P1340180

以前から何度かご紹介させて頂いている事ではありますが、最近当社でポルシェをお買い求め頂いてるお客様のうち、かなりの割合の方が残価設定型のローンをご利用されていらっしゃいます。

国産車などの一般的な車両を購入する場合は、新車や高年式の場合は何年か先の車両の価値がまだ読みやすいので、残価設定型ローンを利用する方も多いですが、中古車の場合は数年先のリセールが読みにくい(期待できない)ので、残価設定型ローンはあまり利用されていないかも知れません。

ところがポルシェの中古車の場合、一般的な車とは比較にならないほど高いリセールが見込めますので(むしろ中古車のほうが購入金額に対するリセール率が高い)、中古車の購入であっても残価設定型ローンを積極的に利用する方が多いようです。

しかもポルシェの中古車の場合、モデルの選択と個体のコンディションを見誤らなければ、かなり長い期間乗っても価値の下落は最小限で済むうえに維持費もある程度抑えることが出来るので、長期ローン(当社では8年が一般的)で購入し、月々の支払い額を抑えながら家計に負担を与えずにポルシェを楽しまれる方が多いです。

また、長期ローンの場合でも、一部繰り上げ返済がいつでも出来ますので、余裕のある時に少しずつ返済額を上積みしていけば、例えばローン開始時に8年ローンで組んだとしても、結果的に5年でローンが終わったり、残価設定額が0になっていたりする事もザラですし、また、3~4年だけ乗ってローンの途中で車を売却してローンの残債を全額返済し、次の車に乗り換える方もかなりいらっしゃいます。

ローン期間は上記のように途中で短くすることはいつでも出来ますが、逆に長くする事は通常出来ないので(厳密には長く出来るケースはありますが、話がややこしくなるのでここでは割愛します)、とりあえず長めにローンを組んでおいて、ローンを支払いながらその時点での維持費等を勘案し、途中で一部繰り上げ返済等を使って終了期間や残価設定額や月々の返済額を調整していかれる方も多く見受けられますし、とても賢い買い方だとボクも思います。
P1340333


たとえば今売り出し中の’09モデルの997カレラ(PDK、25,000km)は、初めてポルシェに乗る方でも色々な意味でかなり安心して乗れて、ポルシェらしい楽しみ方も満喫できる非常に人気の高いモデルですが、これを8年の残価設定型ローンで購入したとすると、8年後に車を売却した金額で十分支払いが可能な残価設定額を設定してローンを組んだとすると、月々5万円弱(49,734円)で乗ることが出来ます(具体的な計算方法についてはややこしくなるのでココでは書きません。興味のある方はお電話頂ければお答えします)。

月々5万円弱で一般的な車を5年ローン(均等払い)で買おうとすると、車両本体が大体250万円(税込)、乗り出し価格で大体270万円くらいの車しか買う事が出来ませんが、同じ乗るならどちらのほうが良いかについては、このブログをご覧になられてる方なら誰がどう考えたって距離が少なくてキレイな後期型997(PDK)のほうがいいに決まってますよね。(^^)


というわけで、997後期のPDKなんて夢のまた夢だなんて思ってるかたも沢山いらっしゃるかも知れませんが、全然そんなことはありません。

ちゃんとしたコンディションの個体を賢い買い方さえすれば、かなり多くの方に負担なくお乗り頂けるはずです。




なので、ポルシェの夢は絶対に諦めないで下さい。





もちろん上記の例に挙げた例はあくまでも一般例ですから、それ以外の購入方法や、その方その方に合ったローンシュミレーション等々、ご提案はいくらでも出来ますので、ポルシェは欲しいけど諦めてしまってる方は是非ガレージJまでご相談下さい(03-3855-1964 担当:本田)。


ただし、「奥様が反対してるのでなんとかしてくれ」等、ご家庭の問題まではさすがに踏み込めませんので、その点だけはご容赦下さい(この問題が一番の難題だったりしますが。。。(苦笑))。