今日は連日ご紹介させて頂いているムラーノグリーンの964ワイドのエンジン下回りの画像をアップさせて頂きます。

残念ながら記録簿は残ってないのですが、エンジンの状態を確認したところ、明らかにエンジンをクランクケースまで割って整備された形跡が残ってます。

それを何とか裏付けられないかと思い、陸運局で登録事項等証明書を取って過去の所有者の履歴を追いかけてみたところ、偶然にも直近でメンテナンスしていたと思われるお店の社長さんの名前が履歴で残っていて、その方は有難い事に知り合いでしたので電話して整備内容を聞いてみたところ、やはりクランクケースを割った大掛かりな整備をやっていたことが判明しました。

その際、クラッチやステアリングラックのOH等も済ませてあるので、964の定番的な大掛かりな整備はかなりの部分が消化済です。

で、前置きはこのくらいにして早速エンジン下回りの画像をご覧ください。
IMG_6428
全体的にパッと見ただけで誰でもキレイなエンジンだとわかると思いますが、オイル滲みもなくとても良い状態だという事が一目でおわかり頂けるのではないでしょうか?

注意深く見ていくとエンジン本体以外にも多岐に渡るパーツ類やホース類が交換済ですが、たとえばドライブシャフトなんかもまだ新品に近く、品番が書いてあるシールがまだキレイに残ってます。(^^)





964で心配な左バンクのスルーボルトのオイル漏れも見られません。
IMG_6430
 



定番のチェーンケースもオイル滲みはなく、さらっさらの状態です。

IMG_6434

IMG_6435




タペットカバーについてもオイル滲みはありません。

この車は前期型なので本来はマグネシウム製のタペットカバーなのですが、マグの場合、カバーそのものが歪んでしまっていて、いくらパッキンを交換してもオイル漏れが止まらなくなってしまっている事も多いのですが、この車はアルミ製の対策済のカバーに既に交換されています。
こういう点も自分で対策を施していくとなるとお金がかかってしまう部分なので、既に対策してあるととても嬉しいですよね。
IMG_6433

IMG_6432





エンジンではありませんが、リフトに上げたついでに車高調の画像です。

状態からの想像ですが、まだほとんど使われていないと思われるピカピカなものが付いてます。
IMG_6426

IMG_6437

先日の記事でも書かせて頂いた通り、この車は外装も内装もとてもキレイなのですが、中身も負けないくらいキレイな状態です。

こういう964だったら永く安心して乗れますよね!(^^)

早い者勝ちですので気になる方はお電話でお問合せ下さい(03-3855-1964 ガレージJ本田まで)。