ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。ナローから991まで、ポルシェの中古車の事なら何でもお任せ下さい。

ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。996/997コンプリートカー、964/930ナロールック等、自分だけの一台も製作致します。




    JT-MODE 製品カタログはこちらをクリック


    イメージ 1

    先日、ご紹介しました964のカブちゃんですが、昨日、突然旅立って行く事になりました。

    ウチに来たばかりなのに、あっという間に嫁いで行く事になってしまったので、自分でもビックリしてます。

    このカブちゃん、実は記事をアップしてからたくさんの方からお問合せを頂いており、

    お譲り出来なかった方々には大変申し訳なく思っております。

    また今後も魅力的なポルシェを探してまいりますので、引き続き宜しくお願い致します。m(__)m

    ツーリングの記事の途中ですが、新入り君の情報です。

    先日、チラリと記事にしました964のカブリオレですが、土曜日にオーナーさんから引き揚げて来て、

    ボクの手元にやってきました。
    イメージ 1







    早速ポリッシャーで全身を磨いてみたんですが、めっちゃピッカピカのベッピンさんになりました。

    見て下さい、この鏡面ボディを!
    イメージ 2

    イメージ 3

    ボクのポリッシャー磨きの腕も上がったでしょ?!(笑)

    つか、元々キレイな塗装している964なので、ボクの磨きの腕はあまり関係ありませんが。。(^^;







    気になるリアのスクリーンの状態も、こんなにスケスケです。
    イメージ 4

    イメージ 5

    モチ、雨漏りはありません。







    先日の記事にも書きましたが、今回このカブリオレは現オーナーさんが出来るだけ早めに処分したいという事で

    ボクのところに依頼のあった車です。



    主な仕様は以下の通り。

    ・964カレラ2カブリオレ
    ・5MT
    ・年式:平成2年10月登録
    ・新車並行車(本国仕様)
    ・車検期日:平成24年1月12日
    ・走行距離:75,500km(実走)
    ・修復歴無し
    ・外装:ブラックメタ/内装:黒革

    ・純正スポーツシート(純正オプション・ヒーター付き)
    ・純正スポーツショック+スポーツサス
    ・’92ミラー
    ・Rufセンターマフラー
    ・Rufマフラーエンド
    ・17インチカップタイプホイール
    ・momoプロトティーポ36パイ
    ・ETC車載機
    ・チューニングROM
    ・記録簿多数(全てディーラーもしくはポルシェ専門工場にてメンテナンス)

     '02.10.08 60,363km
     '03.11.06 66,808km
     '04.07.07 68,180km
     '04.08.07 68,664km
     '05.02.08 69,761km
     '05.04.23 70,077km
     '05.07.24 70,904km
     '05.11.05 71,544km
     '07.01.10 72,520km
     '07.11.07 73,103km
     '08.01.13 75,300km


    ミッションはカブリオレではめずらしく、ナント5MTです!

    エアコンもギンギンに効いてます。

    走りはカレラ2の5MTそのもので、カブリオレだからと言ってクーペより走りが劣るような部分は皆無で、

    幌を閉めて走ってるとこの車がカブリオレだという事を忘れてしまうくらいです(サーキットは走ってませんが)。

    それどころかチューニングROMが入っているので、フツーのノーマルのカレラ2より全然速いです。

    価格は964としては激安に入る部類で設定する予定ですので、ボクスターあたりを狙うなら断然こっちだと思います!

    車検もまだまだ1年半くらい残っているからお得でしょ?

    まだ売りに出す前の段階ですので、今のうちなら応談可です。

    気になる方は即効でメール下さい(早い者勝ちです)。 911@24.am

    イメージ 1

    先日の記事でアップした964カレラ2カブリオレ(MT)ですが、

    色々あって、ウチにやってくる事になりました。

    先週末、ボクがシンリュウさんにお邪魔するタイミングでオーナー氏がコレに乗って来られたのも

    実はカブリオレの売却に関するご相談でした。

    キレイなカブリオレですし、MTのカブリオレというのは希少なので、

    オーナー氏には「売るのはもったいないんじゃないですか?」と、

    同じポルシェ仲間としてお話していたんですけど、オーナー氏がこれ以外にももう1台車を所有されていたり、

    仕事の関係上、忙しくて全然ポルシェに乗る暇がないという事情もあって、

    今回売却される決断に至ったそうです。

    今回の売却のご依頼にあたっては、クルマをリフトで上げたり、試乗をさせて頂いたりして

    状態のチェックをしましたが、安心して乗れるコンディションであると判断し、このお話をお受けすることにしました。

    ただ、6月中はスケジュールがパンパンでボクの体が空きそうもないので、

    このカブリオレをお預りして、じっくり手を掛けられるのは7月に入ってからになると思います。


    じゅんのすけ号以外の空冷ポルシェがウチにやって来るのは、これで14台目。

    いままでかなりのバリエーションの空冷ポルシェがやってきましたけど、

    それらの全てはクーペボディだったので、「カブリオレ」は今回が初めてです。

    ポルシェって各年式の各モデルとも、意味のないモデルは一つも存在せず、

    964のラインナップに「カブリオレ」というバリエーションが存在していた事も

    ポルシェ社側として「カブリオレ」というポルシェの一つの楽しみ方を、

    ユーザー側に発信したかったに違いありません。

    今回、このカブリオレに触れてみる事で、何故ポルシェがわざわざ莫大な開発コストをかけてまで、

    この「カブリオレ」というモデルを世に送り出したかったのか、その意味を少しでも感じ取る事が出来ればと思っています。

    じっくり乗ってみると、そこには何かしらのポルシェ社からのメッセージが込められているはずです。


    今年の夏は、このカブリオレを自分自身で楽しみながら、

    その楽しさを少しでもココでお伝えする事が出来ればと思っています。

    このページのトップヘ