先日ちょうど天候の良い晴れ間があったのでやってきたばかりのマリタイムブルーの964改に乗ってみました。

DSC04222

964というと最近はフルオリジナルに近ければ近いほどもてはやされている傾向がありますが、この964は空冷が今ほど高値になる前によくあった仕様で、その頃は964=走りのポルシェ、だからまず軽量化!みたいな流れで、買ったらまず軽くして、足を換えて、ブレーキを強化して、マフラー換えて・・・みたいな感じに、イジって楽しむ車でした(少なくともボクの周りでは)。

で、イジればイジるほど必ず期待通りの効果が体感出来るから、そういう意味ではオーナーを絶対裏切らない車でした。

このターボルックになった青い964もまさにその頃の964のチューニング手法の王道を行くような車で、軽量化のために前後フードのFRP化、内装の撤去、エアコン/ヒーターの撤去、RSフライホイール、車高調、タコ足+マフラー、RSフライホイールに加え、ワイドフェンダー化やロールケージ、993ターボブレーキ、エンジンのファインチューン+ROMの現車合わせまで施されています。

こんな車が楽しくないはずはなく、車を少し動かした瞬間からボディの軽さに衝撃を受け、車ってやはり軽ければ軽い方がいいんだという事をあらためて感じさせられます。
DSC04174

車が軽いとなんだか車を振り回してみたくなってしまうものですが、ハンドルをクイックイッと左右に動かせば、ボディもクイックイッと瞬時に付いてきますし、フルブレーキングすればガツンとよく止まります。

また、エンジンが993用のインジェクターやバルタイ変更、ROM合わせ等で少し味付けされている事やタコ足等の排気系の変更によるものだと思いますが、4000回転付近から一気にレブまで吹け上がる特性になっているので、加速がめちゃめちゃドラマチックで、こういうところが新しい車では味わえない何とも言えない魅力です。(^^)

まだ公道でしか乗っていませんが、この車はサーキットを主眼に置いた仕様なので、是非サーキットで色々試してみたくなりますね。(^^)

DSC04167

あと、特筆すべきなのは街乗りでの乗心地の良さです。

見た目がこんな感じだとガチガチな乗心地を想像してしまうかも知れませんが、実は足はとてもしなやかで道に段差があっても突き上げ感などほとんど感じません。

実は乗心地がいいのはポルシェのチューニングカーではめずらしい事ではなく、高いボディ剛性のおかげでストラットの付け根がガッチリしていて、ショートストロークなダンパーでもそのストロークの範囲内で目いっぱい仕事をしてくれるので、その結果ユルユルのボディの車をシャコタンにした時のようなガンガン下から突き上げてくるような安っぽい乗心地とは無縁です。

この車はエアコンもヒーターも撤去されているので真夏や真冬にはさすがにあまり乗る気にはならないかも知れませんが、乗り心地はイイので窓を開けて走れるような快適な季節に走る分には思った以上に快適に乗れますし、一度この軽さを味わってしまうと「964に快適装備なんていらない!」って思ってしまうほど運転することそのものを楽しめる車です。

運転そのものが楽しい車は、行き先なんてどこでも良くて、とにかくいつまでも運転していたいと思わされるものですが、この964はまさにそんな車です。

サーキット派の方はもちろんの事、そうでなくても運転そのものが大好きな方にも是非オススメしたい1台です。(^^)