DSC00922

今朝記事をアップさせて頂いたばかりの黄色いナローですが、あまりに沢山の方からお問合せがあり反響の大きさにビックリしてます。

お問合せ頂いた方々とお話させて頂いて気付いた事がありましたので補足説明させて頂きますが、この車両はヒョイと乗ってブルンとセルを回せばすぐに出かけられるような、思い立った時に気軽に街乗りに使えるようなシロモノではありません。

この手のレーシングナローを手なずけた事のある方なら容易に想像が付くかと思いますが、エンジンをかけるだけでもある程度の「儀式」が必要になりますし、ドライビングについても誤解を恐れずに申し上げるならば「ある程度乗り手を選ぶ車」だと思います。

もちろん日常のメンテナンスについても他のナローポルシェに準じますし、ボディに亜鉛メッキ処理が施される以前の年式ですので、錆の観点から青空保管は出来ません。

しかしながら、そういった煩わしさを許容出来てこの車の価値が本当にわかる方にとってみれば、これ以上ない魅力が詰まった車だと思います。

どうも今朝の記事が説明不足だったようで大変ご迷惑をおかけしておりますが、上記の点を十分ご理解頂いた上でご連絡頂ければ幸いです。

極めて特殊な車両でございますので、どういった楽しみ方をされるご予定だとか、仕様や乗った感じの詳細だとか、ご購入後のメンテ等々、ある程度お電話で会話させて頂きながらじっくりご説明させて頂きたいと思っております。

生意気に感じられるかも知れませんが、お名前も告げられず「とにかく値段だけ教えろ」的なお問合せを頂きましても、この車両に関しましてはそういったお問合せにはお答え致しかねますので、何卒ご理解の程よろしくお願い致します。m(_ _)m