委託販売中の993RSですが、本当に沢山の方からお問合せを頂きまして大変ありがとうございます。

世界的に価値のある名車の為、価格もそれなりに高額な事から車の価値はわかっていても、どうしても躊躇せざるを得ない方がほとんどだと思います。

というわけで、現オーナーさんともご相談させて頂いた結果、大幅に価格改定させて頂く事になりました。

今までお問合せ頂いた方の中で「もう少し安かったら是非欲しい」という方々もいらっしゃったと思いますので、そういう方は是非、再度お問合せ下さい(お電話でお願いします:080-3217-0911 担当:本田まで)。

P1270385
詳しい方ならご存知かと思いますが、この993RS(本国仕様)については新車時にはアメリカに輸出されていません。

ご存知の方も多いと思いますが、アメリカでは中古車は製造から25年経過しなければ輸入できないというルールがあります(25年ルール)。

ですので、アメリカの人がこの993RSをいくら欲しいと思っても、製造年が1995年なので(車台番号上は’96年モデルですが)基本的にはまだ輸入は出来ません。

で、それが解禁されるのが再来年(2020年)になるのですが、ここまでお話すればもうピンと来ますよね?(^^)

最近では、同じく新車時にアメリカに輸出されていなかったR32のGTRが25年ルールの解禁を機に相場が爆上げしてしまったのは記憶に新しいと思います。

もちろんこの993RSについても25年ルール解禁のタイミングでR32GTRと全く同じことが起こるかどうかは誰にもわかりませんが、そういう事も楽しみにしながら所有してみるのも、こういう役物ポルシェのオーナーになる醍醐味の一つなのかも知れませんよね。(^^)

なんだか話の内容が変な方向に行ってしまいましたが、25年ルールや相場云々の話は別として、そういうオプション的な話題がなかったにしても、この993RSは車としての魅力がタップリ詰まった特別なポルシェです。

本当にポルシェが好きな方にRSの乗り味をご堪能頂ければと思います。