ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。ナローから991まで、ポルシェの中古車の事なら何でもお任せ下さい。

ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。996/997コンプリートカー、964/930ナロールック等、自分だけの一台も製作致します。




    JT-MODE 製品カタログはこちらをクリック


    昨日は964の納車でした。

    金曜の晩に東京から岐阜に向って一旦は出発したのですが、

    今回の足に使うZのアクセサリー電源の調子が悪くてETCが使えず家に逆戻り。。。

    結局ヒューズを交換したら治りましたが、その日は日中の仕事の疲れもあってそのままダウン。。

    結局、土曜日の早朝4:30に出発しました。


    再度出発したのはいいのですが、今度は嵐のような豪雨に見舞われ、思うように飛ばせません。。

    オマケに今度はZのエアコンが壊れてしまい、ガラスが曇りまくって大変でした。
    イメージ 1



    で、なんとか9;30頃、レスモアートさんに到着。

    964は既にカンペキな状態で準備されてました。
    イメージ 2


    今回は納車前整備の中に、プラグ交換やタペット調整、アライメント調整も含んでいたので

    念のため近くの峠道をレスモアート社長とテスト走行してみましたが、

    エンジンの吹けが更に良くなって、パンチも以前より増してました。

    足については若干アンダー傾向でしたが、この辺はフロントサスが少し固めな事や

    社外LSDが効きすぎている事が影響しているのかも知れません。

    キャンバーも起こしたので、もしかするとタイヤの接地がまだ路面に

    馴染んでないのかも知れませんね。

    いずれにしても、この辺の味付けはこれから次期オーナーさんの好みに応じて

    今後煮詰めていく余地のある部分だと思います。



    で、今度はZと2台で長野へ向けて出発。
    イメージ 3

    イメージ 4


    約250km、ほとんどノンストップでしたが、

    次期オーナーさんとの待ち合わせ場所近くのパーキングでトイレ休憩。

    やっぱりポルシェは絵になります。
    イメージ 5



    待ち合わせ場所に着いた時にはもう暗くなってました。

    明るいうちに到着したかったのですが・・・スイマセン!
    イメージ 6



    今回、ポルシェに乗るのは初めての方でしたので、一通り操作方法のご説明をさせて頂きました。
    イメージ 7



    このあと、次期オーナーさんと焼肉店で団欒し、東京に戻ってきました。

    今日、次期オーナーさんにお電話してみたところ、焼肉店を出た後、

    早速峠をハシゴされたそうで、ガソリンが空っぽになるまで走り込んできたそうです。(笑)

    さすがブラックパンサーさんのお兄さんですね!

    喜んで頂けて何よりです。

    今後もポルシェ仲間として、末永〜いお付き合いをお願いします。m(__)m

    今週末はブラックパンサーさんのお兄さんにご購入頂いたポルシェ(964)のお引渡しです。

    レスモアートさんに納車前の点検・整備・車検をお願いしましたが、

    今日、概ねの作業が終わったとの連絡があり、予定通り納期に間に合わせてくれてホッとしました。

    いつもいつも納期の厳しい作業ばかりお願いしててスイマセン!

    イメージ 1


    今回整備したのは、ザッと以下のような内容です。


    ・各パッキン類交換によるオイル滲み修理
    (チェーンケースカバーパッキン、チェーンハウジング−クランク後方合わせ目パッキン、ヘッドカバーパッキン他)

    ・4輪アライメント調整

    ・プラグ交換

    ・タペット調整

    ・エンジンオイル交換

    ・ミッションオイル交換

    ・ブレーキフルード交換

    ・エアコンコンプレッサー交換(R134a対応)

    ・ワイパーゴム交換

    etc・・・


    イメージ 2

    イメージ 3

    エンジン本体は調子がいいし、クラッチは交換したばかりのほとんど新品。

    これでしばらくは安心して乗れると思います。

    じゅんのすけ特製す〜ぱ〜変態ROMもお付けしますので、コレ付けたら更に速くなりますよん♪



    土曜日に東京から岐阜のレスモアートさんにポルシェを引き取りに行き、

    そのままテストも兼ねて自走でブラックパンサーさんのお兄さんが住む長野まで行きます。

    待ち遠しいとは思いますが、もう少々お待ちくださいネ!

    イメージ 1

    レース仲間の友人から嫁入り先を頼まれ、岐阜のレスモアートさんに置かせてもらっていた964(カレ2)ですが、

    きのう、めでたく次期オーナーさんが決定しました。

    次のオーナーさんは・・・

    なんと、以前ボクからMK-1仕様を購入いただき、

    現在も車仲間として仲良くさせて頂いているブラックパンサーさんのお兄さんです。

    ご兄弟で車変態だったんですね!(笑)

    早く言って下さい!!(爆)


    実はつい先日、ブラックパンサーさんから電話をもらい、「ウチの兄貴がポルシェを探している」とお話でしたので、

    何台か思い当たる候補をお知らせし、その中でウチの964がニーズにピタ〜ッと当てはまったので、

    お兄さんに早速現地(岐阜のレスモアート)に向かって頂きました。

    橋本社長説明のもと、現車確認・試乗をしてもらったところ、えらく気に入って頂けたようでホッとしました。


    ブラックパンサーさんのお兄さんは、その昔、S30Zなどでバリバリに走り込んでた元走り屋系のお方。

    ここしばらくは国産RV車でおとなしくされてたようですが、最近になってまた悪い虫が騒ぎ出したらしく、

    どうせならって事で、思い切ってポルシェの購入に踏み切られました。

    その選択、絶対セーカイ!

    最終的に行き着くところは絶対ポルシェなんです!(^^)

    この964なら足周りやLSDなど、走りのために最低限必要となる基本的装備はあらかじめ付いてますから、

    すぐにでもサーキットを攻め倒せます!

    お渡しする前に、車検や点検、オイル滲みの修理、ACコンプレッサーの新品交換、じゅんのすけ変態ROMへの交換等、

    更に安心して楽しく乗れる車にしておきますよん♪

    これからキッチリ準備をしていきますので、お渡し出来るその日までもう少々お待ち下さいネ!


    この度は数あるポルシェの中からウチのポルシェをお選び頂き、大変有難うございました。

    これからもブラックパンサーさん同様、末永いお付き合いを宜しくお願いします!

    岐阜のポルシェの現車確認の記事の続きです。


    今回依頼のあった964は↓コレです。
    イメージ 1

    東名の渋滞にハマってボクの到着が遅れてしまった時間を利用して

    Yさんが洗車してくれてたのでピッカピカになってました。


    初対面の印象は、色が濃いガンメタに紺が混ざったようなめずらしい色でカッコイイ!

    ポルシェ純正色なんですが、コレは一体何ていう色なんでしょうね?(どなたかわかったら教えて下さい)

    外装はフロントフードがFRPの社外パーツに交換されており、リアバンパーはRS。

    ホイールはRufの17インチでキメられていて、タイヤはネオバ。

    アラゴスタの車高調で車高が低められており、マフラーはチタンが奢られています。

    これは見た瞬間、「めっちゃ速そうでカッチョエエ〜♪」って、マジそう思いました。


    キーを捻ると一発始動。

    アイドリングも安定してました。

    アイドリング音は空冷らしいドコドコ音を伴った低い独特のサウンド。

    マフラーは変更されていますがエキマニはノーマルだし触媒もちゃんと残されているので

    近所迷惑になるほどはうるさすぎず、かといってノーマルよりは迫力ある、ほどよい音量です。

    エアコンもちゃんと効いててこの季節にはとても助かります♪(^^)


    で、早速試乗へ!

    ガレージから出る時にハンドル切って小回りすると、リアから「バキバキっ!」って音がします。(笑)

    フツーの人が聞くとビックリしますが、これは社外品のLSDが効いてる音で、決して壊れているわけではありません。(^^)

    むしろLSD付けてるのにこのバキバキ音が聴こえないと、ちゃんと効いてるのか?って心配になります。


    一般道へ出てみると、このあたりは結構道も空いてるので色んな事が試せそうです。

    まずはスタートからクラッチをかなりラフに繋いで3速までフル加速。

    レブシミットの7000回転付近までストレスなくキッチリ回るエンジンです。

    パワーもちゃんと出てますね!

    クラッチもほぼ新品だけあって、しっかりした剛性感があります。

    3速まで全開にしたあと、そこからガツーン!とフルブレーキングしてみましたが、

    タイヤから白煙を上げながら、ちゃんと真っ直ぐ止まってくれました。

    ボディが事故でよじれてたり足に異常のある車だと、フルブレーキで左右に振られるもんなんですが、

    この車は全然大丈夫そうです。

    今度は4速まで全開にして、ここでは書けないスピード域で農道を走ってみましたが

    足は終始路面をしっかりとらえてて、不安感は全くありませんでした。
    イメージ 2


    次は左右に複合しているコーナーを2速→3速で駆け抜けてみました。

    するとこれが超イイ!

    アラゴスタの車高調とLSDの組合せのセッティングが絶妙で、

    ハンドルできっかけさえ作ってやれば、あとはアクセルコントロールでコーナーをクリアしていきます。

    面白れ〜!

    ゼータクを言えばシートが純正のスポーツシートなので、走ることに的を絞った使い方をするのであれば

    軽量化も兼ねてSPGを2脚奢りたいところです。

    ま、街乗りとツーリングの比率が高い乗り方するんだったら全然このまんまでもいいですけどね。


    この964を運転してみて全体的に感じた印象は、「ちょうどいい感じ」に仕上げられてますね。

    ボクの964のように極端にサーキットの方向へ振りすぎてしまったために、

    街乗りでの快適性を大きく犠牲にしてしまっている訳ではなく、

    かといってドノーマルのように刺激がないかというと全然そうでもなく、

    走りの方向に振った仕様の空冷ポルシェだけが持つ、アドレナリンの分泌が高まるような刺激はビンビンに伝わってきます。

    こーゆー街乗りでも使えて、いざとなったらサーキットへも行ける仕様の964っていいですね〜

    コレに乗ってしまうと、こんなのがもう1台欲しくなってしまいます。。。(^^;

    今週末は先日964と930の売却依頼があった岐阜のレース仲間のYさんのところへ現車確認に行ってました。

    それにしても休日の東名はめっちゃ混んでますね。。

    東京−岐阜間は距離にして約300kmちょっと。

    いつもなら車で3時間ほどで着いてしまいますが、今回は行きが5時間、帰りは8時間かかってしまいました。(@_@;


    で、5時間かけてまずはレスモアートへ。
    イメージ 1

    ここで橋本社長と合流し、そこから更に1時間かけて2台積の積車でYさんのガレージがある安八郡へ。

    Yさんとは岐阜の有名ポルシェチューニング屋さんのプロショップヒロさんで合流し、

    ヒロさんのすぐそばでYさんが借りてるガレージへ。

    すごい事にYさん、ガレージ1棟まるごと借りておられました。。


    で、中を覗いてみると・・・
    イメージ 2

    ガレージもスゴイけど中身のスゴイですね。。

    手前の赤いのがいつもレースで使ってる930、真ん中のが今回売りに出す964、1番奥がサーキット仕様の86です。

    きちんと整理された棚には、RUSHカップからユーロカップからアイドラーズの

    トロフィやらタテやらウィナーズフラッグやらがゴロゴロ飾ってありました。
    イメージ 3

    ちなみにこのYさん、ポルシェのレースではとんでもなく速い人で、

    昨年のアイドラーズのスーパーカップのシリーズチャンピオンでもあります。


    そんときの優勝車両がこの車。
    イメージ 4

    イメージ 5

    イメージ 6

    プロショップヒロさんで3.8フルチューンされた930です。

    先日旅立って行った青い930も、実はプロショップヒロさんで仕上げられた車だったんですが、

    ココのポルシェって、どれもキッチリした仕事がしてあってしかも速い!

    ボクはまだお世話になった事はありませんが、

    中部地区のポルシェ乗りの方には超オススメできるチューニング屋さんです。

    あ、ちなみにこの赤いのは売り物ではありませんから。(笑)


    ↓この86もYさんの持ち物ですが、これは先日のアイドラーズの12時間耐久でも使ったそうです。
    イメージ 7

    この86、サーキットで使ってる割にめちゃくちゃキレイでしたよ!

    今となってはこんな86は超希少車ですよね。

    ちなみにこれも売り物ではありません。(笑)


    前置きが長くなってしまいましたが、今回の本命は↓コレです。
    イメージ 8

    Yさんが4月まで足に使ってた964です。

    この964については、今回はそろそろ記事が長くなってしまいましたので、また後日!

    このページのトップヘ