ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。ナローから991まで、ポルシェの中古車の事なら何でもお任せ下さい。

ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。996/997コンプリートカー、964/930ナロールック等、自分だけの一台も製作致します。




    JT-MODE 製品カタログはこちらをクリック


    イメージ 1

    今日は993を次期オーナーさんへお引渡しする日でした。

    今度の次期オーナーさんは三重県の方。

    遠方から金沢まで、はるばる電車に乗ってお越し頂く事になり、Zで金沢駅までお出迎え。

    イメージ 2

    朝方、パラパラと雪が舞って天気が心配でしたが、到着される頃はちょうど天気も回復し、

    絶好の納車日和になりました。

    これも次期オーナーさんの日頃の行いの良さなんでしょうか。(^^)


    一通り現車確認と試乗をして頂き、無事、気に入って頂けたので、

    オイル交換の方法やポルシェの乗り方等をご説明させて頂き、

    そのまんま三重まで乗って帰って頂きました。


    今回の次期オーナーさんもとても気さくな方で、とても楽しいひとときを過ごす事が出来ました。

    なんでも周囲のご友人がカウンタックやらディアブロのオーナーさんが多いそうで、

    周りに感化されて半分衝動的にポルシェの購入に踏み切ったそうです。

    ポルシェを買った事はまだ奥様にはナイショだそうで、

    しばらくはご友人の車屋さんに預かっといてもらうそうですが・・・大丈夫ですかぁ???(笑)

    いいタイミングを見つけて、うまく話をつけてくださいネ!(^^)

    これからもポルシェ仲間としての末永いお付き合いを宜しくお願いします。

    この度はわざわざ遠いところからお越し頂き、大変有難うございました!

    イメージ 1

    先日、売りに出してた993の次期オーナーが決まりました。

    次期オーナーさんは三重県の方で、現車が置いてある金沢まではかなり遠方になりますが、

    わざわざ取りにきて頂ける事になりました。

    お仕事の都合もあって、お引渡しは今月末か来月頭になりますが、

    その日はボクも極力現地に向って、次期オーナーさんにお会いして直接手渡ししたいと思ってます。

    その頃には高速道路の割引も始まる頃なので、次期オーナーさんのご希望で

    ETCの取り付けもお引渡しまでに済ませておきます。

    衝動買いらしく奥様にもまだナイショだそうですが、ポルシェが家にやってくるまでに

    ちゃんと説得しといてくださいね!(笑)


    次期オーナーさんはポルシェに乗るのは初めてとなる方ですが、この993ならあまり違和感なく

    十分乗りこなして頂けると思います。

    ポルシェは他の車とは全く異次元の楽しさと、所有する事そのものにも満足感がありますから

    次期オーナーさんにもポルシェにずっぽりハマッて頂きたいと思います。(^^)

    この993で、ポルシェをお譲りするのは6台目になりますが、

    ボクがきっかけで、ポルシェの楽しさを満喫できる人がまた一人増えるかと思うととっても嬉しいです。

    先日は試乗の後、お約束の下回りのチェックをしてきました。

    こうやってみると、マルチリンクを収めるために膨らんだ993のリアって色っぽいですね。

    993はこの角度から眺めるのがサイコーです!

    イメージ 1



    で、早速リフトで上げてみました。

    イメージ 2




    案の定オイル漏れもなく、キレイな下回りでした。

    イメージ 3


    それにしてもこのマフラー、カッコイイですね。

    出口はノーマルなんですけど、このさりげなさがまたイイです。

    イイ音してますよ!



    この993、まだ47,000kmしか走ってないバリモンですが、近々売りに出す予定です。

    ボディもコーティング施工済みでピッカピカ♪

    車検も平成22年の4月末まで残っていてナント290万!

    コレ、絶対お買い得だと思います。(^^)

    先日993のティプトロに乗りましたので、今日はその感想です。

    993については、これまでMTにしか乗った事がなかったので、ちょっとワクワクしながらの試乗でした。

    まず、運転席に乗り込むと、室内のデザインは基本的に964系と同一のはずなんですが、

    何故か雰囲気が違うように感じます。

    若干モダンで高級感がありますね。

    これはステアリングと本革シートとドアパネルのデザインが964系とは少し異なる事と、

    現車の内装がとてもキレイな状態に保たれているせいで、モダンで高級に感じたのかもしれません。

    イメージ 1




    Dレンジに入れてスルスル走り出してみると、3.6Lの強大なトルクにより運転はすこぶる楽チンです。

    ほとんどの街中のシチュエーションだと3,000回転に達する前に勝手にシフトアップされてしまうので、

    低速トルクに物を言わせて走ってる感じで、Dレンジだけで走っていると、

    感覚的にはV8積んだアメ車のような感じでもあります。

    イメージ 2


    「ふぅ〜ん・・・」と思いながら、今度はティプトロを手動で操作してみます。

    ニュアル操作位置にシフトレバーを移動すると、ギアレンジを示すライトが「2」の位置で光っています。

    どうやらこの車は2速発進が基本らしいです。

    アクセルを踏み込んでみると、さっきのDレンジとは別の車のようにパワフルに走り出しました。

    鬼のようなリアのトラクションからくる後ろから蹴られる感じいい、脳ミソがとろけるような音といい、

    岩のようなボディの剛性感といい、いつもの空冷ポルシェらしい走りです。

    つか、めっちゃ速い!!

    やっぱポルシェはコレじゃなきゃですね!(^^)

    シフトを2速→3速→2速と積極的に使いながらコーナーを少し攻めてみると、

    964より車重が重いせいか軽快感は若干損なわれてしまってますが、

    リアのマルチリンクがとんでもなく粘ってくれるので、コーナリングの限界点は964よりも高い所にあると思います。

    コーナリングがめっちゃ安定していて、リアがズルッときてもコントロールが楽でした。

    多分、964系や930系に乗ってる人が993を運転したら、自分の運転が上手くなったように感じるのではないでしょうか。(^^)

    こーゆー所が、993が空冷ポルシェの最終形であり完成形だと思わされる部分ですね。

    好みにもよりますけど、なんだか普段からMTの964で街中をカチャカチャやりながら一生懸命走るのが

    アホらしくなってしまいます。(笑)


    ひとしきり走りを堪能したので、今度はまたDレンジで楽チン運転をしてみました。

    乗り心地はいいし、快適だし、これだったら通勤でもお買い物でも楽勝です。

    ボク的にこの993のティプトロに乗って感じたのは、平日は通勤車としてフツーに使い、

    週末もデートやお買い物車としてフツーに使い、たま〜にその気になった時だけマニュアルモードで

    ポルシェの走りが思う存分堪能出来るといったオールラウンドで楽しめるポルシェです。

    ボク的には、こーゆーのも十分アリだと思います。

    イメージ 3


    最近、東京で生活していて特に思う事なんですが、ポルシェを都会で普段の足としても使うんだったら

    間違いなく993のティプトロの方がいいですね。

    サーキットで数字を追い求めたりしないんだったら、これはなおさらの事。

    一般的にはMTの方が人気の高い空冷ポルシェですが、

    去年あたりからティプトロの良さにもヤラれてしまっている今日この頃です。

    新しくやってきたのは964だけではありません。

    ↓993もやってきました。
    イメージ 1

    先日、チラリと記事に書いた’95カレラのティプトロです。




    画像の通り、ツヤツヤのピカピカのバリモンです。

    東京に持ってきた赤い964の塗装もめちゃめちゃキレイですが、

    こっちも塗装の状態は負けてません。

    塗装のキレイな993って、特にリアフェンダーのラインがキレイに出るから色っぽいですね!
    イメージ 2



    ちょっとじゅんのすけ号と並べてみました。
    イメージ 3

    これまで何台ものポルシェがウチのガレージに入ってきましたが、今までのは全部964以前のカエル顔。

    993が入るとガレージ全体の雰囲気が少しモダンになったような気がします。




    このあと少し乗ってみましたが、乗り味は964とはかなり違いますね〜

    そのへんの詳細についてはまた後日!

    このページのトップヘ