ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。ナローから991まで、ポルシェの中古車の事なら何でもお任せ下さい。

ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。996/997コンプリートカー、964/930ナロールック等、自分だけの一台も製作致します。




    JT-MODE 製品カタログはこちらをクリック


    イメージ 1

    今日は先日ご依頼頂いて見つけてきたケイマンSの納車でした。

    今回は名義変更についてもこちらで行った上で納車という形でしたので、

    まずは埼玉陸運局で名変してからオーナーさんのご自宅に伺って納車させて頂きました。
    イメージ 2

    イメージ 3
    今日の午前中はあいにくの天気だったんですけど、オーナーさんのご自宅に着くころには雨も上がり、

    そのあと昼食をご馳走になってしまったのですが、食事が終わってお店を出た時には

    なんと太陽が出るくらいに晴れて納車日和になってました。

    あんなにひどかった天気だったのが一気に晴れてしまうだなんて、

    多分オーナーさんはよほどの晴れ男なんだと思います。(^^)


    そういえばこの距離が少ない白い右ハンドルのPDKのケイマンSも実はなかなかの希少車で、

    最初にご希望をお聞きした時は、正直こんなのなかなか見つからないと思ってたんですけど、

    意外や意外、オーナーさんに引き寄せられるかのようにかなりあっさり現れてくれました。

    今回の納車の時の天気の事といい、条件にピッタリ合う車が早く見つかった事といい、

    やはりオーナーさんの「ポルシェが欲しい」という強い想いが、

    周囲の状況をいい方へいい方へと動かし、今回手に入れたケイマンSとの縁も手繰り寄せたんだと思います。

    こーゆー不思議な事って、ポルシェ探しのお手伝いを長くやってると、たまにあるんですよねぇ。(^^)

    兎にも角にも今回は最高の形で最高のポルシェをオーナーさんの手元にお届けする事が出来、

    とても嬉しいです。

    ポルシェを購入する手段はいくらでもありますけど、そんな中からウチをお選び頂き大変有難うございました!


    それと、今回このケイマンSを手にされたオーナーさんをご紹介頂いたのは、

    ボクの昔っからのポルシェ仲間でいつもとてもお世話になっているつくつくさんで、

    昨年自らの愛車の993をご購入頂いた上に、今回このような形で新たなお客様をご紹介頂けて

    とても感謝しています。

    ガレージJは皆様からの暖かいご支援があってこそ成り立っているちっぽけな車屋です。

    何卒引き続き皆様からのご支援ご情を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。m(_ _)m

    お客様よりご依頼頂いてたケイマンSがGET出来ました。

    ’10年式のPDKで走行が2万キロちょっとのバリモンです!
    イメージ 1
    白の後期PDKの右ハンドルというのがお客様の絶対条件だったのですが、

    これがまた希少なんです。。
    イメージ 2
    でも、なんとかご予算の範囲内でうまくケイマンSがGET出来て良かったです。(^^)


    実はこの車以外にも何人かの方からご依頼頂いてるのですが、

    なかなか出物がなかったり、納得のいくコンディションのものがなかったりして

    永らくお待たせしちゃってる方には本当に申し訳ございません。m(_ _)m

    なんとかご希望に見合う車を見つけられるよう一生懸命頑張りますので、

    もう少々お付き合いの程よろしくお願い致します。

    新車に見間違うほどキレイだったケイマンS(6MT)ですが、

    昨日、業者さんの元に嫁いで行く事に決まりました。
    イメージ 1
    業販なので、そのあと最終的にどんな方が乗られる事になるのかわかりませんが、

    めちゃめちゃキレイで調子のイイ車ですので、きっとご満足頂けるでしょうし、

    ケイマンS本来の持ち味を存分に楽しんで頂けると思います。

    とても大切にされてきた個体なので、これからもこの状態を長く維持出来る様、

    次のオーナーさんに可愛がってもらえる事を祈ってます。(^^)

    これまでこのケイマンSをご検討頂いた方々も含めまして、大変有難うございました。

    イメージ 1
    昨日は首都高で少しケイマンに乗ってました。

    ご存知の通り、ウチにやってくる車のそのほとんどが比較的古い年式の車ばかりなのですが、

    こうやって新しいケイマン(’11年式)に乗ると、やっぱり新しい車はどこを取ってもシャキッとしてて

    気持ちイイですね。(^^)

    ステアリングやシフトノブの革の表皮なんかもまだサラサラしてるので

    まるで新車のポルシェに乗ってるみたいです。
    イメージ 2
    久しぶりに思いっきり踏んでみましたけど、一般公道で走るレベルの領域だと

    体感的な速さは996GT3と比べても何らひけを取ることはありませんね。

    これ以上何が必要なの?っていうくらいに十分速いです。

    新しい車特有の、絶対に壊れそうもない安心感も実にありがたいです。(^^)

    しかもミッドシップなだけに、コーナリングはハンパなく安定してます。

    何ていうか、自分の体を中心に車体が旋回してる感じですね。

    挙動が乱れても、乱れ方が読みやすいので自然にカウンターを当てて慌てずにコーナーをクリアしていけます。

    このへんはリアがストラットなので、その特性を十分生かした楽しい味付けだと思います。

    ポルシェが意図してるのかはわかりませんが、速い車なのだけれでも自分で操縦する楽しみを

    少し残してあるような味付けで、特にこのケイマンSはケイマンとしては非常にめずらしい6MTなのですが、

    それもあってこの味付けが更に助長されているのだと思います。

    これは何度もいう事ですけど、ケイマンは911とは似て非なるポルシェです。

    ケイマンにはケイマンなりの独自の世界観が確かに存在し、911では得られない魅力が沢山存在します。

    先日の記事にも書いたとおり、査定士にも「これ新車?」と言わしめるほどキレイなケイマンSですが、

    細かい部分を見れば見るほど、そのバリモンぶりに驚かされます。


    それはたとえば↓こーゆーところ。
    イメージ 1
    ココはいくらキレイにしても、ドアのヒンジやボディとの接合分などの細かい隙間には

    どうしても汚れが残ってしまうものなんですけど、このケイマンにはそれがありません。


    あと、こーゆー部分も。
    イメージ 2
    ドライバーズシートで乗り降りする時に、一番体重が掛かるとともに体が擦れる部分なのですが、

    一切擦れやヘタリは見当たりません。

    つか、使用感が全くない感じ。

    この使用感の無さは、ステアリングやシフトノブ等、各種操作系全般に及びます。
    イメージ 3
    いくらキレイな車と言っても、2万キロそこそこは走ってる車だから

    ちょっとくらい痛みがあっても良さそうなものなんですけど、

    この車にはそれが全くありません。

    一体どうやって乗ってたんでしょうね。(笑)

    多分、屋根付き車庫保管は勿論の事、高速での移動が主な使い方で、

    しかも大切に大切に乗られてきた車両だからなんでしょうけど、

    それにしてもキレイすぎます。

    ハッキリ言って次に乗る人は、新車に乗ってるみたいに気持ちよく乗れるでしょうから、

    新車買ったつもりでコレを買えば、すごくお得感がデカイと思います。

    なんせケイマンSのスポーツクロノパッケージの新車って、なんだかんだで乗り出しに1000万ほど掛かりますから、

    その半値チョイくらいのプライスのこのケイマンSはメチャメチャお得だと思います。


    気になる方は 080-3217-0911 まで是非お問合せ下さいネ!(^^)

    これがケイマンSのラゲッジスペースです。

    フロントのトランクと、室内後部にも広大なスペースがあります。
    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3
    リアがパカッと開くので、ゴルフバック2ケと2人分の荷物が積める広さなのです。

    これってかなり衝撃的な事実で、今までポルシェにオネーチャンを乗せてゴルフへ行く時は

    911とかボクスターだと絶対ムリで、それこそカイエンかパナメーラが必要だったんですけど、

    ケイマンの広さがあるとなんとかイケます。(笑)

    買い物だって同じ事。

    911なんかで買い物に出かけると、帰りの事を考えてしまってあんまり思いっきり買い物も出来ませんが、

    ケイマンだったらある程度はイケます。(^^)

    これって911やボクスターしかほとんど乗った事がないボクにとってみると実は凄い事で、

    吊るしの状態のまんま、ガンガンサーキットを攻められる「ポルシェ」としての高性能さを備えながら、

    小型セダン並みのラゲッジスペースがあって、街乗りや買い物にも使える実用性も備えてるスーパースポーツカーは

    ケイマン以外ありえないと思います。

    ややもすれば911の廉価版みたいなイメージになりがちなケイマンですが、

    ケイマンでしか実現出来ない領域も確実にあります。

    先日、委託販売車両としてウチにやってきたバリモンのケイマンSですが、

    日本自動車査定協会(JAAI)さんに出張査定してもらった結果が、

    「車両状態確認証明書」という正式な書面で届きました。

    もちろん修復歴なありませんでしたが、そのコンディションは驚くべき内容でした。
    イメージ 1
    先日のX5と同様、赤丸の中の車の展開図に何も記述がありません。

    X5の時の記事にも書きましたが、これは凄い事なんです。

    百戦錬磨のプロの査定士(しかも今回は一番偉い人が来てくれました)の厳しい目でチェックしても、

    修復歴や板金歴や塗装歴はおろか、キズ一つ見つかりませんでしたという事ですから。

    これは簡単に言うと、外装の状態的には新車や新古車と大して遜色ありませんよという事です。

    凄いですよね。
    イメージ 2
    今まで何十台もJAAIさんに査定をお願いしてきましたが、こんな査定結果は、実を言うと

    前回のX5の時が多分はじめてで、今回のケイマンSも超バリモンとは言うものの、

    まさか2連チャンでこんな結果が出るとは思ってませんでした。

    ビックリです。

    こんな事書くと、ボクがJAAIさんと仲良くなって癒着してるんじゃないかと疑う人もいるかも知れませんが(爆)、

    JAAIさんのような経済産業省と国土交通省の指導のもとに設立された中立公正な立場の財団法人が、

    ボクの個人的な希望を聞いてくれるはずもありませんし(笑)、

    何よりも現車を見てもらえば正真正銘の査定結果であるという事は、

    すぐにおわかり頂けると思います。

    何せ、そこらに並んでいるケイマンSとは佇まいが全く違いますから。(^^)

    これからこのケイマンSの販売を開始しますが、バリモンのケイマンSの6MTをお探しの方は

    絶対お買い得だと思います。

    こーゆー車は早い者勝ちになりますので、気になる方は今すぐ 911@garagej.co.jp か、

    080-3217-0911 までご連絡下さい。

    ちなみにこのケイマンSも残価設定型ローンの対象車種になります。

    皆様からのご連絡をお待ちしております。

    イメージ 1

    今日は大雪が降って早めに仕事を切り上げてしまって特にする事もないので、

    先日、シンリュウさんからケイマンSを引き取った際、江北ベースまでの約40km弱を

    夜中で比較的空いてる首都高を主体に運転した時の感想を書きます。

    ちなみに、ボクがケイマンをじっくり運転するのはこれが初めてで、

    しかも昔は944に乗っていたほど911以外のポルシェに興味を持っているほうなので、

    今回はとてんもワクワクしながらケイマンSの運転をさせて頂きました。


    まず、運転席の雰囲気は987ボクスターとほぼ同じ997ライクな現代的な造りになっていて、

    最近のポルシェっぽくてめっちゃ高級感があります。

    リアにも広めのラゲッジスペースがあるので室内の開放感もあって、

    987ボクスターほど圧迫感は感じません。

    それとエンジンかける時に思ったんですけど、クラッチペダルを踏まないとセルが回らないようになっているあたりが

    いかにも現代的な車って感じがしますよね。(^^)


    エンジンをかけて半クラでスタートしましたが、良くも悪くもクセなどは全く無く、

    多分一度もポルシェを運転した事がない人でも、左ハンドル+MTがOKな人なら

    何も違和感なくフツーに運転出来ると思います。

    エンジン特性も常用域のトルクが充実しているので、街乗りは非常にしやすいと思います。


    車を夜中の空いてる首都高に持ち込み、C2で思いっきり踏んでみました。

    エンジンは超滑らかで吹け上がりも素晴らしく、しかも全域どこにも重たげなところがありません。

    この車は987後期型の3.4L直噴320ps仕様ですが、加速感的には5000回転付近までは、

    996GT3と比べても何ら遜色ないくらい速いです。

    ハッキリ言って3.4LのNAとしてはめちゃめちゃ速い車です。

    しかもミッドシップだから運転席のすぐ後ろにエンジンがあるので、

    その鼓動や吸気音がダイレクトに体で受け止められるので、それがすごく爽快です。

    しかもコーナーではミッドシップらしくとても挙動が安定していて、

    その上LSDも付いている事もあって、車を操ってる感覚はまさにスポーツドライビングそのもので、

    911の挙動が乱れた時のような「冷や汗」ではなく、「いい汗」がかけます。(笑)

    このあたりは911とはまた違った運転の楽しさがあって、ケイマン独自の世界観がありますよね。


    最近思う事なんですけど、911ってスーパースポーツとしてどんどん進化した結果、

    997あたりになると超高性能すぎて、しかも電子制御が介入してくる領域が多いもんだから

    間違いなく速いんだけども手に負えない感が強くなってきているような気がします。

    996以前の911、特に空冷ポルシェに代表されるような運転そのものの楽しさは、

    車は新しくなって性能が高くなればなるほど、車が勝手にやってくれる領域が増えてしまって

    運転する楽しさは性能と反比例して逆に減ってしまっているような気がします。

    そこへいくと、このケイマンSは車は新しいのだけれでも、自分で車を操る事が出来る領域を、

    ポルシェがまだ沢山残しておいてくれているモデルのような気がします。

    車は新しいのがいいけれど、自分で車を操りたい人にとってみれば、911ではなくコッチなのかも知れませんね。

    今回ケイマンSに初めてじっくり乗ってみて、敢えて911ではなくケイマンを選択する人が沢山存在する理由が

    理解出来た様な気がします。(^^)

    超バリモンの987(後期)ケイマンSがやってきました。

    年式はなんと’11年式!

    なんとまだメーカー保証期間中で保証継承できます。(^^)

    しかも希少な6MT!

    距離もまだ2.2万キロ台のピッカピカなケイマンSです。

    この年式のケイマンSの6MTは、全国どこ探したって出てこないと思います。
    イメージ 1

    イメージ 2
    車両情報は↓こんな感じです。


    2011年式(H23) 987後期ケイマンS スポーツクロノパッケージ

    ディーラー車
    色:プラチナシルバー/黒革
    距離:22,800km(実走)
    型式:ABA−987MA121
    左ハンドル
    修復歴なし
    車検:平成26年1月23日
    メーカー保証書付き

    <主要装備>
    機械式LSD
    スポーツクロノパッケージ
    バイキセノンヘッドライト
    ショートシフターキット
    グレーバンドウィンドウ
    シートヒーター
    ステンレスドアガード
    カラークレストホイールキャップ
    HDDナビ(バックカメラ付き)

    現オーナー氏、別のポルシェへの乗り換えによる委託販売車両です。

    だから素性がハッキリしていて安心です。(^^)v

    現車は江北ベースにありますので、ご予約頂ければ現車確認&試乗出来ます。

    気になる方は、911@garagej.co.jp もしくは080-3217-0911までご連絡下さい。

    お待ちしております!

    このページのトップヘ