ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。ナローから991まで、ポルシェの中古車の事なら何でもお任せ下さい。

ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。996/997コンプリートカー、964/930ナロールック等、自分だけの一台も製作致します。





    2013年05月

    スピードイエローの1号車がいなくなってから、実はずっと2号車のベースを探してたのですが、

    やっといいのが見つかりました。

    ↓こんな車です。
    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4

    イメージ 5
    カッコイイでしょ?

    GTウィングとかフルエアロとかローダウンとかBBSとか、既に相当キマってる車両なので

    このまんまでも全然アリですよね。

    既に超カッコイイので、これをわざわざJTMODEで作り直すのも、

    正直、ちょっと躊躇してしまいます。(^^;

    っつーコトで、このまんまの仕様でご興味が涌いた方がいらっしゃれば、

    今ならこの形のままお譲りする事も可能ですので、イジる前にご連絡下さい。(笑)

    車の概要は以下の通りです。


    ’99年式 ポルシェ996カレラ(ティプトロニックS)

    ディーラー車
    左ハンドル
    修復歴なし
    走行距離:59,000km
    車検:2年付き(H27.6月迄)

    ローダウンサス
    BBS−LM(ゴールド)
    4本出しステンレスマフラー(ジュビリー)
    大型GTウィング
    シュネル製エアロ(F,S,R)
    HDDナビ
    HID
    ETC


    かなりキレイな個体です。

    車検が6月に切れますので、整備の上、車検を受けてから2年付きでお渡しします。

    ご連絡、お待ちしております。(911@garagej.co.jp もしくは 080-3217-0911まで!)

    先日の記事でチラ見せした間もなくやってくる予定のワイドボディの964C4ですが

    ただいま大阪でエンジン降ろしてバッチリ整備中です。
    イメージ 1
    パワステポンプやチェーンケース、タペットカバーなど定番箇所からのオイル滲みも

    徹底的にやっつけてもらってます。
    イメージ 2
    エンジンが終わったら、足のセッティングをしてアライメントも取ってもらいます。

    これまでもクラッチOHをはじめ、かなりキッチリ整備されてきている車なので

    今回これだけやっておけばしばらくは安心して乗れると思います。

    引き取り予定は来週の火曜日。

    やってくるのが楽しみです。

    昨日は午前中が996C4の納車だったのですが、夕方はアウディS4アバントの納車でした。

    それにしてもこの車、サイコーな車でしたよ!

    4.2LのV8エンジンはメッチャ吹けがイイし、ガツーンと踏んでやれば

    怒涛のトルクとクワトロシステムで、とんでもない加速をしていきます。

    おまけに大きさは丁度イイし、荷物は沢山積めるし、実用性もサイコー!

    家族みんなで使えるのに運転はメッチャ楽しいし、そんじょそこらのスポーツカーなんて

    ぶっちぎってしまえるほどの性能も持ち合わせた最強のファミリーカーだと思います。

    家族持ちの車好きなお父さんが1台しか車を持てないとするのなら、

    多分このS4は最高の1台だと思います。
    イメージ 1

    イメージ 2
    今回このS4をご購入頂いたのは、ポルシェ仲間の変態650馬力のTさんのお友達のOさんという、

    茅ヶ崎にお住まいのナイスガイな方ですが、こーゆー風に車仲間の輪がどんどん広がっていくのも

    最高に嬉しいです。

    この度はガレージJからS4をご購入頂き大変有難うございました!

    今日の午前中はHさんの996C4の納車でした。

    この996については納車前整備に手間取ってしまい、予定より大幅に納車が遅れてしまいました。

    大変申し訳ありませんでした。m(_ _)m

    でもその分、きっちり仕上げてきたつもりですので必ず気に入って頂けると思います。
    イメージ 1

    イメージ 2
    今日はHさんはお仕事はお休みとの事なので、お引渡しが終わってから早速遠出の試運転に

    出かけられました。

    このあとの天気がビミョーですが、雨が降ったら降ったでポルシェの4駆システムの凄さを

    感じて頂けると思います。

    RRのポルシェとは違って、どんな天気でもガンガン踏んでいけますが、

    でも、くれぐれも飛ばしすぎには注意してくださいネ!(^^)

    実はこの996については、ここまで辿り着くまでに結構苦労も多かったのですが、

    こうやって納車の時にお客様の嬉しい顔を見ていると、今までの苦労も吹き飛んでしまいます。

    Hさんは家もすぐご近所ですので、これからもちょくちょく遊びに来て下さいネ!


    この度は数あるお店の中からウチにポルシェ探しのご用命を頂き大変有難うございました。

    これからも同じポルシェ仲間として、末永いお付き合いを宜しくお願い致します。

    イメージ 1

    エンジンがぶっ壊れたまんま放置プレイ中のじゅんのすけ号ですが、

    実はツバを付けてあった最強エンジンがあって、

    夏ごろには復活かぁ?と、ひそかに金策しながら企んでいたのですが、

    すぐにでも欲しいという人が現われたらしく、「そっちに回していい?」って

    エンジンのオーナーさんから打診がありましたので、ご迷惑にならないように

    とりあえずボクはそのエンジンを諦める事にしました。

    超いいエンジンでしたけど、今すぐはムリですし・・・仕事優先です!(^^)

    っつーコトで、また復活のメドがしばらくなくなってしまいましたが、

    ま、あまりムリをせずじっくり「その時」が訪れるタイミングを見図ろうと思います。

    一部の方には期待させちゃいましたが、ま、そーゆーコトになりましたので、スイマセン。(^^;

    昨日はタコ足付けたてホヤホヤのKさんのマリタイムブルーの964が来てたのですが、

    この964にはダックテールが付いてるので、ウチのデモカーの996を横に並べて

    ダックテールを見比べてみました。
    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3
    水空ダックテールの競演♪

    ん〜、やっぱポルシェのダックテールはイイ!(^^)


    実はJTMODEのダックテールは空冷のダックテールと比べて少し小ぶり作ってあるのですが、

    これは空冷と水冷とではリアの傾斜角が若干違うために、JTMODEのダックは

    全体的なバランスやリア周りのラインを考えて少し小さめに作ってあります。

    大きさ的に言えば、空冷のものよりも997の限定車のスポーツクラシックのダックテールに

    近いかも知れません。
    イメージ 4
    ↑コレもめっちゃカッコイイですよね。

    でも、日本での販売台数は12台で価格は2740万円。。

    JTMODEの996と色は同じで形もちょっと似てますが、

    値段は10倍くらい違います。。(^^;

    ボクには宝くじでも当たらないと買えません。。。

    昨日は先日から製作に取り掛かってたKさんの964のエキゾーストが完成したので

    試乗させて頂いてました。

    それにしてもこのエキゾースト、見た目から凄い。

    取り回し方の美しさといい、溶接のキレイさといい、これはもう芸術品です。
    イメージ 1
    こーゆーのは何時間見てても飽きませんね。


    凄いのは見た目だけではありません。

    ご近所に迷惑にならないように工夫をしながら、自分自身も快感を得ることが出来、

    なおかつ軽量化と高回転域のパンチ力向上をも実現してしまうという、超凄いマフラーです。(^^)

    ちゃんとヒートエクスチェンジャーが備わっているという点も見逃せません。


    実際に乗ってエンジンをかけてみると、まずアイドリングの静かさに驚かされます。

    これは本当に静かでそれこそノーマルと同等くらいの音量で拍子抜けしてしまうくらいです。

    車を動かしても、エンジンにあまり負荷をかけないようにそぉーっと動かしてるぶんには

    その静かさはノーマルとほとんど差が有りません。

    ところが一旦アクセルをドーンと踏み込み、エンジンに負荷をかけて排圧を上げると

    まるで先ほどまでとは別の車に生まれ変わったかのように「クウォ〜ン♪」と超甲高い音色で車が吠えだします。

    その音色は4千回転付近で更に澄んだ音に切り替わり、そして6千回転からレブまでの領域で絶頂を迎え、

    この時のエンジンのパンチはノーマルエキゾーストの964とは全く別次元です。

    その絶頂期での音色は高音で硬い金属質な音色で、ポルシェのフラット6というよりはFの音色に近く、

    これまで聞いたどの964のタコ足の音色よりも色っぽくて官能的です。

    ボクはこれまで色んな種類の964のタコ足を見てきましたけれども、

    こんなに普段は静かで、しかも必要な時に踏んでやればいつでも官能的な高音を奏でてくれるような

    こんな便利な見たことがありません。

    まるで音量の切替機構がマフラーに付いてて、その音量のコントロールをアクセルの踏み具合で自動的に

    制御してるかのような感覚で、これには本当に驚かされました。


    近所迷惑にならず、必要な時は官能的な音を奏でて、しかもパワーが大幅に向上して

    軽量化も20kg以上出来てしまい、ヒーターも効くという、こんな素晴らしいタコ足はなかなかありません。

    価格も通常のタコ足+マフラーから比べるとビックリするくらい安いので(工賃込みで40万円前後)、

    これは絶対オススメです。

    ご興味のある方は 911@garagej.co.jp までお問合せ下さい。

    6月に入ったら、今度は↓こんな964がやってきます。
    イメージ 1
    サンバースト製のGT2ルックでワイドボディ化されたC4です。

    ただいま関西で整備と足のセッティング中ですが、作業が終わったタイミングで現地に行って連れて来ます。

    昨年、外装に300万円以上かけて制作されたばかりのピッカピカの964ですが、

    「訳あり」なので、激安プライスを予定しています。

    乞うご期待!

    納車準備にお時間を頂いているHさんの996C4ですが、

    整備が一通り終わり、今日一瞬だけウチに戻ってきましたが、

    ドアの凹みの修理の為、またすぐに板金屋さんに引き取られて行きました。(^^;
    イメージ 1
    来週の水曜日に納車の予定なのですが、なんとかギリギリ間に合いそうです。

    本来であれば6/15が車検なので、車検を取ってから納車したかったんですけど、

    一日でも早く乗って楽しみたいというHさんのご希望もあり、

    一旦納車した後に、6月に入ったらまたあらためて車検でお預かりさせて頂きます。(^^)

    本当に長らくお時間を頂いておりましたが、いよいよ来週です!

    Hさん、楽しみにしてて下さいネ!

    ウチは基本的に修復歴のない車を扱っており、それを客観的に担保する為にも

    全ての車を日本自動車査協会にて鑑定をしてもらい、証明書を発行してもらってます。

    それは個人の方から買い取らせて頂いたり委託販売形式でお預かりしている車はもちろんの事、

    業者オークションで仕入れてきた車(オークション出品前に会場の査定士が査定済)であっても

    同様に鑑定してもらい証明書を発行してもらってます。

    何でイチイチこんな面倒くさくてコストもかかるような事をやってるのかというと、

    世の中には実は修復歴があるのに修復歴がない前提で出回っている車がゴロゴロあるからです。

    この手の話の事例については、ブログではあまり具体的な事は書けませんけど、

    お店に遊びに来て頂いた方にはいつも具体例を赤裸々にお話させて頂いてますし、

    この手の話についてはそれこそ一晩中でもしゃべっていられるくらいネタは豊富にあります(笑)。

    それほど修復歴を偽って販売されてる車は、只今現在も店頭やネット上にゴロゴロ転がってますし、

    素人が見たってまず気が付かないほど精巧に修復された車も多いので、

    もしかすると修復歴が表に出ないまま廃車になっていってしまう事故車も多いのかも知れません。

    では、修復歴のある車はいかなる場合も手を出すべきではないのでしょうか?

    ボクはそうとは思いません。

    ボクがこんな事書いてしまうと、日頃修復歴の有無に対してとてもシビアになってるのに

    いつもと全然矛盾してるぢゃん!って思われるかも知れませんけど、ボク自身の考え方としては、

    修復歴のある車を修復歴がないと思って(騙されて)高く買うのは絶対ダメだと思いますが、

    修復歴のある車を修復歴があるという事を知った上で、それを割り切って安く買う分には全然OKだと思います。

    特に走行に支障のない程度の修復歴であれば、走りを楽しむぶんには何も問題ないわけで、

    しかもそれを安く買えるのであれば、とてもお買い得な買い方であるという考え方もあると思います。

    たとえばポルシェの場合、そういうケースがあてはまる事がよくあります。

    下の写真はボクの964のフロント周りですが、車の先端からストラットの位置までの長さは

    結構距離があって、しかもFR車のようにココに重たいエンジンが載っかってる訳ではなく

    ほとんど空洞になってるので、フロントがぶつかって損傷を受けても、

    ストラットまで影響が出にくくなっています。
    イメージ 1
    ボクの今までの経験からしますと、ストラットの付け根の部分に多少の歪みがあって、

    さらにAピラーまで少し歪んでしまっている場合であっても、

    大抵のポルシェは4輪アライメントが取れてしまいます。

    アライメントさえしっかり取れていれば、ほとんどの場合は走りに全く影響がない訳で、

    逆に言えば修復歴の有無よりも、アライメントが取れているか否かのほうが、

    車の走りを考えた場合、重要と言えるかも知れません。

    よくよく考えてみると、実践で使われてきたカップカーなんて、

    ほとんどの車がどこかしらぶつかっちゃってるので修復歴の有無で言えば

    「修復歴あり」の場合がほとんどですが、そんな車でもちゃんとレースで戦ってますもんねぇ。


    少し話が逸れてしまいますが、ポルシェの場合車高が低いので、フロントのフロア部分が

    縁石等にぶつけやすく、7〜8割のポルシェは↓ココに擦り傷程度はあると思います。
    イメージ 2
    ただ、ココをぶつけてしまったからと言って板金とか交換したりしてイジろうもんなら

    その瞬間からその車は立派な「修復歴あり」になってしまいますので、これは要注意です。

    こんな場所、走りには一切影響無いんですけどねぇ。。。


    というわけで、修復歴があってもそれをちゃんと知っていて、それが安く買えるのであれば

    その買い方は全然アリだと思います。

    しかもその修復歴が走りに影響のないものであればなおさらの事で、

    走りに影響があるものかどうかの判断については、アライメントが取れているかどうかが

    ひとつの判断基準になると思います。


    文章が長くなってしまったので最後に纏めますが、修復歴がない前提で売られている車は

    本当に修復歴がないという事を客観的に証明されたものを買う事が重要なので、

    その確認は疎かにしないで下さい。

    信じられないかも知れませんけど、騙されたという事例は語りつくせないほどゴロゴロあります。

    でも、修復歴がある車でも、それをちゃんと知った上で安く買うのであれば

    それはそれで一つのイイ買い方だとボクは思います。

    このページのトップヘ