ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。ナローから991まで、ポルシェの中古車の事なら何でもお任せ下さい。

ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。996/997コンプリートカー、964/930ナロールック等、自分だけの一台も製作致します。




    JT-MODE 製品カタログはこちらをクリック


    本来は今日の予定だったんですが、お客様のほうで手配されてた任意保険が

    予定より1日早く入る事が出来たという事で、1日早く取りに来られました。
    イメージ 1
    鮮やかなマリタイムブルーはピッカピカに磨かれると、より一層映えますね!

    ホント、この色はポルシェの純正色の中でも特にカッコイイと思います。

    人気があるのも頷けますね。



    たまたまマリタイムブルーの964にお乗りのKさんも遊びに来られてたので

    2台のマリタイムブルーを並べて一応記念撮影しておきました。(^^)
    イメージ 2
    ん〜、めちゃめちゃイイかも♪


    今回の968CSの新オーナーさんは、同じ足立ナンバー区域内のご近所の方なので、

    またちょいちょい968で遊びに来て頂ければ幸いです。
    イメージ 3
    一部納車までに間に合わなかったパーツもありますので、

    届きましたらまたご連絡させて頂きますネ!


    この度は数あるポルシェの中からGARAGE−Jのポルシェをお選び頂いて

    大変有難うございました!(^^)

    到着してみると、ちゃんと店先に968が置いてありました・・・・・
    イメージ 1
    ん?なんか雰囲気が違うぞ?(- -;

    つか、いつのまにリアフードまで換えちゃったんスか?
    イメージ 2
    ・・・と思ったら、これはシンリュウさんの別のお客さんの車でした。。

    こんなめずらしいマリタイムブルーの968が、2台もココに置いてあるなんて、

    こんな事ってあるんですねぇ。。。



    で、ウチの968CSは、店の少し先の道の脇にいつでも出発出来るように置いてありました。
    イメージ 3
    今回パワステホースからのオイル漏れの修理や、ラジエターのOHも行ったので

    これで更にシャキッとしたはずです。

    一部間に合わなかったパーツもありましたが、少し時間がかかりそうなので

    一旦納車させていただいて、パーツが届き次第、再度1日だけお預かりして完成です。



    日曜日、お客様が引き取りにいらっしゃるのでピッカピカにしておきました。
    イメージ 4
    納車まであと少し。

    楽しみしてて下さいネ〜!(^^)

    昨日は先日嫁ぎ先が決まった968CSを納車前整備の為シンリュウさんに預けてきました。

    首都高と第三京浜で少しだけ踏んでみましたけど、

    水冷FRポルシェはやっぱ素直で扱いやすくてとても乗りやすいからイイですね!

    パワーも挙動も自分が慌てずにコントロール出来る領域の範囲内にあるので、

    車の性能を全て出し切って走らせる楽しさがあります。

    それでいて車の性能を使い切って走ったとしても、ボディ剛性とブレーキ容量だけは

    自分の想像より遥か高い領域のところにあるので、これがまたポルシェらしくもあり、

    水冷FRポルシェ独特の乗り味だったりします。
    イメージ 1

    イメージ 2
    今回のメンテは各部消耗品のチェックとフロントガラスの新品交換です。

    これまでも十分すぎるほどメンテされ続けている個体なので、

    これで更にパリっとした状態で、次期オーナーさんに楽しんで頂けると思います。


    納車は週明けの予定。

    あとしばらく時間を頂きますが、楽しみに待ってて下さいネ!(^^)

    オーラビンビンでお問合せの多かったマリタイムブルーの968CSですが、

    この車もお蔭様で嫁ぎ先が決まりました。
    イメージ 1
    次期オーナーさんは同じ足立区のご近所の方。

    元々はこの方のご友人の方が、昨年末の江北ベースのお披露目会の時にお越し頂いたのですが、

    その方からのご紹介で、今回の次期オーナーさんに現車をご覧頂き、ご購入頂く運びになりました。


    来週の火曜日に納車前点検に出し、再来週の前半には納車出来ると思います。

    状態的には既にかなり高いレベルのコンディションですが、

    更に念には念を入れて納車前点検してからお渡しさせて頂きます。

    フロントガラスも新品交換しておきますネ!(^^)


    この度はウチの968CSをご購入頂きまして大変有難うございました!

    いま、江北ベースには2台の特別なポルシェがあります。

    1台はつい先日嫁ぎ先が決まったばかりのGT3カップ、

    そしてもう1台はマリタイムブルーの968CSです。
    イメージ 1
    この968CSが水冷FRポルシェの「RS」的存在である事は前にも記事で書きましたが、

    そーゆー「特別」なポルシェって、モデルや年代を問わず、そこに置いてあるだけでオーラをビンビン発してきます。

    この968CSも例に漏れず、他の特別なポルシェと同様の強いオーラがあります。

    ↓見てください、隣のカップカーにもオーラーの強さは負けてませんよ。(^^)
    イメージ 2

    イメージ 3
    って、、画像をアップしてみたものの、やっぱ写真ではなかなか伝わりにくいかもですね。。(^^;

    でも、ボクは最近毎日この2台の現物を前にして仕事をしてるんですけど、

    間違いなくこの2台には微妙に後光が差し込んでるように見えます。(笑)

    こーゆー車って、所有しているだけで毎日の生活に張りが出るんですよねぇ。

    速いとか遅いとか、古いとか新しいとか、高いとか安いとか・・・そんな事全然関係ありません。

    このたぐいの特別なポルシェって、持ってるだけでとても意味があると思うんです。

    ボクもまだ体が元気なうちに、こーゆー持ってるだけでワクワクするような「特別なポルシェ」を

    早く手に入れたいと思う今日この頃です。(^^)

    おとといですが、外装のプチお化粧直しに出していた968CSが戻ってきました。

    今回は飛び石跡のあったフロントバンパーやキズのあったホイールのリペアだったのですが、

    キレイに直ってピッカピカになって帰って来ました。
    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4
    マリタイムブルーのようなこういうソリッドカラーのポルシェって、

    ちゃんと保管状態を気にしてあげたり手入れをしっかりしてやらないと、

    これだけ年数が経ってくると全体的に色がくすんでしまったり、

    紫外線のあたる場所とそうでない場所とで色が違ってしたりしてしまうもんなんですが、

    この個体のようにボディ全体がピッカピカだと、より一層色が映えてめちゃめちゃカッコイイです。

    やっぱポルシェのソリッドカラーを纏った車はこうなってなきゃ折角の素材が台無しです。

    それにしても968CSって元々「特別なポルシェなんだぜぃ!」的なオーラがビンビンの車なんですが、

    これだけパリっとしてると、停めてあるだけでその周りの雰囲気が一変します。(^^)

    マリタイムブルーの968CS君、さすがポルシェのCS(クラブスポーツ)を名乗るモデルというだけあって、

    走る為の装備がいくつも惜しみ無く投入されています。
    イメージ 1



    まず目を引くのがシェルがボディ同色に塗装されたレカロのフルバケシートと

    CS専用のエアバックレスの3本スポークステアリング、

    それからリアシートレスされて2シーター化された室内。
    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4
    軽量化されていてなんだか雰囲気が’92RSや964スピードスターや993RS並みにレーシーで、

    これを見てるだけで気分が高潮してきます。

    ポルシェの「CS」らしく、軽量化は細かい部分にまで及んでいて、

    たとえばリアハッチのオープナーも、通常のモデルは運転席足元にスイッチがある電動式のものが付いてるんですが、

    CSはリアの隅っこに、ちょこんとワイヤー式の簡素なレバーが付いています。
    イメージ 5
    実はこんな場所にレバーがあるなんて知らなかったので、リアハッチを開けるのに苦労しました。(^^;


    外装に目を向けると、これまたボディと同色の17インチカップホイールが目に付きます。
    イメージ 6
    一見、964RSと同じものに見えますが、オーナー氏によればフロントのサイズが7.5JとRSと同じものの、

    オフセットが65(964RSは55、ちなみにカレラ2は7Jの55)なので968CS専用との事。

    てっきり964と共通かと思えば、こーゆー所はポルシェも凝ってますね。(^^)


    足回りについてはこの個体はスポーツパッケージなので、M030の車高調と928S4のビックキャリパーと

    ドリルドローターが付いています。
    イメージ 7
    これはボクも勉強不足で今回初めて知った事なんですが、

    CSと言えどもM030のスポーツパッケージはオプション扱いで、

    M030になっていないCSの方がむしろ多いとの事。

    やっぱせっかく968CSに乗るならM030でしょ!とか思いますけど、

    なかなか付いてる個体を選ぶのも難しいらしいです。


    あと、コレはCSの装備という訳ではなく、あくまで社外品ですが、

    968や944では定番の、KAZTECさんの可変式リアスポイラーが付いてます。
    イメージ 8
    これはボクも944S2CSに乗ってた時に付けてました。(^^)


    こんな感じの968CSですが、施されている内容を考えると、まさにRS級だと思います。

    ただでさえ走りのバランスがイイ968にRSの装備なんだから、

    楽しくない訳はありませんよね!

    近いうちにその走りについて、またご報告したいと思います。(^^)

    イメージ 1

    昨日はまた新しいのが1台やってきました。

    マリタイムブルーの希少な968クラブスポーツです。

    しかもブレーキや足回りが強化されたM030スポーツパッケージ付きです。

    この車はボクの古くからのポルシェ仲間が所有している車両ですが、

    最近、体調が思わしくなく、養生して体を完全リセットする為に、

    思い切って一旦ポルシェを降りる事になりました。

    本来ならばずっと乗り続ける予定の車だったので、整備は過保護すぎるくらいやってあり、

    先日もポルシェセンターでタイベルやウオーターポンプ、エンジンマウント等々で

    60万円以上注ぎこんだばかりで、クラッチもOHしてから2000km未満と(全て明細あり)、

    水冷FRポルシェの大物メンテはほぼ全部終わったばかりです。

    その上タイヤ(RE−11)は新品、車検もH26年9月までと、しばらくは安心して楽しめるポルシェだと思います。

    水冷FRポルシェはバランスが良くてとても乗りやすいポルシェなので、

    初めてポルシェを経験したいと思ってる方にはまさにうってつけで、

    ボクも初めて乗ったポルシェは水冷FRの944S2クラブスポーツでした。

    水冷FRポルシェの最終進化形である968CS、しかもM030SP付き、しかもマリタイムブルーなんて個体は

    全国探してもどこにも売りに出ていないと思います。

    超希少なポルシェですので、気になる方は 080-3217-0911 もしくは 911@garagej.co.jp まですぐにお問合せ下さい。

    このページのトップヘ