ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。ナローから991まで、ポルシェの中古車の事なら何でもお任せ下さい。

ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。996/997コンプリートカー、964/930ナロールック等、自分だけの一台も製作致します。




    JT-MODE 製品カタログはこちらをクリック


    昨日は964改3.8のお引渡しの日でした。

    今回は次期オーナーさんに下取り車となるボクスターSに乗って名古屋からお越し頂きました。

    前回の現車確認の時と同様、キレイな奥様もご一緒です。
    イメージ 1
    ちょうど993を車検に預けに来てくれたJinちゃんもタイミングが同じになったので、

    みんなであーだこーだと延々アホな変態話をしてました。

    ↓これがJinちゃん号
    イメージ 2

    それにしてもJinちゃんと次期オーナーのNさん、ノリが全く同じですね。(笑)

    はじめて会ったとはとても思えないような掛け合い漫才みたいな自爆系トークが炸裂するもんだから、

    笑いすぎてお腹が痛くなってしまいました。(^^)


    こーゆー時って時間が過ぎてしまうのも早いもんだから、あっという間に夕方になってしまいました。

    次期オーナーさんが新車の時から乗ってきたボクスターちゃんとのお別れの時間も近付いて来たので

    2台並べて記念撮影♪
    イメージ 3
    長年慣れ親しんできた愛車とのお別れの時って、なんだかジーンと来ちゃいますね。


    このあと、横浜のご親戚の所にも寄って行かれるとの事でしたので、

    暗くなる前に964改に乗って帰って行かれました。
    イメージ 4
    964の後ろ姿を見ると、ボクの方もなんだかジーンときてしまいました。

    1月にこの車の購入を決めてから、なんだかんだと手間やお金を注ぎ込んできただけに、

    いなくなってしまうとなんだか寂しいもんですね。

    多分、これまでお譲りしたポルシェの中で、一番手間とお金を掛けた車だと思います。

    こうやっていいオーナーさんのところへ嫁いで行けたので、

    一時はじゅんのすけ号のドナーにする事も少し考えましたけど、やっぱやめておいてよかったです。(^^)

    3.8を積んだストリート仕様の964はなかなかいないと思いますので、

    末長く可愛がってあげて下さい。

    この度は数ある中からウチのポルシェを選んで頂いて大変有難うございました!



    ↓裏方スタッフかおりんのブログもよろしくです!
    裏方スタッフのつぶやき日記♪

    突然ですが9643.8改の次期オーナーさんが決まりました。

    つか、記事にしてなかっただけで実はかなり前から行き先はほぼ決まっていたのですが・・・。
    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3
    嫁ぎ先は、この3.8がボクの所にやってきた直後からお問合せを頂いてる方の所で、

    この度次期オーナーさんの諸事情が整いましたので、めでたく旅立って行く事になりました。


    次期オーナーさんは名古屋にお住まいの赤い986ボクスターS(6MT)にお乗りの方。
    イメージ 4
    足立ベースにも現車確認&試乗にお越し頂き、現車を気に入って頂いてたのですが、

    奥様からの反対に遭い、ずっと戦って頂いてました。(笑)

    今お乗りの赤いボクスターSはかなりキレイだし、デザインも洗練されているし、

    何と言ってもオープンカーはこれからの季節は最高だから、

    奥様がなかなか譲らなかったのも、それはそれで気持ちもわかるような気がします。

    ボクの経験からすると、大体このパターンに陥ってしまうと、かなりの割合で購入を諦めてしまう人が多いのですが、

    今回の3.8改の次期オーナーさんは、最後までしつこく夢を諦めず、

    とうとう奥様の方が呆れ果てて(?)折れてしまいました。(^^)

    長い戦いの末、ここまで辿り着くのは結構大変だったと思いますけど、

    この3.8は次期オーナーさんの期待を裏切らないポルシェだと思います。

    こんなの捜そうと思っても、そうそう出てきませんから。

    納車まであと少しですが、楽しみに待っててくださいネ!



    ↓裏方スタッフかおりんのブログもよろしくです!
    裏方スタッフのつぶやき日記♪

    今日は夕方の便で東京に戻ってきたのですが、

    羽田からそのまま電車でシンリュウさんに向かって964改を引き取ってきました。
    イメージ 1
    エアコンのガス漏れもようやくこれで止まり、これで整備も一段落です。

    しかしまあ、この車にはあれこれとかなりお金を使っちゃいました。。


    この964改は売却する事に決めたんですが、これで次のオーナーさんに気持ちよく乗って頂けるのなら

    ま、しょうがない出費です。

    ボクに出来る事は精一杯やったつもりなので、この車の価値を本当にわかって頂ける方の所に

    嫁いで行ってくれると嬉しいです。(^^)



    明日は板金修理から上がってきたJinさんの993のお引渡しがあるので足立ベースにいます。



    ↓裏方スタッフかおりんのブログもよろしくです!
    裏方スタッフのつぶやき日記♪

    シンリュウさんから連絡があって、964改のエアコン修理が完了したそうです。

    エキパン換えたらバッチリ治ったみたい。

    これでこれからの梅雨の時期や夏場も快適に乗れそうです。
    イメージ 1
    新車から20年以上も経過している964だから、

    エアコンが壊れてしまったら、ま、しゃあないかって感じでついつい諦めてしまいがちだし、

    実際、巷で走っている964はエアコンが効いてない個体も多いですけど、

    サーキット専用車ならいざ知らず、町乗りでもガンガン使う964には

    やっぱエアコンはガンガン効いてて欲しいです。


    外観はノーマルでハネなし、車高はチョイ低め、エアコンは効いてて町乗りも快適、でも中身は3.8!

    ボクがずっとこの車に追い求めてきた「オトナの964」が、やっと形になりました。(^^)

    日曜日はN先生とあるふぁ君が帰った後、964改をシンリュウさんに預けに行きました。

    今回はエアコンガス漏れの修理です。
    イメージ 1

    イメージ 2
    おとといシンリュウさんから電話があって、漏れてる箇所がわかったみたいで、

    どうやらエキスパンションバルブからお漏らししちゃってるようです。

    それ以外は漏れてる所もなさそうなので、エキパンだけ交換すればOKのようです。

    もしこれがエバポだったら工賃だけでも痛かったんですけど、

    思ったより軽傷でよかったデス。(^^;


    戻ってきたら箱根でも行こうかに。(^^)

    今日、かおりんに964改の登録に行ってもらいました。

    実は予備検だけ受けた状態で、移動が必要な時は仮ナンバーで乗ってたのですが

    その予備検の期限が4月末までだったので、登録して車検2年付きのナンバー付き車両に変身しました。
    イメージ 1
    ちなみに今回は希望ナンバーを申請して、排気量の「3800」にしときました。(笑)

    パッと見は単なるノーマルの964にしか見えないので、ささやかな主張をしてみました。(^^;


    これでいつでもどこでも走り回れる状態になったので、早速ツーリングにでも出かけたいところですが、

    エアコンのガスが漏れてしまっているみたいなので、しばらくシンリュウさんに預けます。

    この964は極上のコンディションにしたかったので既にかなりのお金を注ぎ込んでしまってますが、

    エアコン修理で更に出費が嵩みます。。(泣)

    せめて原因がエバポでない事を祈ります・・・。



    ↓裏方スタッフかおりんのブログもよろしくです!
    裏方スタッフのつぶやき日記♪

    昨日の記事の続きです。

    土曜日は964改の室内の大掃除が終わった後、シンリュウさんに向かいました。
    イメージ 1
    小雨が降っていたのであまり飛ばせませんでしたが、それでもやっぱ964は楽しい♪

    久しぶりに964の味を噛み締めながら、シンリュウさんまでの道のりをドライブしました。

    でも、この日は強風だったせいか、首都高C2がめっちゃ混んでて、

    足立からシンリュウまで2時間も掛かってしまいました。

    エアコン死んでる車だったらフロントガラスが曇って大変だったと思いますが、

    この車はエアコンが生きてるのでよかったです。



    で、やっとシンリュウさんに到着!

    約束の時間にかなり遅れてしまいましたが、早速メンテに取り掛かって頂きました。
    イメージ 2

    イメージ 3
    この日のメンテのメニューは、前後フードダンパー交換とリフトを借りて下回りの点検といった内容の

    超プチメンテです。

    メンテに行ったというよりは、どちらかというとヤナイさんの顔を見に行ったのと、

    単に964の試運転をしたかったという感じです。(^^)

    この964には今まであまりじっくり乗る機会がなかったので、

    こういった試運転の中から新たな不具合に気が付く事もあります。

    この日はホーンの高音が死んでるのと、初の雨の日のドライブだったのでワイパーのゴムが左右とも死んでる事に

    新たに気が付きました。



    ワイパーはシンリュウさんい在庫があったので、フードダンパーと同時に左右ともブレードごと交換しました。

    そのあとは、ホーンの交換。

    これもたまたま新品なら在庫があるとの事だったので、これも新品に交換です。
    イメージ 4


    ↓これが鳴らなくなった、高音側のホーンです。
    イメージ 5
    ホーンは右フロントフェンダーのインナーの中にあるのですが、

    中を覗いてみるとエンジンからオイルクーラーまでのラインがステンメッシュに交換されてました。
    イメージ 6
    過去にオイルラインからの漏れの修理をした時に、より強度のあるステンメッシュに交換したんでしょうけど、

    これを自分でやろうとすると結構な額になってしまうので、こりゃ超ラッキーかも知れません。(^^)

    ここまでやってある個体は少ない方だと思いますが、こーゆー部分からも前オーナーさんのこの車に対する

    メンテの姿勢を窺い知る事が出来ます。



    で、どーでもいい事ですが、フロントフードのクレストも新品にしときました。(^^)
    イメージ 7



    キレイなボディのポルシェに新品のクレストを付けると、より車がパリッとして見えます。
    イメージ 8



    最後にリフトの下から下回りをチェック。
    イメージ 9
    やっぱキレイでした。(^^)



    で、プチメンテも一通り完了したので、また足立ベースに戻りました。

    帰りは首都高も空いてましたので、気持ちよく飛ばせました。
    イメージ 10
    964に乗るたびに思う事なんですけど、やっぱボクの体には964が一番しっくりきます。

    車体の大きさといい、シフトダウンの時のエンジンのレスポンスといい、コーナーでの挙動といい、

    個体毎の仕様によって若干個体差はあるものの、まともな状態を維持している個体であれば

    基本的な根っこの部分はどの964も同じなので、例えば、「こうやれば次に何が起こる」というのを

    完全に読みきった上で走る事が出来ます。

    ボクにとって964は等身大で付き合えるというか、身の丈に合っているというか・・・

    うまくは説明出来ませんけど、長い間964と付き合っていると、

    だんだん車が自分の手足のように感じるようになってきます。

    カワイイ奴です、964って車は。(^^)




    ↓裏方スタッフかおりんのブログもよろしくです!
    裏方スタッフのつぶやき日記♪

    昨日は964改3.8をイジってました。

    外装はピッカピカに仕上がってきたのですが、内装のクリーニングはいまひとつ。。

    革の補修をしてもらった純正シートはキレイに出来上がってましたが、

    カーペットにはまだ黒ずみが残ってました。

    ま、ボクが仕事を急がせたからなんですが・・・。

    っつーコトで、まずは足マットを引っ剥がして掃除機かけて、

    カーペット用の洗剤とブラシでゴシゴシやってました。
    イメージ 1
    この時点で大体キレイにはなったんですが、こーゆー作業って、やり出すと止まりません。

    どうしてもセンターコンソールとシートの隙間やシートの下が気になって仕方ありません、

    なのでシートまで取っ払ってしまいました。

    これで思う存分隅から隅までゴシゴシお掃除できます。(^^)
    イメージ 2
    これでかなりキレイになりました。

    特にこの車のグレー内装のような明るい色のカーペットの場合、

    黒ずみがあるとそこが目立ってしまいますからね。

    時間を掛けて室内を大掃除出来たおかげで、やっと納得のいくレベルになりました。



    で、せっかくシートを外したので、じゅんのすけ号からレカロのフルバケを引っぺがし、

    この車に付けてみました。
    イメージ 3
    付けてみるまでは、グレーの内装に黒のシートはいかがなものかと思いましたけど、

    実際に付けてみるとあまり違和感はありませんね。

    つか、むしろカッコイイかもです。

    やっぱ空冷ポルシェにはこーゆースパルタンなフルバケがバッチリ似合います。

    っつーコトで、ピカピカに直した純正シートに座るのが勿体無いので

    しばらくこのままフルバケを付けておこうかと思います。(^^)


    この後シンリュウさんに行って色々追加メンテをやってましたが、

    それについてはまた後日!(^^)

    今回ミッドナイトブルーの964が戻ってくるのに合わせて、ダイブルさんが製作/販売している

    「PORSCHE 964 ODB1 INTERFACE」という、964の診断ツールを購入しました。

    この製品は、自分でPCを使って964の自己診断機能にアクセスして、

    まるでディーラーで使っているポルシェ純正テスターのように、車の健康診断が出来てしまうという優れものです。

    ダイフルさんとは、かなり前から964のROMチューンについて情報交換等について

    色々なやりとりをさせて頂いているのですが、今回はこの964のRSクラッチを入れた事による副作用(冷間時に

    ハンチングやエンジンストールしてしまう症状)を、なんとか改善する方法がないかダイフルさんに相談してみたところ、

    このODB1インタフェースの機能の一つである「アダプテーション」という機能を使えば

    もしかすると改善するかも知れないという事を教えて頂き、早速購入させて頂きました。

    ちなみに「アダプテーション」というのは、アイドルスタビライザー(964の場合はDMEで制御)の開弁率を

    設定してやる事を言います。

    この症状は、RSクラッチを入れた時に必ず出ると言っていいほどお約束の副作用で、

    ボクにとっては慣れっこになってしまっていて、実はあまり気になってないほどのものなんですが、

    それでも症状が出ないならそれに越したことはないですからね。(^^)



    っつーコトで、早速PCを使ってこのインターフェースを、車体側のODB1コネクタに接続してみました。
    イメージ 1
    なんだかフルコンのセッティングしているみたいな雰囲気です。



    で、まずは診断ツールをPCで起動して、DMEのフォルトコードを確認してみました。
    イメージ 2
    この車はフォルトコードが検出されなかったので、まずはホッとしました。


    次にアクセル全開/前閉スイッチの動作確認や、DME実測値の確認や、各種センサー値、ラムダ値などを確認してから

    いよいよアダプテーションの実施です。

    このマニュアルには「標準アダプテーション」の方法以外にも、「裏技アダプテーション」(RSクラッチ車両用)の

    方法がきめ細かく説明されており、ボクのようなド素人にも簡単に作業が行えます。



    で、で、肝心なアダプテーション実施後の効果ですが・・・



    試運転してみると、症状がかなり改善されました。\(◎o◎)/!



    ただ、この時はエンジンが完全に冷え切っている状態ではなかったので、

    冬場の朝一発目の始動の時は、もしかするとハンチングやストールが起きる事があるのかもしれません。

    でも、この日に試した限りでは、今までよりも明らかにアイドリングが安定し、ストールは1度も起こりませんでした。

    これから季節的に暖かくなり始めてますます症状が出にくくなるので、アダプテーションの効果を見極めが難しくなるかも

    知れませんが、これからこの964に普段の足としても使いながら、効果を確かめていきたいと思います。


    いずれにしても、この診断ツールはアダプテーションの実施の有無に関わらず、自分の964の健康診断を

    自身の手で手軽に行う事が出来るので、かなりオススメだと思います。

    ヤフオクでもフツーに買えるようですので、964にお乗りの方は試してみてください。(^^)



    ↓裏方スタッフかおりんのブログもよろしくです!
    裏方スタッフのつぶやき日記♪

    日曜日に帰ってきた964改3.8ですが、長い時間掛けてお化粧直ししてましたけど、

    時間とコストを掛けただけあって、めっちゃベッピンさんになりました。

    見て下さい。この美肌ぶりを!(^^)
    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3
    細かい飛び石キズなども全部治して全身ツルツルお肌になりました。

    ここまでお肌がキレイな964は、最近ではもう滅多にお目にかかれないと思います。

    ついでにリップスポイラーやRS3.8ダクトもボディ同色にプチ成形しました。

    仕上げとして5年保証付きのダイヤモンドコーティングも施工してもらったので完璧です!

    あとは新品で購入しておいたボンネットのクレストを取り付ければ外装は完成です。
    イメージ 4


    中身については燃調をサブコンでリセッティングしたので、

    以前よりも中間トルクが更に厚くなって、いかにも「3.8」という感じになりました。

    かなり満足出来るトルク感になりましたが、更に欲を言えばフルコンで制御して、

    このエンジンが持っている本来のパワーを余すことなく引き出したい所ですが、

    美肌エステにお金を掛けすぎてしまったので予算がそこまで回りません。(@_@)

    ま、サーキットでタイムを競うような使い方はしないので、このままでも十分すぎるほどですけどね。(^^)


    あとはRSクラッチ車お約束の冷間時にハンチング&ストール現象が出ていたのですが、

    アダプテーションでかなり解消されましたので、これについては次回にでもご紹介したいと思います。

    それと、もっと細かい事を言えば、ポルシェお約束の前後のフードダンパーが死んでるので

    これもサクッと新品に交換したいと思います。


    戻ってきたらガンガン乗り倒そうと思ってましたが、ここまでキレイに仕上がってくると

    なんだか乗るのが勿体無くなっちゃいますね。(^^;



    ↓裏方スタッフかおりんのブログもよろしくです!
    裏方スタッフのつぶやき日記♪

    このページのトップヘ