ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。ナローから991まで、ポルシェの中古車の事なら何でもお任せ下さい。

ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。996/997コンプリートカー、964/930ナロールック等、自分だけの一台も製作致します。





    2011年11月

    何が気になるって?

    ↓この車だす。
    イメージ 1
    W202のC36。

    こんな小っちゃいボディに直6の3.6L、積んでます。

    C43でもいいんですけど、あれはV8なんで・・・。

    やっぱC36って、メルセデス最後の直6ってところも惹かれるし、

    昔ながらのAMGの持ち味とも言えるボアアップ+ハイカムチューンって言うのがいいですね。

    両車とも乗ったことはありませんけど、きっとC36の方が回して楽しいような気がします。

    車重的にもC36の方が軽くてバランス良さそうですしね。


    つか、C36は以前から気になってはいましたけど、なぜ今になってまた欲しい病がぶり返してるかというと、

    今、uchidaさんからお借りしているE36Tの走りが結構イケてるからです。
    イメージ 2
    この車はC36と同じ3.6の直6積んでて(厳密に言うとスペックは少し違うみたいですけど)、

    更にC36の1速発進のATに換装されてるもんだから、

    要はC36にS124のボディを積んで走ってるようなもんです。(?)

    これがもしあと200kgも軽いW202ボディだったなら・・・ちょっと考えてみるだけでもワクワクしてきます。

    街中ではかなりキビキビ走るでしょうし、ボディが小さい分、取りまわしもラクチンでしょうし、

    足車として使うには、これ以上ない車のような気がします。

    C36に車高調入れて、ポルシェのブレーキ入れて走ったら・・・・・ん〜、結構イケるかも♪


    もし、このタイミングで目の前にバリモンが現れてしまったら、思わず食指が動いてしまうかもです。。(^^;



    ↓裏方スタッフかおりんのブログもよろしくです!
    裏方スタッフのつぶやき日記♪
    こっちも鋭意更新中♪

    先日、Z33をオークション会場に搬入した時、すぐ近くに↓こんなのが置いてありました。
    イメージ 1
    段付きジュリアちゃんです。

    バタバタしてたので、チラリとしか見てませんけど内外装ともかなりレストアされてる車両のようです。


    それにしてもこの車のオーラは凄い!

    この車が置いてあるだけで、その周辺だけ雰囲気が違って見えてしまいます。

    ホットモデルの多いアルファロメオの中でも、やっぱ段付きジュリアだけは別格ですね。

    夏頃に足立ベースにジュリアが置いてあった時も、車から発せられるオーラがビンビンで、

    ほんと、タダモノではない雰囲気が漂ってました。

    40年以上も前の車なのに、アルミ製のDOHCエンジンとか4輪ディスクブレーキとか、

    当時では考えられない技術が投入されていて、アルファロメオの威信を懸けたモデルです。

    でもこーゆー歴史的な車って、車としての速さとか性能とかそんな事以前に、

    存在する事そのものに意味がありますよね。

    実際、ウチにあった時に乗ってみた時も、この車のウェーバーのサウンドやダイレクトな乗り味を

    体感してしまうと、絶対的な速さとか快適性とか・・・そんな事はどーでも良くなってしまいました。

    今のボクには置き場所的にも金銭的にも、メンテをする時間的にも全く余裕がないので

    手にする事は出来ませんが、もう少し歳を取って、あらゆる面で余裕が出来た時にでも、

    もう一度傍に置いておきたいと思える車の中の一台です。




    ↓裏方スタッフかおりんのブログもよろしくです!
    裏方スタッフのつぶやき日記♪
    こっちも鋭意更新中♪

    仕事が忙しくてブログがなかなか更新出来ましぇん。。(+_+)



    そんな中、昨日は久しぶりに足立ベースに行ってきました。

    そしたら、スーパーウルトラスペシャルデリシャス洗車会員のみーくんが

    一人でシコシコと愛車のポルポルの洗車してました。
    イメージ 1
    ホント、ボクより足立の出席率、完全に高いですね。(^^)



    人が洗車してるのを見ていると、なんだか自分も洗車したくなってきたので、

    ボクもつられてE36Tを洗車しました。
    イメージ 2




    このあと、ピカピカにして置いてある車をボォ〜っと眺めて・・・
    イメージ 3




    ボディカバーを被せて帰ってきました。
    イメージ 4




    足立の滞在時間はめっちゃ短かったですけど、忙しい合間を縫って

    ちょっとでも車に触れていられる時間があれば、それだけでかなりリフレッシュされます。



    実は今も仕事でまだ事務所にいますが、早く仕事に山を乗り越えて

    元の生活のリズムを取り戻したいです。。



    ↓裏方スタッフかおりんのブログもよろしくです!
    裏方スタッフのつぶやき日記♪
    こっちも鋭意更新中♪

    今日は先日uchidaさんからお借りしたE36Tのインプレです。


    日曜日にuchidaさんのご自宅にお邪魔して、ベリルちゃんと入替でこのE36Tをお借りしたのですが、

    貸して頂いたその足で、いきなり茂木まで足を伸ばしてアイドラーズの観戦に行ってしまい、

    オドメーターの距離を伸ばしてしまいました。(^^;

    貴重な車なのに、スイマセン。m(__)m
    イメージ 1

    3.6Lが載っかっているS124はボクも初めての経験なので、

    これまで乗ったことのある3.2L系のS124とどれほど違うものなのか、

    以前から乗れる日を楽しみにしてました。(^^)


    まずは乗ってすぐに気が付いたのは、アクセルの踏み方に対する反応の良さです。

    ベリルちゃんを含めて、今まで乗ってきた124は結構アクセルペダルが重かったです。

    これは124の特徴でもあり、慣れてしまえば何て事はないんですが、何せフツーっぽくないクセがあって

    慣れるまでは車庫入れや低速時の微妙なアクセルワークがしづらいです。

    でも、このE36Tはそんなクセはなく、アクセルペダルに全く違和感もなくとても乗りやすいです。

    しかも3.6Lエンジンのレスポンスがイイので、踏んだら踏んだだけ車がグイグイ加速していきます。

    特にこの個体の場合、C36用の1速発進のATが換装されているので、特に出足は鋭いです。

    過去にE500も運転した事がありますが、出足はこっちの方が鋭くて速い感じです。


    それと、もっと気持ちいいのは中間加速。

    たとえば高速で追い越しをかける時の加速感は、グイグイ車体を引っ張っていく感じで

    E320系の3.2Lとは明らかに違います。

    何度もブログで書いてますが、元々124系の高速での直進安定性とボディの剛性感は素晴らしいので、

    スピードが乗っていても全然恐怖感がありません。

    素の3.2Lだとエンジンパワーに対してシャーシ性能やボディ剛性が上回っていますが、

    E36Tは、足や骨格に見合ったエンジンパワーを持っているので、

    バランス的にはE36Tのほうがいい印象を受けました。
    イメージ 2

    ただ、敢えて欲を言えば、3.2L系に対してブレーキは強化されていますが、

    それが更に強力だと、もっと超高速域でも安心して飛ばせると思います。

    車重が1.7トン前後もあるので、パワーがあるだけに追い越し車線である領域までスピードが乗ってくると

    「前のあのトラックがフラフラと追い越し車線に出てきてしまったらどうしよう」とか、

    精神的にどうしても不測の事態の時のブレーキングの事を考えてしまいます。

    ポルシェのように車重に対して明らかにオーバースペックともいえるブレーキシステムが奢られてると、

    精神的にも更に安心感が増すと思います。

    こんな事書いてしまうと「ブレーキは弱いの?」とか勘違いされるかも知れませんが、

    決してそうではなく、普通以上にはちゃんと効くし、通常のスピード域(?)では全く不安もないので

    これはゼータクな話かも知れません・・・きっと。。(^^;


    まーそれはともかく、高速域での安定感はこの上なく、まるでレールの上を走っているようなので、

    超ハイスピードでドライバーを疲れさせずに目的地まで移動させてくれます。

    この車の得意科目はやはり高速ツーリングだと思います。


    高速を降りてツインリングモテギまでの下道で、ワインディングっぽい場所も走りました。

    これが予想に反して結構速く走れます。

    もちろん重量級のホイールベースの長いツーリングワゴンなので、

    コーナーをヒラヒラとかわして行くような走りな訳がありませんが(出来たら気持ち悪い)、

    それでもロール感はあまりなく、重量を感じつつも、ある程度のスピードでは曲がっていけます。

    この車の場合パワーがあるので、コーナー手前できっちりスピードを落とし、

    コーナー出口から踏んでやればモリモリ加速していくので、そんな乗り方をしたほうが

    山道は速く走れました。
    イメージ 3
    まーもっとも、ベンツのワゴンにワインディングでの速さを求めるほうが変ですが。(^^;

    それでも坂道をグイグイと力任せに上っていくトルクがあるので、上りの山道は結構面白いかもです。


    全体的に通しての感想ですが、このE36T、もしイイ出物があったらマジで欲しいかもです。

    パワーがあって、荷物がたくさん積めて、ボディもそんなにデカくないから取り回しだって楽チンです。

    AMG付きの角張ったボディもボク好みだし、こんなの足に出来たら最高かも。

    でもあまりにもタマが少なすぎるし、仮に納得出来るコンディションの個体がヒョッコリ出てきたとしても

    そんなの高くてきっとボクには買えないような気がします。(^^;



    ↓裏方スタッフかおりんのブログもよろしくです!
    裏方スタッフのつぶやき日記♪
    こっちも鋭意更新中♪

    この前の日曜日、アイドラーズを見に行ったときに久しぶりにYさんの930を見ました。



    イメージ 1

    イメージ 2
    RSRボディはサンバースト製です。

    ちなみにリアバンパーがありませんが、ぶつけて飛んでいった訳ではありません。

    ましてや修理代をケチっている訳でもありません。(笑)

    これも軽量化です!

    ちなみにリアから見ると、↓こんなチタンのタコ足とマフラーがあらわになってます。
    イメージ 3
    ほんとタコみたいなタコ足です。(笑)



    先日も記事でもチラリと書きましたが、Yさんは3年前にエンジンをぶっ壊してしまってから

    しばらくポルシェのレースはお休みされてましたが(他に持ってる86で耐久はやってたそうですが)、

    ようやく満を持して復活を果たされました。

    この間、3.8LエンジンのフルOHはもちろんの事、

    軽量化やその他諸々の随所に渡る工夫や改良を重ねてきていて、

    以前にも増して戦闘力のあるマシンに仕上げて来られました。

    その工夫や改良の中には、まさに目から鱗と思えるようなものもありました。



    ↓これがこの930の室内です。
    イメージ 4
    ホント、見るからに軽そう♪

    ちなみにドアは当たり前のようにFRP+アクリルですが、

    この車はナント、フロントウインドウまでアクリルです。\(◎o◎)/!

    これだけでもオドロキですが、まだまだ色々な工夫が隠されてます。



    まずボクが個人的に一番「へぇ〜」っと思ったのが、↓この自作のダッシュボード。
    イメージ 5

    イメージ 6
    表面がアルミで中身がアクリルっぽい素材の何層かの構造になっていて、

    この素材がとても軽量でしかも加工しやすいそうです。

    Yさんご自身で日曜大工みたいに切ったり曲げたりして作ったそうですが、

    この武骨感がいかにもレーシングしていてカッコイイですよね。

    しかもノーマルのダッシュって、紫外線で結構痛んでしまってる車が多いし、それに結構重い!

    素材とやり方さえ覚えれば誰にでも作れるそうなので、ボクもマネしてみようかな。
    (手先が不器用なのでムリです。。)



    あとは↓コレ。
    イメージ 7
    ブロアの噴出し口に蛇腹の筒を付けてドライバーに風を当てるようなパーツは結構ありますが、

    Yさんのはナント、中に電動のファンが付いてて強制的に送風します。

    ファンのスイッチを入れてみると、コイツの風量がかなり強烈!

    フツーの時にファンを回して風を顔に当てると、息がしづらくなるほど強力です。

    レース中はヘルメットを被るのでなんともないそうですが、特に夏場のレース中ではコレがかなり効くそうです。



    これ以外にも軽量化や空力やギア比等々・・・ちょっと聞いただけでも改良点は数知れません。

    あんまりココで書いてしまうと、せっかくの秘密兵器をバラしてしまう事になりかねないので、

    勝手に書くのはこんくらいに留めておきます。(笑)



    それにしても、この車が復活するまで3年。。

    じゅんのすけ号がぶっ壊れてからもう1年経ちましたが、さすがに3年ガマンするのはムリです。(^^;

    ボクの場合はここまで凝った事は出来ないので、エンジンが出来上がったらとっとと復活したいです。




    ↓裏方スタッフかおりんのブログもよろしくです!
    裏方スタッフのつぶやき日記♪
    こっちも鋭意更新中♪

    さて、昨日はアイドラースの事を書けなかったので、今日は書きます。(^^;


    今回の茂木のアイドラーズの第3戦は、ポルのお友達がたくさんエントリーしてました。

    久しぶりにお会いする方や、久々にレースに復帰する方いらっしゃいましたので、

    ちょっと応援に行ってきました。



    家が遠い順(?)にご紹介しますと・・・



    ↓これが岐阜のYさんの’86カレラ。
    イメージ 1
    しばらくエンジン潰してしまってレースはご無沙汰してましたが、今回が3年ぶりの復帰戦。

    エンジン治すついでに(?)、ギア比やボディや、ありとあらゆる細かい部分まで見直して、

    満を持しての参加です。

    YさんはRUSH CUP時代からの古いレース仲間(つか、大先輩)ですが、

    GARAGE−Jでも以前ウチにあったHiroさんW211の元オーナーだったり、

    北海道に嫁いで行った赤ポル君(911SC改)を紹介してくださったり、

    MINI MK?仕様をご購入頂いたり、色々な面でめちゃめちゃお世話になってます。

    Yさんの’86カレラには、目からウロコの工夫が随所に散りばめられていますので、

    後日じっくりと、この’86カレラについてご紹介したいと思います。




    で、その横にチラリと写っているのがokatatsuさんの黄色いGT3。
    イメージ 2
    okatatsuさんは川崎なので家は近いですけど、ここは話しの流れという事で先にご紹介します。(^^)

    okatatsu号はシンシュウさんでもしょっちゅう見かける方も多いと思いますが、

    今季からアイドラーズに参戦されていて、2度目の今回はいきなりSUPER-1でのエントリー。

    見かけと同様、中身も足やブレーキ以外はほとんどノーマル車両ですけど、

    他のスーパーカップにエントリーしているド派手なポルシェ達に負けない腕前は

    マジで大したもんだと思います。

    昨日は、スタートで失敗、レース後もゼッケン剥がした時にボンネットのクリアまで

    一緒に剥がれてしまったという(笑)不意のアクシデント(?)にも見舞われましたが、

    レースそのものはかなり楽しんでおられたみたいです。(^^)

    ちなみにokatatsuさんにもGARAGE−Jの面で、以前の愛車の996カレラ

    売却のお手伝いをさせて頂いたりして、大変お世話になってます。




    で、↓これがサンバーストのいぬいどんのRSR。
    イメージ 3
    ボディワークはもちろん自分で作ったサンバースト製です。

    いぬいどんも確かエンジンぶっ壊してから3年ぶりくらいでの復帰になりますが、

    ブランクを全く感じさせない走りでした。

    本人はまだまだセッティングに不満だらけのようでしたが、完全にセッティングがキマリ、

    またトップ争いを見せてくれるのも時間の問題だと思います。

    いぬいどんともかれこれ10年以上のお付き合いになりますが、

    商売の面ではじゅんのすけ号のマフラーをワンオフで製作してもらってるくらいなので、

    いつかRSRボディーの製作をお願いしたいと思いつつも、なかなか実現できましぇん。。(+_+)




    で、↓これが青い車さんの964RSターボ。
    イメージ 4
    筑波分切り楽勝の、とんでもない激速マシンです。

    おとといも決勝でSタイヤなのに’06秒台をたたき出したり、もう誰もこの人を止める事は出来ません。(笑)

    決勝では途中までSUPER−1のトップを独走してたのに、3コーナーでスピンこいてしまって、

    一気に最下位まで落ちてしまったのがとても残念でした。

    でもその後の一番ケツからの怒涛の追い上げは物凄かった!

    こーゆー走りを見てしまうと、やっぱターボっていいな〜って思っちゃいますね。(^^)

    最近はこのRSターボだけでは飽き足らず、バケモンみたいなNAの2号車もこっそり買ったみたいです。
    (あれ?言っても良かったんでしたっけ?)

    ターボではあまりにも速すぎて誰も勝負にならないので、NAでも真っ向から勝負してみるんでしょうか?(^^)

    青い車さんにはGARAGE−Jの面でも随分前からお世話になっていて、

    今までこのブログに載せていないような車を何台もやりとりさせて頂いてます。

    最近では、つい先日名古屋のむねひーさんの所に旅立って行ったGT3CS改も青い車さんの車でしたし、

    今ウチでお預りしているW221も、実は青い車さんの車です。

    あ、それと、じゅんのすけ号のファイナル4.0も、この車からのお下がりです。(笑)





    で、↓コレがこのブログでも毎度おなじみの、マサマオどんの964ターボ。
    イメージ 5
    前回のレースで「エンジン壊れたかも!」ってヒヤリとさせられましたが、

    結果的に何事もなかったようでよかったですね。(^^)

    昨日のレースはマサマオどん的には「イマイチ」の内容だったようですが、

    ボクが観戦してた限りでは十分速く見えました。

    でも、ボクの勝手な予想ですが、もしかするとシーズンオフ中にエンジン開けるんではないでしょうか?(笑)

    マサマオどんの車の仕様は、一緒に呑みに行くたんびに酔っ払った勢いでその場で決まってしまうので(爆)、

    今度近いうちに一緒に呑みに行って、ちょっとそそのかしてみたいと思います。






    で、最後に↓コレがシンリュウのヤナイどんのカレラ4改カレラ2。
    イメージ 6
    1号車のナローが筑波の最終でスッテンコロリンしてしまって長期入院中の為、

    最近は繫ぎでコレに乗ってます。

    9CUPのラジアルクラスでのエントリーで、決勝はクラス4位というビミョーな順位でしたが

    そーゆー所がいかにもヤナイさんらしい所です(何が?)。

    GARAGE−Jに入庫する車のほとんどをヤナイさんに診てもらってますが、

    ポルシェだけならいざ知らず、いつもややこしい車をたくさん持ち込んでしまってますが、

    これからも懲りずによろしくお願いします。




    この日は昼ごろに東京を出発して、E36Tを飛ばして14時頃には現地に着きましたが、

    今回は予選が14時半頃〜、決勝が17時頃〜だったので、予選も決勝も観戦出来ました。

    時間が遅めだったので、決勝はライトを点灯してのナイトレースになってしまったので

    走ってる人達は後ろの車の距離感が掴みづらくて大変だったと思います。

    ↓SUPER CUPの決勝グリッド。
    イメージ 7
    それにしても、やっぱレースはたまりませんね。

    エンジンぶっ壊してからちょうど1年経ってしまいましたが、

    こんなの観てしまったら、早く復帰したくてガマン汁でグチョグチョです。

    まだエンジンが完成するまでもう少し時間が掛かりますし、

    エンジンを載せてからもあれこれやりたい事が盛りだくさんなので、

    一体いつになったら復帰出来るのかまだ全然わかりませんが、

    来年のシーズンの途中からはなんとか復帰したいです。

    来年のこの場には、ちゃんとグリッドに並んでいられるといいんですけどね。(^^;




    ↓裏方スタッフかおりんのブログもよろしくです!
    裏方スタッフのつぶやき日記♪
    こっちも鋭意更新中♪

    きのうは本当にたくさんの出来事がありました。


    まずは午前中、都内某所にあるc_m_uchidaさんにお邪魔して、長らくお借りしていた

    ベリルちゃんをお返ししてきました。

    uchidaさんちとボクんちは結構ご近所なんです。
    イメージ 1
    このベリルちゃんは、2ヶ月半ほど、走行距離にして2000kmほど普段の足車使わせて頂きましたが、

    本当にいい車でした。

    お返しする時点では17.6万キロを走破していましたが、ボディのヤレなど全くなくカチッとしてます。

    このベリルちゃんに乗るまで、124についてはセダンではE320LTDを2台、E300 4MATICを1台、

    ワゴンではE320T LTDを1台(全て’95最終)乗り継いできましたが、

    ボクが所有してきたものは全て走行距離が少なめで、10万キロを超える個体に乗ったのは

    このベリルちゃんが初めてでしたが、124特有のカチっとした剛性感は、

    今まで乗ってきた124達と全く変わらず、あらためて124の凄さを思い知らされました。

    124はしっかりとメンテさえやってあれば、何十万キロ走ってもヤレない車です。

    この車を選ぶ時は、走行距離に惑わされず、しっかりと自分の目でコンディションを確認して選ぶべきだと思います。

    そうすれば、意外と安い値段でお宝をゲットできる可能性がありますし、手に入れてからもきちんと愛情を注いでやれば

    一生モノとして付き合っていける車です。

    まさにポルシェと同じですね。

    そーゆー事をこのベリルちゃんを通して実体験出来、今回は非常に勉強になりました。
    イメージ 2





    で、↑の画像の奥にチラリと写っているシルバーの物体が気になる方もいらっしゃると思いますが・・・





    ↓これもuchidaさんが所有している、ブリリアントシルバーのE36Tです。
    イメージ 3
    ベリルちゃんと入替で、今度は↑コレをお借りする事になりました。(笑)

    実を言うと、少し前にuchidaさんから「そろそろベリルちゃん以外の他の車にも乗ってみますか?」との

    めちゃめちゃ暖かい神のようなお言葉を頂いたので、図々しくもそのお言葉にそのまま乗っかられて頂き、

    数あるuchidaコレクションの中から、今回はこのE36Tを指名させて頂きました。

    実はこのE36Tには以前から興味深々で、自分でもいつかは一度は手に入れてみたいと思っている

    車の中の一台なんです。

    しかもuchidaさんの個体はフツーのE36Tとは訳が違います。

    通常、E36Tは他のS124と同じくATは2速発進なのですが、

    uchidaさんのE36Tは、ナントC36前期用ATに換装されていて1速発進します。\(◎o◎)/!

    しかもATとデフは先日OHしたばかりで、サブマウントも交換済。

    しかもしかも、リアのアキュームレータを新品交換して修理から帰ってきた出来立てホヤホヤの状態です。

    こんなバリモン、足車に使わせて頂いてよろしいのでしょうか。(^^;




    っつーコトで、昨日は早速このE36Tで茂木まで走りこませて頂きました。




    まずは首都高に入り、
    イメージ 4
      




    常磐道に乗り、
    イメージ 5





    常磐道から茂木までの山道を走り、
    イメージ 6





    ツインリンク茂木に到着です。
    イメージ 7

    今まで乗ってきた素の124とは、アクセルに足を乗せた瞬間から明らかに違ってました。

    こんなにアクセルを踏んだ感覚通りに車が反応していく124は、初めての経験です。

    もしかすると出足のレスポンスはE500より上かも知れませんね。

    この車のインプレを書き出すと文章が長くなってしまいそうなので、

    詳しい事は後日書きます。



    で、アイドラーズが終わってからパドックにも乗り入れてみました。

    S124はレースのサポートカーとしても使っている人も多いせいか、なかなか溶け込んでます。(^^)
    イメージ 8

    今回の茂木は応援だけでしたが、行きも帰りもE36Tでのドライブだったし、

    アイドラーズの観戦についてもお友達が沢山出てたので、自分で走ってもいないのに結構楽しめました。

    このアイドラーズの観戦については、明日にでも詳しく書きますネ!




    ↓裏方スタッフかおりんのブログもよろしくです!
    裏方スタッフのつぶやき日記♪
    こっちも鋭意更新中♪

    昨日は足立ベースにずっと居ました。

    あるふぁ君が会社の人連れて遊びに来たり、ベリルちゃんとW221をピカピカにしたり

    色々やってたらあっいう間に時間が過ぎていってしまいました。


    ↓これがピカピカになったW221。
    イメージ 1

    イメージ 2
    元々めちゃめちゃキレイな車なんですが、ドアップでよ〜く見ると、

    うす〜く水垢が付いてたので、カンペキにキレイにしておきました。

    かおりんと2人がかりで4時間ほどかかってしまい、フラフラになりました。(^^;

    でも、その甲斐あって黒いボディカラーにも深みが増して、メッキのモール部分もピカピカです。

    前々からやりたかったんですけど、やっとこれでスッキリしました。(^^)



    今日はこれからuchidaさんにお会いして、お借りしていたベリルちゃんの返却です。

    そのあとは、もてぎに行ってアイドラーズの応援に行ってきます。

    今回はお友達が沢山エントリーしているので、久しぶりにみなさんにお会いしてきます♪



    ↓裏方スタッフかおりんのブログもよろしくです!
    裏方スタッフのつぶやき日記♪
    こっちも鋭意更新中♪
    http://analyzer52.fc2.com/ana/icon.php?uid=1730641&ref=&href=&wid=0&hei=0&col=0

    おはようございます。

    最近、朝がめっちゃ寒くなってしましたねぇ。。

    こう寒くなってくると、布団から脱出するのに時間が掛かってしまい大変です。(^^;


    今日は午後から足立ベースに行って、久しぶりに↓コイツと戯れようと思います。
    イメージ 1

    あとは友人の会社の方が転勤で車を売却希望との事なので、

    足立ベースに車でお越し頂き現車確認です。


    そーいや、明日はもてぎでアイドラーズですよね!

    一年前のこのレースでじゅんのすけ号のエンジンが逝ってしまったんですけど、

    あれからもう1年経つんですね。

    長いような短いような・・・やっぱ長いな!(^^;

    来年のこのレースには、必ずグリッドに並んでたいと思います。

    明日出られるみなさん、応援には行けないけどがんばってね〜♪



    ↓裏方スタッフかおりんのブログもよろしくです!
    裏方スタッフのつぶやき日記♪
    こっちも鋭意更新中♪

    W211がウチに来てから、あまりの快適さについつい引っ張り出して乗ってみたくなってしまいます。

    だから先週までは足立ベースに置かずに、すぐに乗れる自宅マンションの駐車場に置いてありました。
    イメージ 1
    こうやって隣のベントレー君と2台デカイのが並んでると、かなりド迫力です。



    こうやって見ると、W211もデカイですけどベントレーちゃんは更にデカイです。
    イメージ 2

    イメージ 3
    このW221が来るまでは、こんなに狭い東京でデカイ車なんて絶対必要ないぢゃん!とか思ってましたけど、

    乗ってみると意外とフツーに乗れてしまいます。

    特にW221は小回りが効くから、車庫入れや縦列駐車だってフツーに出来ちゃいます。

    それにバックカメラやパークトロニックがアシストしてくれるので、むしろフツーの車より車庫入れが楽かもです。

    てっきり東京でW221に乗ってる人は、みんな痩せガマンしながら見栄で乗ってるのかと思ってたら、

    全然そんな事はないんですね。(笑)

    ベンツのSクラスばかり乗り継いでいる人も結構いますが、一度Sクラスに慣れちゃうと、

    フツーの大きさの車では、なんだか物足りなくなっちゃうんでしょうね。

    だってSクラスって、やっぱ乗ってて気持ちいいですもん。

    てな訳で、東京でSクラスばかり乗り継いでる人の気持ちも、今ではなんだかわかるような気がします。(^^)



    ↓裏方スタッフかおりんのブログもよろしくです!
    裏方スタッフのつぶやき日記♪
    こっちも鋭意更新中♪

    このページのトップヘ