ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。ナローから991まで、ポルシェの中古車の事なら何でもお任せ下さい。

ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。996/997コンプリートカー、964/930ナロールック等、自分だけの一台も製作致します。





    2012年12月

    以前にも書いた事がありますが、ウチのGT3は4シーター登録になってます。

    最初のオーナーさんが新車で並行輸入をして、996カレラのリアシートやシートベルトを取り付けて

    4人乗り登録してあります。
    イメージ 1



    実際、リアの座席は↓こんな感じになってます。
    イメージ 2
    背もたれは付いてませんが、この状態でも登録は出来るし車検も通るようです。

    でも、一応背もたれも持ってます。(笑)
    イメージ 3
    前オーナーさんが、いつかリアシートを使うような時が来たら取り付けるつもりで、

    996用の背もたれを準備してあったそうで、それも車両と一緒に譲って頂きました。


    昔っからポルシェって、RSとかGT3とかGT2などの走りに振ったプレミアムなモデルについては

    軽量化の為にリアシートを取っ払って2シーター化してある事が多いです。

    でも、ポルシェを購入する際、家族への言い訳として、「4シーターだから家族で楽しめるじゃん」と

    苦しいながらも説得の材料として使ってる人も多いはず。(笑)

    ポルシェのリアシートなんて実際には小さな子供以外は使えるシロモノではないですけど、

    使う使わないは別として、それでも4シーターというだけでなんとか説得に成功した人も沢山いらっしゃいます。(^^)

    でも、そんな方達にとって2シーターであるRS系やGT系のポルシェは、いくら欲しいと思っても、

    端っから購入対象から外さざるを得ない存在です。

    そーゆー家庭環境の方って意外と多いはずですから(つか、そっちのほうが一般的?)、

    そう考えるとなんでこんな風にGT3をわざわざ4人乗りにした人がいるのか、理由は明白です。

    多分ですけど、この4シーターのGT3は、家族に対しては4シーターである事を理由に購入を納得させる必要はあるけれど、

    でも、ポルシェに乗るからには走りの方向に振った、より刺激が大きいモデルイがイイというメッチャわがままな人が、

    インポーターに大枚を叩いて特別に輸入してもらって作らせた車に違いありません!(笑)

    こんな都合のイイ車ってそうそうあるものではありませんが、家族への言い訳を考えながらポルシェを購入しないといけないという

    同じような境遇の方も沢山いらっしゃるはずです。

    そーゆー方には是非、この4シーターのGT3で楽しんで頂ければと思います。(笑)

    イメージ 1

    今日は白いカレラ4が旅立って行きました。

    本来であればもう少し早く旅立って行く予定だったのですが、

    オーナーさんが納車直前に入院してしまい、その退院待ちで少し遅れての納車になりました。

    年末ギリギリでしたけど、なんとか今年中にお渡し出来て本当に良かったです。

    それにしても、なんだか最近、納車日が近づくとオーナーさんが入院されてしまうパターンが

    立て続けに起こってしまってますが、今回はちゃんと車をお渡し出来て本当に良かったです。(^^;


    今回の次期オーナーさんは、宇都宮にお住まいの方。

    ポルシェについては今回がはじめてになりますが、ここまで来るにはとてもご苦労されておられます。

    実はボクの所にご連絡を頂く前に、別の車屋さんで964を購入されて納車もされたのですが、

    車の状態があまりにも聞いてた状態とかけ離れており、車を引きとってその日のうちに

    次から次へとトラブルが続出したそうです。

    はじめてのポルシェなのに、いくらなんでもこの状態では行く末が不安になり、

    意を決して買った車屋さんにキャンセルの電話を入れ、金銭的に多額の損になるのは承知の上で

    翌日に思い切って車を返してきたそうです。

    で、ボクの所にご連絡を頂き新しいポルシェを探すことになったんですが、

    こんなにバリモンのカレラ4が見つかって本当に良かったです。

    走行4万キロそこそこで、エンジン/クラッチOH済、足回り新品交換済なんていう超バリモンの964なんて

    いくら探してもそうそう出てくるものではないので、オーナさんのポルシェに対する熱い想いが

    この車の事をたぐり寄せたんでしょうね。

    退院して間もない中ご自宅まで乗って帰られる事になってしまったので、体調が大丈夫か心配でしたが、

    先程無事にご自宅まで戻られたというご連絡を頂いたので安心しました。

    それにしても今回は良いのが見つかって本当に良かったですね!

    この車だったらしばらくは安心して乗って頂けると思います。


    この度は数ある中からGARAGE−Jのポルシェをお選び頂き大変有難うございました!

    これからも同じポルシェ仲間として、末永いお付き合いの程宜しくお願い致します。

    昨日の晩、事務仕事が煮詰まったので気分転換にGT3で首都高をひとっ走りしてきました。

    イメージ 1
    イメージ 2

    そーいえばこのGT3がウチに来てから、あまりブログには登場させてませんでしたよね。(^^;

    調子が悪いから乗ってないとかそんなんではなく、むしろ車はメチャメチャ調子はいいんですけど

    ボクのほうが今までコレに乗ってるヒマが全然ありませんでした。

    せっかくGT3があるのにもったいないですよね。

    っつーコトで、これからはヒマを見つけて少し乗りたいと思ってます。


    で、今日の感想。

    クラッチがシングルマスになってる以外はドノーマルなんですけど、めちゃめちゃ良く出来てますね。

    つか、「シングルマスだけ」のこの仕様がなかなか良いのかも。

    GT3系は今まで黒い後期のストリートと、白い後期のクラブスポーツが各1台ずつやってきましたし、

    6スロ+フルコンの変態カップカーも1台やってきて、それぞれがとんでもなくイイ車でしたけど、

    今回やってきたこの前期GT3シングルマス仕様も、すげ〜イイかもです。

    何がイイかというと、一言で言えばフィーリングが空冷にすごく近いところにあるからです。

    それがすごく感じるのが例えばエンジンのレスポンス。


    6スロ+フルコンの変態カップみたいなバケモンの事はちょっと置いといて(笑)、

    シングルマスクラッチの前期GT3のビンビンレスポンスは、空冷ポルシェと比べても遜色ないくらいですが、

    これが後期GT3だと、たとえシングルマスにしたところでこのレスポンスはマネ出来ません。

    スロットルが電動になった影響でしょうか・・・?

    ボクのように964のRSクラッチに乗りなれたような人が、後期GT3に乗ってヒール&トゥをすると

    ブリッピングの吹けがどうしてもワンテンポ遅れるので、シフトダウンのタイミングが合いにくいのですが、

    このシングルマス仕様の前期GT3だとスパッと決まります。

    これは超気持ちイイですね。

    ボクは個人的に、このシングルマスの前期GT3こそが、ポルシェらしいレスポンスを持った

    最後の911だと思ってます。

    しかもパワーは360馬力も出てるし(964だとRSでも260馬力、993RSでも300馬力)、

    滑り出したあとの挙動は素直だし、エンジンは8千回転までよく回るし、ギアはクロスしてるし(しかも6速)、

    エアコンは良く効くし(笑)、964に長年乗ってきたボクからすると、欠点を見つけるほうが難しいです。

    もちろん絶対的な速さから言えば、996後期のGT3や997以降のGT3の方が速いんでしょうけど、

    昔ながらのポルシェらしい楽しみ方が出来るという点や、限りなくメンテナンスフリー化された水冷の良さ、

    価格面や速さ等、トータル的なバランスを考えると、この996前期のGT3が歴代ポルシェの中で

    最も優れているモデルの一つだと考えています。

    超マジメな話、たとえばボクがまだポルシェを手に入れておらず、

    サーキットも視野においてこれからポルシェを購入しようとしているのであれば、

    多分非常に高い確率で、この996前期のGT3を選択すると思います。

    その証拠に、この個体をマジで自分のものとしてキープしてしまおうと真剣に考えてたくらいですから。

    そんくらいこの前期GT3はイイ車だと思います。

    イメージ 1

    沢山のお問合せを頂いているX5ですが、先日日本自動車査定協会(JAAI)さんに

    出張査定してもらった結果が、証明書として郵送されてきました。
    イメージ 2
    もちろん修復歴はありませんでしたが、驚いたのは車両状態の欄。

    赤丸の中に車の展開図のような絵がありますが、何も記述はされてませんでした。

    車の査定をしてもらった事がない人にとっては「???」な事だと思いますが、

    ココに何も書いてないって、実はスゴイ事なんです。(^^)

    簡単に言うと、「外装の状態は新車と遜色ありませんよ」という事。

    今まで何十台もJAAIさんに査定してもらってますが、ココの査定士さんってかなり細かい所までよ〜くチェックするので、

    一般の人の目ではまず判別出来ないような小さな小さなキズやエクボや塗装跡まで全部拾って、

    どんなにキレイな車でも、通常何かしらはこの絵の中に記述されてるものなんですが、

    今回のX5のようにまっさらな空欄になってるのはマジでめずらしい事なんです。

    それほど状態が素晴らしいこのX5ですが、価格は新車の時の半値以下。

    このX5を手にする次期オーナーさんは、本当にお得だと思います。

    今日は午前中に先日やってきた996ベース車を、点検&整備&HID取付等々の為

    シンシュウさんに移動させてました。

    今日は年末のせいか道が超激混みでしたけど、快適仕様の996だったので自走での移動もラクチンでした。
    イメージ 1

    イメージ 2
    今日みたいな寒くて混んでる日は、シートヒーターと地デジが本当に助かります。(^^)

    スポーツカーを代表するポルシェといえども、こんな超快適仕様の996のティプトロだったら、

    初めてポルシェに乗る人でも全然違和感なく・・・というよりも、めっちゃフツーに乗りこなせてしまうと思います。


    で、ぬくぬくのシートでテレビを見ながら無事にシンリュウさんに到着♪
    イメージ 3
    調子のいい車だから点検してもほとんど何も出てこないと思いますけど、

    とりあえずHIDの取付とか、その他諸々をお願いします。




    で、午後は江北ベースに先日GT3仕様の996カレラをご購入頂いたSさんがご来店。
    イメージ 4
    相変わらず紺の外装&ベージュの内装の色合いがキマってます!

    もしかすると本物のGT3よりカッコイイかもですね!(^^)

    っつーコトで、せっかくなのでウチのGT3と並べてみました。
    イメージ 5
    ん〜、やっぱGT3にも引けをとってないですね。(^^)


    Sさんは本物のGT3にはまだ乗った事がないとの事だったので、試しに乗ってみてもらいました。

    その感想は、確かに低速のトルクやエンジンのレスポンス的にはGT3の方が上だし、

    ピークパワーも差はあるけれど、公道を中心に楽しむのであればカレラでも十分という印象との事。

    確かにその通りで、サーキットをガンガン走るのならGT3のほうが良いけれど、

    街中や高速や峠を楽しむ程度であればカレラでも全然速いし、価格/性能比のコスパで考えるのであれば

    カレラの方が圧倒的にイイと思います。

    996って、結構GT3とかGT2ばかりに目を奪われがちですけど、

    カレラでも十分速くてイイ車だと思いますし、値段もかなりこなれてるので、

    もしかすると今市場に出回っているポルシェの中で、996カレラが今一番お買い得かも知れません。

    996カレラって、もっと評価を見直されるべきだと思います。(^^)

    最近、毎日着る仕事着が足りなくて、買いに行こうかどうしようか考えてたんですけど、

    どうせならGARAGE−Jオリジナルの仕事着を思い切って作る事にしました。

    こーゆーのがあれば、ま、言ってみれば制服みたいなもんだし、毎日何着ていこうか考えなくて済みますからね。(^^)

    で、今回作ったのが厚手でフード付きのブルゾンと、薄手のスタッフジャンパーと、スタッフエプロン。
    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4
    製作については、9月までウチにあった996カップの元オーナーでいつも懇意にさせて頂いている

    Kさんにお願いしました。

    Kさんが経営されている会社の通販部門のsurishi.comさんで、製作してもらったんですが

    ほとんどおまかせだったにも関わらず、超カッコイイ感じに仕上りました。

    通常ですと、こーゆーオリジナル品を特注で作ってもらうと、結構お値段も張ってしまうんでしょうけど、

    surishi.comさんの場合は、自社工場だから細かい要望にも答えられるだけではなく、

    早い・安い・高品質というのが大きな特徴です。

    今回作って頂いたものも、メッチャ小ロット(厚手・薄手×5枚ずつ、エプロンは×3枚)にも関わらず、

    短納期で、しかもすげ〜リーズナブルに仕上げて頂きました。

    ちなみに初めて注文する時は、プリントの型代は当然かかってしまいますが、

    なんと1枚からのオーダーにも対応出来てしまうそうです。

    アパレル品でもマグカップのような記念品でも、思ってた以上に結構お手軽に出来てしまうので、

    ご商売されてる方はもちろんの事、チームとかサークルなんかで記念に作ってみるなんて事も出来ると思うのでオススメです。(^^)

    先日の出張査定してもらった記事にもチラリと画像だけは出てましたけど、

    先週、↓こんな993が新しくやってきました。
    イメージ 1
    ’95年式993カレラ(ティプトロ)、色はポーラシルバー/黒革のノーマル車両です。

    鑑定してもらったばかりなので、もちろん修復歴は絶対ナシ!

    距離は6.9万キロですが、この車もなんとエンジンフルOH済です。

    OHはポルシェセンター世田谷で行われており記録簿も残ってますが、OHしている模様の写真も沢山付いてます。

    その他、記録簿や明細等が21枚!

    前オーナーさんは13年以上所有されておられ、愛情とお金が注がれ続けてきた車両です。

    ちなみにHDDナビやシートヒーター(希少)も付いてて、エアコンもバッチリ!

    車検はH26年1月31日までタップリ残ってます。

    先日ポリマー加工してボディはツルツルのピッカピカです。

    年明けに点検&整備に出して、これからカンペキに仕上げていきますが、

    気になる方はお早めにご連絡下さい(911@garagej.co.jp)。

    イメージ 1

    嫁ぎ先を急募していたスピードイエローの993ターボですが、

    おかげさまで本日、新幹線で遠方から現車確認に来て頂いた方の所へ嫁いで行きました。

    大変有難うございました。

    次期オーナーさんは今日の午前中にお越しになられ、江北ベースで現車確認をして頂き、

    現金を置いて帰りはターボに乗って帰られました。

    とても行動力がおありになられるだけではなく、パシッと決める決断力をお持ちで、

    更には非常に気配りが行き届いたすばらしい方だったので、終始とても気持ちよくお取引をさせて頂く事が出来ました。

    大変有難うございました!

    次期オーナーさんがターボに乗ってお帰りになられた後、すぐに前オーナーさんと連絡を取り、

    入院されてる病院に向かって、次期オーナーさんからお預かりした現金と京都のお土産と、

    今回のと同じターボをネットで見つけたので、一緒にお付けしてお渡しさせて頂きました。
    イメージ 2
    今回はターボのサイズが少し小さくなってしまいましたが、復活されたら同じくらい痺れるポルシェを

    ボクがまた探してきますから、絶対に病気に負けないで下さいね!


    これで前オーナーさんが心配していた事が一つ解決したと思いますので、

    安心して闘病に専念して頂ければと思います。

    この度は次期オーナーさんはもちろんの事、他にもお問合せ頂いた沢山の方々、また、

    多方面に協力を呼びかけて下さった方々にも本当に深く深く感謝しております。

    あらためて、この度は大変有難うございました!

    先日、996の良さを再認識していますという内容の996が気になってますという内容の記事を書きましたが、

    この良さをもっと具体的に多くの人に知って頂きたいと思い、来年は年明けから具体的にプロジェクトを開始しようと思ってます。

    この996プロジェクトを、レーシングドライバーであり、数多くの会社の役員や、

    インターナショナルディレクターとして沢山の実績を持つ一楽さんとのコラボで進めていく事になりました。

    一楽さんが先日江北ベースに来られた際、996の話題で2人で盛り上がってしまい、

    ほとんどその場のノリで「やろう!」という事になってしまったんですが(笑)、

    やると決まれば即、行動!

    早速お互いに出来る事からはじめてます。

    一楽さんは海外事情の調査や国内の協力工場の調整等々・・・(仕事が早くてスゴイです)。


    で、ボクが出来る事といえば・・・

    ↓996のベース車をオークション会場から買ってきました。(^^)
    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3
    ’99前期のティプトロで、走行距離5.8万キロのフルオリジナル。

    かなりパリッとしたカレラです。

    正直言うとキレイすぎてベース車にするのはもったいないかな?とも思ったんですが、


    赤いラグジュアリーな内装と、地デジ付きのHDDナビにやられちゃいました。(^^;

    これから一楽さんと共同でこの996をベースにカッコイイ奴を一台作ろうと思ってるんですが、

    コンセプトは「毎日使えて手軽に楽しめる911」です。

    なので、フツーの車のようにテレビ見ながら街乗りやデートにも使えるポルシェをベースにしたかったので、

    そういう意味でいくと今回仕入れてきたような内装がオシャレで地デジも付いた996は、

    まさに路線としてはドンピシャです。(^^)

    年明け早々にはこの車を関西に持ち込んで作業を開始します。

    どんなのが出来上がるのか、乞うご期待♪(^^)

    昨日は日本自動車査定協会の担当査定士さんに出張して頂いて、X5と996と993の3台を

    査定してもらいました。
    イメージ 1

    イメージ 2
    X5については先日記事をアップしましたけど、↑の996と993は「何のこっちゃ?」ですよね。(^^)

    この2台についてはまた後日詳しくご紹介します。

    とりあえず今回のこの3台も予定通り修復歴はありませんでした。

    自分の見立てでは修復歴がないはずだといくら自信があっても、必ずこうやって第三者の査定機関の確かな目で

    客観的に査定してもらわないと絶対に安心出来ないのが昨今の中古車事情です。

    みなさんがいまから購入されようとしている中古車は、本当に大丈夫ですか?(^^)

    このページのトップヘ