ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。ナローから991まで、ポルシェの中古車の事なら何でもお任せ下さい。

ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。996/997コンプリートカー、964/930ナロールック等、自分だけの一台も製作致します。





    2013年11月

    今日はJTModeコンプリートカー7号車のベース車両が陸送で運ばれてきました。

    先日の記事でもご紹介した通り、今回はJTMode初のカブリオレです!
    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4
    今はオーシャンジェイドメタリックという色で上品な雰囲気してますが、

    これからコイツをオールペンして、ボディキットくっつけて、ベタベタのシャコタンにしていきますので、

    今の雰囲気は微塵も残らないと思います。(笑)

    5か月もお待たせしてるので、ツライチになるWORKの特注ホイールもかなり前から用意されてます。(^^;
    イメージ 5
    で、問題はここから先。。

    実はもう何か月も前からオーナーさんの脳内では、ボディカラーは「R35GTRのミッドナイトオパール」という

    昔のS30Zのマルーンに紫を少し足したようなメタリック色にかなり前から決まっていたのですが、

    ところがベース車両の内装と幌の色がグリーン系なので、組み合わせ的にどうなんでしょう。。。?
    イメージ 6
    鈑金屋さんから一応カラーサンプルもらってオーナーさんと一緒に検証はしてみるものの、

    なんとな〜くコーディネート的に無理があるような気もします。。

    ご本人はともかく、奥様の頭の中が既に「ミッドナイトオパール」でいっぱいになってしまっているそうなので、

    今更カラーチェンジしてしまうと奥様がガッカリしてしまわないか、そこが超心配です。(^^;

    なので、逆に内装と幌の色を「ミッドナイトオパール」に合う色にカラーチェンジする事も視野に入れながら、

    オーナーさんとじっくり打ち合わせしていこうと思います。(^^)

    JTModeコンプリートカー7号車のベース車両をやっと手に入れる事が出来ました。

    今回のはJTMode初!の996カブリオレです。(^^)
    イメージ 1
    この7号車はお客様からの依頼で製作するのですが、先程過去のメールを確認したところ

    このお客様から一番最初にご連絡頂いたのが今年の7月1日でしたので、それからなんと苦節5か月!!

    カブリオレは希少とは言うものの、ベース車がゲット出来るまで大変お待たせしてしまいました。(^^;



    明日、ベース車両が陸送でやってきますが、オーナーさんと現車見ながらオールペンするボディカラーや

    細かい仕様を詰めた上で、早速製作に取り掛かります!(^^)

    イメージ 1

    昨年旅立って行った白いRS仕様の993が、この度戻ってくる事になりました。

    今回現オーナーさんが964のMTをご購入され、当初はポルシェ2台体制の予定でしたが、

    車庫事情の都合によりやむなく売却する事になりましたので、次期オーナーさんを募集します。


    この993は、前のオーナーさん(川口にお住まいの方)もウチに遊びに来て下さった事がありますし、

    現オーナーさんも普段からとても懇意にさせて頂いてる方なので、

    この車についてはは素性がよーくわかるので安心です。(^^)


    RSルックになった外装もカッコイイですが、エンジンはOH済、ブレーキは本物RS等々、

    中身のほうも超魅力的なこの993ですが、詳細は以前販売させて頂いた時に記事を多数アップしてますので

    ↓こちらの書庫もご覧下さい。
    http://garagej.blog.jp/archives/folder/1617440.html


    ’96年式993カレラ(後期バリオラムエンジン)
    ティプトロ
    ディーラー車
    車検:H26.11月迄(車検取得後引渡し可)
    外装色:グランプリホワイト
    内装色:黒革
    走行距離:8.3万キロ(6.7万キロ時エンジンフルOH済 記録簿あり)
    修復歴なし
    記録簿多数(エンジンOH時含む)

    ビルシュタイン車高調
    RSブレーキ(ビックキャリパー+ローター)
    外装フルRSルック
    ネオバ
    社外ナビ
    ETC
    キセノン
    アイメックアルミペダル
    社外マフラー
    キーレス
    サンルーフ付き
    リアワイパー撤去

    ご興味がおありになる方は、お電話でお問合せ下さい(080-3217-0911)。

    それでは宜しくお願い致します。

    当社在庫車両の’92年式964Tipですが、昨日ご近所の川口にお住まいの方が見に来られ、

    その場で即決して頂きました。

    大変ありがとうございました!

    又、他にも複数の方にこの車をご検討頂いておりましたが、中古車は早い者勝ちが大原則となりますので

    ご了承の程お願い致します。
    イメージ 1
    今回ご購入をお決め頂いた方は元々964ターボをはじめ様々なポルシェに乗っておられたとの事。

    やはりポルシェを経験されてる方は、この964の良さがすぐにわかるみたいですね。(^^)

    以前ポルシェに乗られていた頃はUZIさんでメンテされていらっしゃったとの事なので、

    それだったら話は早い!

    この964もこれからUZIさんで納車前整備をしてもらってから

    納車させて頂きます。(^^)


    それと今回はお客様のお好みで、リアのGT2ルックのハネは純正フードに交換し、

    フロントリップも取り外し、更にはホイールもウチの手持ちの純正17インチカップホイールに交換して、

    ついでにマフラーもノーマルに戻します。
    イメージ 2
    パッと見はドノーマルだけどよく見ると車高は程よいシャコタンなっているという、

    渋めのカッコイイ964に変身させていきますので、納車を楽しみにしてて下さいネ〜!


    この度は数ある中から当社のポルシェをお選び頂き大変有難うございました!

    昨日はエンジンオーバーホール中の996パワーアップエディションの様子を見に行ってきました。

    OH作業のほうは交換対象パーツの洗い出しが終わり、これからどこまでの範囲をOHするか、

    予算との兼ね合いも含めて検討の上、パーツの発注に入るところです。

    今回交換するパーツについては今後追ってまたご紹介していきますが、

    その中でも996の定番箇所について少しピックアップしていきたいと思います。

    まずはよく噂される(?)インターミディエイトシャフトのベアリングから。

    そもそもインターミディエイトシャフトって何?って方もいらっしゃると思うので簡単に言いますと、

    エンジンの出力をタイミングチェーンに伝達するための棒がインターミディエイトシャフト(以下インタミ)

    になります。

    よく噂されるインタミ問題とは、このインタミが破損する事によってエンジンがパーになってしまう事を言ってるのですが、

    これは別にインタミそのものに問題がある訳ではなく、この棒の回転の支点になっているベアリングにガタが出てしまい

    結果的にベアリングに圧入されているシャフトが折れてしまったりして、チェーンをうまく駆動する事が出来なくなり、

    オイルポンプやカムの駆動タイミングが崩れてエンジンがぶっ壊れてしまう事を「インタミ問題」と言います。

    前置きが長くなってしまいましたが、↓これがそのよく噂される(?)インターミディエイトシャフトのベアリングです。
    イメージ 1
    前期型で使用されているデュアル・ロウというタイプのものですが、なんと日本製。。

    今回のOHでは、このベアリングも予防交換してしまいます。


    996カレラ系から997カレラ系にかけて全部で3つのベアリングの種類が存在しますが、

    一番問題視されており、ポルシェジャパンでもサービスキャンペーンの対象となっているのが、

    主に996後期(’01年式)から997初期(’05年式)にかけて使用されている

    シングル・ロウと呼ばれるタイプのベアリングについてです。

    ちなみに今回の個体(’99年式の996前期)で使用されているのはデュアル・ロウと呼ばれるタイプのもので、

    内部のベアリングが2列になっていてその分厚みも厚くなっており、シングル・ロウよりも耐久性があると

    言われています。
    イメージ 2
    ですので、インタミ問題が発生しているのもシングル・ロウが使用されている’01〜’05年式が最も多いらしく、

    だからポルシェジャパンがサービスキャンペーンの対象にしているのもその年式なんだと想像出来ます。

    ちなみになぜわざわざ996の前期のデュアル・ロウから、後期のシングル・ロウに変更されてしまったのかは

    ポルシェAG以外、誰もわかりません。。

    それと997の主に’06年式以降は大きめに改良されたシングル・ロウが使用されていて、

    それについてはインタミ問題は発生しないそうです。


    で、996前期のダブル・ロウと後期のシングル・ロウのベアリングに関しては、

    別にOHでエンジンをバラしたタイミングでなくても専用ツールを持っている工場に作業を頼めば

    ミッションを降ろせば交換出来るので、たとえばMT車であればクラッチ交換のついでにベアリングも

    交換出来ちゃったりするのですが、今回驚いたのがなんとこのベアリング、ポルシェ純正パーツとしては

    インターミディエイトシャフトごとASSY交換しないと部品が出てきません。。。

    ちなみにそのお値段はパーツ代だけで193,000円也!!

    これはいかがなものかと思いますが・・・・・(-"-;

    でも、心配はいりません。

    ちゃんと海外で対策品のベアリングを開発して、ベアリング単体を供給してくれるパーツメーカーが存在します。

    ここのベアリングはちゃんとダブル・ロウもシングル・ロウも用意されていて、

    実績も多く品質的にも今のところ大きな問題は出ておらず、極めて安定しているそうです。

    ですので、インタミ問題を気にして996を購入するのを避けて通ったり、

    996から別の車に乗り換えてしまったりする方々がいらっしゃいますが、

    そんなに心配なんだったら、ベアリングだけ対策品に交換してしまえばいいんだと思います。

    まー、そもそも、このインタミ問題が発生する確率を考えると、

    個人的には交換するのさえバカバカしく思えたりもするのですが、

    どーしても心配な方は是非対策品への交換をオススメします。

    それで精神的にエンジンがぶっ壊れてしまうかも知れないという恐怖から解放されるのだったら

    安いもんだと思います。


    もちろんガレージJでも、この対策品のインタミベアリングへの交換はお受け出来ますし、

    今後販売する996に関して、お客様からご希望があれば、インタミベアリングを交換後納車という事も出来ます。

    ちなみにコスト的には、この対策品のベアリングのパーツ代とミッション降ろしての作業工賃含めても

    純正パーツでインターミディエイトシャフトごとASSY交換するパーツ代(19.3万円)よりも

    全然お安くご提供出来ますので、ご希望の方は 080-3217-0911 までお問合せ下さい。(^^)

    ただしIMS対策作業につきましては、当社よりご購入頂いた車両のみとさせて頂きますのでご了承下さい。

    JT Modeコンプリートカー6号車を販売します。

    前期型996カレラをベースにJTModeボディキット(フロントバンパー、後期用ダックテール)と

    JTModeオリジナル車高調を装着し、964で人気のマリタイムブルーにオールペンされた6号車ですが、

    展示用としての用途が済みましたので、売りに出そうと考えてます。

    これから店頭やネット等で販売を開始する予定ですが、このブログをご覧頂いてる方には

    先行して、300万円という特別プライスでご案内させて頂きます。

    ご興味がある方は是非ご検討頂ければ幸いです。



    JT Mode PORSCHE996JT CompleteCar 6号車


    <ベース車両仕様>
    ’98年式 996カレラ(ティプトロ)

    ■ディーラー車
    ■ティプトロ
    ■マリタイムブルー(オールペン)/紺革
    ■87,000km(実走)
    ■車検期限:H27.3.30
    ■修復歴なし(日本自動車査定協会 車両状態証明書付き)
    ■法定点検&整備後お渡し

    ■オールレザーインテリア
    ■シートヒーター
    ■サンルーフ


    <オリジナル仕様>
    ■JT Modeフロントバンパースポイラー(ダクト穴あけ加工済)
    ■JT Mode後期996用大型ダックテール(997純正ハイマウントストップランプ付)
    ■JT Mode33段階調整車高調整キット(ピロアッパー付き)
    ■JT Mode専用オフセットWORK製18インチホイール(マットブラック)
    ■マリタイムブルーオールペイント
    ■センターコンソールマリタイムブルー同色ペイント/アルカンターラ張り
    ■ETC





    お問合せ先:080-3217-0911


    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3

    先日からプチ整形中だった先日嫁いで行った930改ですが、

    昨日作業が終わって戻ってきました。

    今回はサンバーストさんのダックテールの塗装・取付と赤かったホイールとドアミラーを

    マットブラックへと再塗装、それから赤いカナードとサイドデカールも撤去したですが

    これだけで随分なイメチェンになりました。
    イメージ 1

    イメージ 2
    今回作業して頂いた鈑金屋さんが気を利かせて製作して頂いたダックテールのワンオフグリルも

    かなりの力作で、純正のグリルよりも全然カッコイイです。(^^)
    イメージ 3
    これって純正パーツを調達すると結構高いので、こーゆー気遣いはとても助かります。


    この930はこの後引き続きボルケーノさんでマフラーの製作に入るのですが、

    いま流行りのアイドリングは静かで踏むと痺れる音がする超イカした奴を作ると社長さんも意気込んでましたから

    これもどんなのが出来上がるのかとても楽しみですね。(^^)

    イメージ 1

    昨日は木曜日だったので東京会場のオークションの日でした。

    お客様からのご依頼で3台狙いにイキましたが、昨日は残念ながらボウズでした。。

    3台のうち2台が滅多に出てこない希少車だったのですが、

    予算ギリギリの攻防の末、ほんの僅差で買えなかったのでめっちゃ悔しいです。。

    でも、こればっかりは縁だから気持ちを切り替えてまた次回以降頑張るしかないですね。(^^;


    ところで、こうやって毎週オークション会場に通ってポルシェの取引の最前線に身を置いていると、

    ほんのちょっとの相場の動きが手に取るように敏感に感じ取る事が出来るのですが、

    以前から話題になっている964(MT)の相場の高騰は少し落ち着きを取り戻しつつあるのかも知れませんね。

    相場が高騰してしまった原因は、とにかく車が海外へ大量に流出してるからなのですけど、

    最近それも一段落してるような気がします。

    会場にいても最近は外人さんの数が減ってきたように見えてしまうのも、

    もしかしたらそのせいなのかも知れません。

    更には964(MT)の相場が以前ほど極端な値が付かなくなった事を察知してか、

    964の出品台数が増加傾向にあり、もしかすると投機買いした964を大量に持つ投資系ブローカー達が

    投げ売りしているようにも見えます。

    もちろん、そうは言っても3〜4年前の相場から比べるとまだまだ高めであるのは間違いないですが、

    もう少しすると以前のような異常な相場は崩れてしまうのかも知れません。

    少なくともティプトロやカレラ4については、かなり相場が以前のレンジに戻ってきているように思います。

    RS系やカップ等のプレミアモデルについては元々台数が少ないので相場感がハッキリとは掴めませんが、

    多分こちらのほうも、かなり異常とも言える相場は近い将来には少し落ち着きを取り戻すのかも知れませんね。


    ただ、ポルシェの相場は株の動きと同じで誰にも読めません。

    ボクがこう書いたからと言っても最終的には自己責任ですので、慌てて動いて損しても絶対に恨まないで下さいね。(^^)

    あくまでも参考程度という事で・・・宜しくお願いします。

    お客様よりご依頼頂いてたケイマンSがGET出来ました。

    ’10年式のPDKで走行が2万キロちょっとのバリモンです!
    イメージ 1
    白の後期PDKの右ハンドルというのがお客様の絶対条件だったのですが、

    これがまた希少なんです。。
    イメージ 2
    でも、なんとかご予算の範囲内でうまくケイマンSがGET出来て良かったです。(^^)


    実はこの車以外にも何人かの方からご依頼頂いてるのですが、

    なかなか出物がなかったり、納得のいくコンディションのものがなかったりして

    永らくお待たせしちゃってる方には本当に申し訳ございません。m(_ _)m

    なんとかご希望に見合う車を見つけられるよう一生懸命頑張りますので、

    もう少々お付き合いの程よろしくお願い致します。

    昨年末から今年の2月にかけて、フロントロウさんでフルチューンした際の製作過程の画像を

    ご参考の為にアップします。(^^)
    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4

    イメージ 5

    イメージ 6
    昨日も沢山のお電話でのお問合せ、大変ありがとうございます!

    ただ、こういう車は現車を見ないと判断は出来ないと思います。

    既に現車確認にお越し頂いてる方もいらっしゃいますし、今週末にご予約を頂いてる方もいらっしゃいます。

    百聞は一見に如かずですので、ご興味がおありになられる方は是非ご連絡頂いた上で

    ご自身の目でこのスーパーポルシェを確かめて下さい。(^^)

    このページのトップヘ