ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。ナローから991まで、ポルシェの中古車の事なら何でもお任せ下さい。

ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。996/997コンプリートカー、964/930ナロールック等、自分だけの一台も製作致します。




    JT-MODE 製品カタログはこちらをクリック


    P1220687

    みなさんポルシェを購入する時ってまず何から検討しますか?

    どのモデルにするかですか?それとも予算が先ですか?


    ボクの考え方は、まず1番先に決めないといけないと思うのは予算だと思います。

    だって、いくら「73RSの本物が欲しい!」って真剣に思っていても、それに見合う予算がないと手に入れる事は出来ませんもんね。

    なのでまずは最初に予算を決めて、その上でその予算の範囲内で買えるモデルを検討していくというのが普通だと思います。

    そうすれば、たとえばどのモデルにしようか迷ってるという方でも、必然的に検討出来るモデルがある程度絞り込まれてしまいますよね。


    で、ところで、その「ポルシェを購入する時の予算」って皆さんどう考えますか?

    一般的には「予算○○○万円以内で」って考えるのが普通だと思います。

    ガレージJにポルシェの購入の相談をしにお越し頂く方々も、こちらから「予算は?」をお聞きすると、普通は「予算○○○円~○○○円くらいまで」ってお答えが返ってきます。

    それは全然間違いではありませんし、キャッシュでポルシェを購入されるならもっともな考え方だと思います。

    でも、最近はちょっと違ったアプローチでポルシェの購入予算を考える方がすごく増えてきてます。

    で、どんな予算の考え方をされるかというと、予算がいくらというよりも「月々いくらまでなら払えるか」なんです。

    もちろん全額キャッシュでご購入される方の場合は話は別ですが。。(^^;
    【中古ポルシェを買うときの「予算」の一つの考え方】の続きを読む

    いま、ウチの販売車両として996GT2と997GT3がありますが、こんなモデルは「役物」と呼ばれてますよね。

    役物系のポルシェについては、ウチのお越し頂くお客様にも憧れを抱いていらっしゃる方が多く「いつかは・・・」って思っていらっしゃる方も多いですけど、その一方で「どうせ役物ポルシェなんて自分には買えなでしょ」と端っから諦めてしまってる方もすごく多いように感じます。

    確かにウチに置いてある996GT2も997GT3も絶対金額としては1000万円を少しオーバーしてしまいますから、1000万円超ってだけで最初っから諦めてしまう気持ちもすごくよくわかるのですが、ポルシェ(特に役物系やMTの空冷等)はリセールがいいので、そのリセールの良さをうまく活用した賢い買い方もあるとボクは思ってます。
    今日はそれを少しご紹介させて頂きますね。

    DSC04747
     
    【役物ポルシェでも諦めないで下さい。】の続きを読む

    今日は久しぶりにこの車に乗ってました。

    996カレラのティプトロなので、超快適だから車高さえ気をつければ普段乗りも全く問題ないレベルです。

    この車に乗ってると、本当はポルシェが好きなのに敢えてそこを我慢して、なんでBMWとかアウディとかVWとか他のちょっと新しい欧州車に乗る人が圧倒的に多いのか(しかもそっちのほうが高くてお金がかかるのに)、ボクには全くわかりません。(笑)
    DSC04335
     
    【ポルシェをガマンしたって意味なんてありません】の続きを読む

    ただいた納車準備中のKさんの986ボクスターSですが、この車両は来年ボクスターカップに出るという事で、ウチのボクスターSと同様のオイルセパレータを製作しました。

    右がノーマル、左のアルミ製のものが今回製作したオイルセパレータです。
     DSC04087
    【986ボクスター用サーキット対応オイルセパレータ】の続きを読む

    いつもガレージJのブログを沢山の方にご覧頂いており大変ありがとうございます。

    今後もより多くの方にポルシェに興味を持って頂けるためにも、このブログより情報発信を続けてまいりたいと思いますので今後とも宜しくお願い致します。

    さて、最近毎日沢山の方々(はじめてお電話頂く方や飛び込みの方)から車両持込による修正や整備のご依頼やお問合せを頂いております。

    当社は元々ポルシェの車両販売に軸足を置く会社であり、整備につきましてはただいまのところ当社より車両をご購入頂いたお客様のお車の納車整備やアフターサービスだけでいっぱいいっぱいの状況です。

    本来であれば初めてご連絡頂く車両持込の方々や、困り果てて突然お越し頂く飛び込みの方々のお力にもならせて頂きたいところなのですが、なにぶん今の当社の体制では車両をご購入頂いたお客様のお仕事を最優先にせざるを得ず、それ以外の整備は全く手が回らないという情けない状態であります。

    皆様からのご要望にお答えできず大変申し訳ございませんが、そのような状況である事をどうかご理解頂ければ幸いです。

    もちろん当社から車両をご購入頂いたお客様につきましてはこれまで通り誠心誠意サポートをさせて頂きますので、いつも通りお気軽にご連絡下さい。

    小さな車屋ですので皆様のご要望にお答えできず大変申し訳ございませんが、少しずつ体制が強化出来るよう頑張ってまいりますのでどうか温かい目で見守って頂けますよう何卒宜しくお願い申し上げます。m(_ _)m

    その中でも一番多いのが996/997(ボクスター・ケイマン含む)のインタミ対策について。

    この都市伝説については専門誌や雑誌やネットでも既に整理されていて、対象車種とやるべき事が既に明確化されているので、ボクやウチで水冷ポルシェをご購入頂いたお客様の中では、もう過去の話として片付いていたのですが、未だにこの過去の噂に踊らされて996/997の購入を躊躇していらっしゃる方が多いのはある意味驚きです。 

    ボクから言わせると、購入時にそんなインタミ問題を気にしているんだったら、もっと他に気をつけるべきポイントが沢山あるので、そっちを気にしたほうが良いと思うのですが・・・(^^;

    良質な中古車を選別するにあたっては、996についてはまだ簡単なほうだと思いますが、997はかなり複雑です。

    997は996より年式が新しいから安心だと思ってしまうのは大きな間違いです。

    ポルシェの見立て方は他の車種の見立てのような一般常識は当てはまりません。

    997については毎週何台も見させて頂いてるボクらであっても、一台一台に全神経を集中して本当に慎重に見極めないと見落としてしまいそうになるくらい難しいものです。

    911 & PORSCHE MAGAZINEの最新号(№85)でも取り上げられていますが(ウチも取材を受けました)、見立てを誤ってカスみたいな個体を掴んでしまうとあとでとんでもない目に遭ってしまいますが、997でカスを掴まないための見立てについては、ボクたプロでも二人がかりで耳と鼻に全神経を集中させながらでないと絶対に無理ですし、ましてや一般の方では全く見分けが付かないと思います。

    しかもその「カス」は、実はかなりの台数が市場に出回っていて、たとえばオークション会場に997の下見に行っても毎週大抵1台くらいは見かけます。

    もちろん997の見立てが出来る車屋さんはそんな車には手を出さないので問題はないのですが、ところが997の見立て方がよくわからないところ同士が、あまり激しい競り合いもないまま比較的安い値段で「カス」を競り落としてしまっているので話がややこしくなります。

    競り落とされた車は大体はそのまま比較的安い値段で店頭に並ぶことになるのですが、そのあとの事は・・・・・考えただけでもゾッとしますよね。
    DSC03440


    【インタミを心配される前に・・・】の続きを読む

    今回耐久で走らせたボクスターですが、突貫工事で本番直前に出来上がったので、今の完成形になってからはボク自身は未だにサーキットを走らせてないんですけど、

    耐久の時に乗っていただいたドライバーさん達の感想をお聞きすると、かなり評判は良かったです。

    今回ボクスターにお乗り頂いた8名のドライバーさん達は、皆さんサーキット派のポルシェ乗りの方々で、普段からチューニングされた964や930やナロー、996GT3、カップにお乗りになられているツワモノ揃い(笑)なのですが、出来上がったばかりのボクスターをそういう方々にサーキットで乗って頂いて感想をお聞き出来たのは、作った側からすれば本当に参考になります。
    DSC02938

    【耐久で986ボクスターを走らせてみて】の続きを読む

    突貫工事で作業を進めてきた耐久用ボクスターですが昨日の夜中に完成しました!

    今回、夜を徹して1泊2日の超スピードでオールペン&ボディワーク作業を行って頂いたエルベートボディワークスの伊藤社長に感謝します!(^^)
    DSC02912
      【耐久ボクスター、完成~♪】の続きを読む

    アイドラーズの12時間耐久まで残り1週間切りましたので、昨日はお店を休んで耐久マシン2台のテスト走行をしてました。

    Nさん、Yさん、ますみちゃんにも来て頂いて、車の感触を試して頂きました。
    DSC02905
      【耐久の2台、テスト走行してました。】の続きを読む

    このページのトップヘ