんかにぃ?

    ボディ色はガレージの柱の色に合わせてガーズレッドに塗装するとか♪(^^)


    まー、そんなもん作ってるヒマがあるかと言えば全然無いのですが(笑)、

    来年、時間が空いた時にでも、ちょっと考えてみたいですね。(^^)

    イメージ 1

    ただいまガレージの一番奥の特等席で、ビニールカバー被せて大事に大事に保管中のGT3CSですが、

    今週で車検が切れてしまいます。

    切れる前に車検通してしまわなきゃですね。


    となりのじゅんのすけ号は車検はタップリあるのに動かす事が出来ません。(笑)

    乗らない(乗れない)964の車検を、GT3にヨッコイショって移動させる事が出来れば便利なんですけどね。


    それにしても、じゅんのすけ号は一体いつになったら直せるんでしょうか。。

    11月に茂木でエンジンぶっ壊してからそのまんま放置状態が続いてますが、

    忙しすぎて、こっちに構っているヒマが全然ないから、相変わらず修理する目処もたっていません。

    まー、しばらく乗る予定もないので、このまんま年越しですかね。。

    税金も保険も払い続けてるのがバカバカしいから、一時抹消でもしてしまおうかに。。。

    イメージ 1

    先週の土曜日、九州に向けて陸送で旅立っていったマリタイムちゃんですが、

    今日、次期オーナーさんから連絡があり、無事に予定通りお手元に届いたそうです。

    今まで本州、四国、北海道、沖縄については、GARAGE−Jの車が上陸した事はありましたが、

    今回、九州への上陸を初めて果たせた事で、ようやく日本全国完全制覇(?)になりました。(笑)


    次期オーナーさんは残念ながら現在ノロウイルスに感染中で(笑)、

    今日は短い時間しか乗れなかったそうですが、それでもバリモンって事はすぐにお判り頂けたそうです。

    次期オーナーさんは、これまで993を経験してから一旦ポルシェを離れてE46M3に浮気され、

    その後ポルシェが恋しくなって’89最終930ターボでポルシェに復活され、

    この度マリタイムブルーに乗り換える事になりました。

    以前、このブログで白い’89ターボの売り物情報をアップしましたが、

    この車、実は次期オーナーさんの当時の愛車でした。



    フルコンでバリバリのチューニングされたターボでしたが、フルコンの取り付けやセッティングは

    なんとご自身でされてしまったほどの車好きの方です。

    この方ならマリタイムちゃんの今後の事を安心してお任せ出来ます。

    この度は一度もお会い出来ないままお譲りする形になってしまいましたが、

    いつか機会を作って是非お会いしましょうね!

    この度は遠く離れたボクの所にポルシェ探しの依頼を頂きまして大変有難うございました!!

    土曜日はマリタイムブルーの964を発送してから倉庫に戻り、

    倉庫の整理とベンツ君を磨いてました。
    イメージ 1











    で、何か倉庫の変化に気が付きません?(笑)











    ↓こんなんを壁に貼り付けました。(^^)
    イメージ 2





    拡大すると、↓こんな感じです。
    イメージ 3

    また、ヤフオクで買ってしまいました。

    材質はプラスチックで出来ていてツヤがあるので、近くから見るとなかなか高級感があります。(^^)

    でも値段は結構高くて13,000円もするので、ちょっともったいなかったかもです。。

    それだけ出すくらいなら紙で自分で作ってもよかったかもです。(^^;

    今日はマリタイムブルーの964とのお別れの日でした。

    次期オーナーさんは九州の熊本の方で、あまりにも遠いすぎるので今回は陸送です。

    今日の旅立ちに向けて、昨日の晩は最後にボディをピッカピカに磨き上げ、

    今日は朝から倉庫まで車を取りに行き、陸送屋さんが車を引き上げにくる予定のシンリュウさんまで

    車を移動させてました。
    イメージ 1

    それにしてもこの964、あらためて思いましたけどめっちゃイイ!

    程よく軽量化され、足もちょうどイイ感じに固められていて、乗り味はRSに近いです。

    エアコンなどの快適装備はそのままに、街乗りはもちろん、サーキットでも十分通用する仕様になっていて

    最近、ボクはこんな車にすごく憧れます。

    じゅんのすけ号みたいにガッチガチにしてしまうと、サーキット以外はなかなか乗る気になれないですけど、

    このマリタイムブルーのような仕様だと、普段からポルシェを楽しめるので、

    結局は、こーゆーポルシェが一番いいと思います。



    で、運転を楽しんでるのも束の間、シンリュウさんに無事にたどり着きました。
    イメージ 2




    それにしても、我ながらキレイに磨き上げる事が出来ました。

    見てください、このピッカピカのボディを!
    イメージ 3

    イメージ 4

    ま、ボクのポリッシャーの腕というよりも、元々キレイな車だったんですけどね。(^^;



    夕方、無事に陸送で旅立って行き、来週の土曜日には次期オーナーさんの手元に到着する予定です。



    それにしても、こうやって今回のマリタイムブルーの案件がトントン拍子に事が進むのは

    ほとんど奇跡だと思います。

    次期オーナーさんのご希望通り、極上のマリタイムブルーの964が

    たまたまドンピシャのタイミングで見つかったのも凄かったですが、

    一度も会った事のないボクから一度も見た事のない車を即決頂いた、

    次期オーナーさんの決断力と勇気も凄いです。

    よほど縁があったとしか思えませんね。

    次期オーナーさんにはお会い出来ぬまま、マリタイムブルーだけが来週嫁いで行きますが、

    本当にかわいいヤツなので、末永く可愛がってあげてください。

    この度は見知らぬボクの事を信頼頂き、全てお任せ頂いて大変有難うございました!

    これからも一人でも多くの人が、最高のポルシェにめぐり逢えるよう、頑張り続けたいと思います。

    このページのトップヘ