ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。ナローから991まで、ポルシェの中古車の事なら何でもお任せ下さい。

ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。996/997コンプリートカー、964/930ナロールック等、自分だけの一台も製作致します。




    JT-MODE 製品カタログはこちらをクリック


    今日は964改の名変&納車でした。

    この車はエンジンもミッションもOH済でピカピカなので、そのままでも特に問題はなかったのですが、

    納車前整備として更にエアコンガスの補充とタペットカバーを新品に交換しておきました。
    イメージ 1
    ピッカピカでカッコイイでしょ?(^^)

    前期の964のタペットカバーの材質はマグネシウムで出来ており、これが劣化しているとパッキンを交換しても

    オイル滲みが止まらないという症状が出てしまうので、今回はアルミ製のものに変更しておきました。

    この車については実はこの点だけがちょっとだけ気にかかってたのですが、これでカンペキです!



    で、今日ですが、まずは名変のため練馬陸運局へ。
    イメージ 2

    イメージ 3
    新オーナーさんは新宿にお住まいの方なのですが、無事に練馬ナンバーの希望ナンバーに変更されました。



    で、、新オーナーさんのご自宅付近で車両をお渡し。
    イメージ 4
    広い場所がなかったので、やむをえず路上で書類のお渡しと車の操作方法やメンテ方法のご説明を

    一通りさせて頂きました。

    新オーナーさんはこれまでにも数々のチューニングカーやフェラーリやアストンや、

    ポルシェについても930を乗って来られてる方なので、こんくらいの改造車はお手のもんです。(^^)

    安心してこの964改の事をお任せできます。

    近い将来、3.8化も視野に入れておられるようですので、イジる際は是非お声をかけて下さいネ!

    現時点でもかなら高い次元でうまく纏められてる964なのですが、

    更に今後の事が楽しみになってきました。

    比較的ご近所ですので、これからも同じポルシェ仲間として末永いお付き合いをさせて頂ければ幸いです。


    この度は数ある中からウチのポルシェをお選び頂きまして誠に有難うございました!

    沢山の方からお問合せを頂いておりました964改ですが、昨日現車確認&試乗頂いた方に気に入って頂き

    その場で即決となりました。

    大変有難うございました。
    イメージ 1

    イメージ 2
    この964改は売り出した瞬間から本当に大きな反響を頂いており、

    特にここ2〜3週間の間はいつ決まってもおかしくない状況が続いていましたが、

    最終的には昨日お越し頂いた都内に在住の方に試乗して頂いた方が

    1番早く最終的な決断を下して頂けましたので、その方の所に嫁いで行く事になりました。

    他にも本気で狙ってる方がいらっしゃったと思いますが、中古車のお取引は早い者勝ちが大原則となりますので

    ご了承頂ければ幸いです。

    昨日はお客様と一緒に久しぶりにこの964に乗りましたが、やっぱこの964、すげ〜イイです!

    これぞ空冷ポルシェ!と言わんばかりのレスポンス、ボディ剛性、クイックな挙動、ダイレクトな操作系、音等々・・・

    空冷ポルシェのイイところを集大成させるとこの車が出来上がると言っても過言ではないほど

    すばらしい出来の964でした。

    加えてエンジンもミッションもOHしてから間もないという安心感も、この車の大きな魅力です。

    ここまで全てが揃った個体もそうそう見つかるものではありませんが、

    これからもみなさんに興味を持って頂けるようなポルシェをまた見つけて来れるよう

    また頑張りたいと思います。

    又、今回こんなすばらしいポルシェを売却されるにあたり、ボクに販売を託して頂いた協力工場さんと

    この車のオーナーさんにも感謝したいと思います。

    大変ありがとうございました。

    この964はほとんど全ての手入れは行き届いているものの、念のため納車前に最終チェック&整備をした上で

    来週にも次期オーナーさんのお手元にお渡しさせて頂く予定です。

    次期オーナーさん、納車までのしばしの間、楽しみに待ってて下さいネ!(^^)

    昨日は日本自動車査定協会(JAAI)の担当査定士さんにお越し頂き、

    964改の修復歴の鑑定をしてもらいました。
    イメージ 1
    ボクの見立てでは修復歴はなさそうなんですけど、特に空冷系については、最近、パッと見では判断出来ない個体が

    かなり多く出回っているので、コレばっかりは本職の第三者機関の査定士さんに、

    百戦錬磨の厳しい目で見て頂くまでは全然安心出来ません。

    しかもこの車はサーキットで戦う為の車両ですので、特にじっくり診て頂きました。




    で、鑑定結果は・・・・・





    修復歴ナシ!




    正直言うと、こーゆードンガラ系の車なので、アライメントさえしっかり取れていれば

    最悪、多少の修復歴はあってもしょうがないかな〜って思ってたんですけど、

    驚いた事に今まで当たってないようです。

    エンジンOH済、ミッションOH済、クラッチOH済、盛りだくさんに投入されているパーツ類、

    修復歴なし・・・って、これ以外に何が必要でしょうか?(笑)

    ただでさえ今となっては希少になってしまった964カレラ2の5MTで、

    しかもこの内容を備えた出物って、そうそう出てくるものではないと思います。

    昨日は遠方から雨の中、↓コレを自走で運んできました。
    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3
    先日ご紹介した964改です。

    Sタイヤでドシャ降りの中、長距離を自走で運ぶのはとっても疲れましたけど、

    久しぶりにドンガラサーキット仕様の964を運転するのはめっちゃ楽しかったです。

    ハンドルを少し切っただけで車体がクイッと反応してくれるし、

    こーゆーのに乗ると、やっぱ車は軽いのが1番!って思っちゃいますネ。

    今度晴れた日にでもじっくりドライブしてみて、またインプレしたいと思います。(^^)

    突然ですが、来週こんなスゲ〜のがやってきます。

    委託販売車両です。


    ’90年式 964カレラ2

    5MT
    色:マリンブルーメタ
    車検:H25.10.27迄
    内装レス(ボディ同色ペイント)
    ロールゲージ
    エアコン有り
    2011年5月にエンジン・ミッション・クラッチOH後1000km(馴らし)。
    その後鈴鹿2回走行のみ

    <エンジン関係>
    O/H時の交換部品
    ・オイルシール、ガスケット類
    ・親メタル
    ・子メタル
    ・コンロッドスモールエンドブッシュ
    ・ピストンリング
    ・ポート研磨

    ミッションO/H時の交換部品
    ・1〜5速シンクロメッシュ
    ・Rシンクロメッシュ

    <改造箇所>
    ・ウルトラプラグコード
    ・APR AFC IMP3
    ・ホットワイヤー化
    ・RSクラッチ(ディスクはエクセディ)
    ・ATS 3.750ファイナル
    ・OS技研レース用LSD
    ・964RS用フロントキャリパー
    ・304MMディスクローター
    ・テイン製ダンパー(ブルー)
    ・フロント10K リア14K
    ・テイン製前後ピロボール
    ・フロントタワーバー(チタン)
    ・ボルト止めロールケージ(サイトウ加工品)
    ・RSエンジンマウント
    ・オリジナルマフラー(レース用)、タコアシ
    ・運転席レカロフルバケ
    ・助手席レカロセミバケ
    ・カットオフスイッチ
    ・993用タイロッドエンド
    ・シフトロッドピロボール化

    等々・・・

    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4

    イメージ 5

    自分で欲しくまってしまう仕様ですわ・・・マジで。。(^^;

    乞うご期待!

    このページのトップヘ