ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。ナローから991まで、ポルシェの中古車の事なら何でもお任せ下さい。

ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。996/997コンプリートカー、964/930ナロールック等、自分だけの一台も製作致します。




    JT-MODE 製品カタログはこちらをクリック


    今日はルポ君のお引渡しの日でした。

    次期オーナーさんは新潟の方で、新幹線で東京まで取りに来られるという事でしたので

    東京駅までお出迎えさせて頂きました。。
    イメージ 1





    帰りの事もあったのであまりゆっくり時間は取れませんでしたが、、

    近くの駐車場で車を確認して頂いたあと、ファミレスで昼食をご一緒させて頂きました。

    次期オーナーさんはVWの小さな車がお好きな方で、現在もゴルフ?にお乗りという事でした。

    ただ、ゴルフ君がかなりご老体で最近はあまり調子がよくない事から、

    ルポへの買い替えを検討していたところへ、タイミングよくボクのルポ君が目に止まったとの事。

    毎回の事ですけど、中古車をお譲りする時って、何かご縁みたいなものを感じてしまいます。

    スタッドレスも付属してますので、雪国の方にはうってつけです。




    帰りは東京の道路が全くわからないとの事でしたので、

    最寄の豊洲ICまで誘導し、ポータブルのナビもお貸し出しさせて頂きました。
    イメージ 2

    いつもの事ですが、次期オーナーに愛車をお渡しした時に

    こうやって旅立っていくうしろ姿を見ていると

    なんだか寂しい気分になってしまいます。

    このルポGTIは、とにかく運転が楽しくて本当にイイ車でした。


    末永く可愛がってあげて下さいネ!

    今日はルポちゃんをコイン洗車場に連れていってました。

    とは言っても、雨の日乗ってないからキレイだし、水洗いせずにササッと磨いただけですが。。

    室内も掃除機かけて、ピッカピカにしてやりました。(^^)
    イメージ 1




    帰りにガソリンランプが点灯したので、満タンにしてやりました。
    イメージ 2
    イメージ 3




    スッカラカンの状態から満タンにしても、これだけしか入りません。(^^)
    イメージ 4

    ついこの前まで乗ってたベンツのSLの時は、どれだけ入るんだか結構ドキドキものでしたけど、

    ルポは満タンでもこの程度しか入らないから心臓にやさしいです。


    320km走って26.37Lだから、燃費は約12.1km/L。

    いつもかなり回しながら走っているから、それでこの燃費なら上出来ではないでしょうか。

    ベンツやポルシェの倍ほど走るから、めっちゃ助かります!

    今週末は天気も良かったので、久しぶりにルポ君を引っ張り出してました。

    先週も先々週も乗ってなかったから、乗るのはこれが3週間ぶり。

    久しぶりに乗ってみると、やっぱ楽しい車ですね!


    月島の自宅から出発して、最寄の豊洲ICから大黒PAまで高速でフラリと行ってみましたけど、

    高速での安定感はバツグンです。

    イメージ 1

    イメージ 2

    めっちゃ小柄なのにこの直進安定性の良さは何?

    こういう小さな車でも、車の造り込みに一切手を抜かないのがフォルクスワーゲンのいい所ですね!


    それに、ルポって運転してると自分が小さな車を運転している気がしません。

    ボディ剛性が高い事が大きく影響してるんでしょうけど、

    座席が車体の中央より後ろの位置にセットされているので、

    視覚的にも圧迫感がないのも、そう思わせる原因かも知れません。


    大黒に着いたので、ちょっと記念撮影♪
    イメージ 3

    帰りはギアチェンジを楽しみたかったので、下道でカチャカチャやりながら帰ってきました。

    それにしても、最近は特に休日の首都圏は道が混んでますね。。

    今度は早朝の箱根あたりを思いっきり攻め込んでみたいっす。

    先日からめっちゃ楽しませてもらってるルポGTI。

    生産が打ち切られた今でも根強い人気が継続しており、中古車市場でもマニアックな値動きとも言える

    高値安定の相場と聞きます。

    日本に導入されたのが2003年〜2006年のみとなっており、

    その「希少性」ももちろん影響しているんでしょうけど、

    人気の理由はそれだけではないという事が乗ってからやっとわかりました。

    今日はその人気の理由について、インプレも含めて書いてみたいと思います。



    外観は見たとおり小さくてかわいいルックスで、特に丸目のつぶらな瞳が憎めないファニーフェイスです。(^^)

    ただ、その佇まいはどこかドイツ車特有の硬質感が漂っていて、

    更に若干張りが加えられたオーバーフェンダーや、GTI専用のバンパーやスポイラー類から

    タダモノではないゾという雰囲気も伝わってきます。

    この、国産車には存在しないドイツ車特有の雰囲気って、一体何なんでしょうね。(^^)

    同じような大きさのヴィッツやフィットには微塵も感じられない、一種独特の雰囲気です。
    イメージ 1



    で、室内に入ってみます。

    乗り込んだ瞬間、目に飛び込んでくるのはアルミの淵があしらわれたメーター周り。

    夜間はブルーのイルミネーションが光り、コンパクトカーとは思えない高級感があります。
    イメージ 2


    拍子抜けするほど軽いクラッチを踏んでシフトをローに入れると、「コクッ」と入ります。

    いかにも最近の車らしく、コクッコクッとシフトが入り(本当にコクって音がします)、

    とても剛性感のあるシフトフィーリングです。
    イメージ 3

    ステアリングはズッシリしており、ロック・トゥ・ロックは少なくとてもクイック。

    アイドリング音がとても太く、いかにもトルクがありそうな音なので、

    冗談のつもりで試しにポルシェのようにアイドリング発進してみたところ、

    難なく発進出来てしまいました。。

    車重が軽い(カタログ値:1,030kg、実測値は1トン未満とも言われる)事も影響してるんでしょうけど、

    これは凄いですよね!

    1,600ccでこんなに低速トルクがモリモリのエンジン、、はじめて経験しました。


    アイドリング発進後、1速でフル加速してみると・・・

    一瞬で吹け切ってしまいました。。(^^;

    慌ててギアを2速に放り込んで更にフル加速してみると・・・

    これも一瞬で吹け切ってしまいます。(笑)

    以降、3速→4速と繋いでもあまり回転数が落ちませんね。

    街中でも、常に3,000回転以上をキープしている感じです。

    めちゃめちゃローギアードで、しかも・・・クロスしています。。

    フツーの車の3速が、この車でいうところの4速ですね。

    5速まではチョイ乗りでもすぐに入ってしまいます。

    このギア比、まるでレーシングカーです。

    本当にこのまんますぐにでもサーキットに持ち込んでしまいたくなりますね。(^^)

    しかも絶妙なのは、このエンジンの一番美味しいところが3千〜4.5千あたりなんですが、

    常にそのパワーバンドに乗るように、ちゃんとギア比と各ギアの?がりが設計されています。

    しかもエンジンレスポンスがいい事との相乗効果もあって、

    ヒール&トゥ時におけるシフトダウンも、フォンフォン!って面白いほど上手くキマリます!

    フォルクスワーゲンの開発陣ってスゴイですね!

    めちゃめちゃ時間を掛けて、エンジンとミッションの特性を熟考された跡が窺えます。


    次に高速へ持ち込んでみます。

    するとボディ剛性の高さが際立ち、車格がひと回りも、ふた回りも大きなクルマに乗っている感がします。

    高速コーナーではロールは若干許すものの、トレッド幅が広いこともあって挙動の乱れはほとんどありません。

    特に優れているのが直進安定性。

    同クラスの国産車とはまるで比較にならないくらいにいいです。

    150km/hを超える領域でも全くバタつく事もなく、超が付くくらいとても安定してます。

    こういう所、さすがドイツ車ですね!

    正直言って実際に高速を走ってみるまでは、ボディが小さいし、ホイールベースも短いから、

    直進安定性は全然期待してませんでしたが、寸分隙のないバシッとした走りを終始披露してくれました。

    これなら長距離移動でも全然疲れないと思います。

    まさに小さなロングツアラーといった感じですね。

    イメージ 4


    このルポ君、サイズは全長3525mm×全幅1640mm×全高1475mm。

    全長は兄貴分にあたるポロより約200mm短く、マーチやヴィッツよりさらに短い!

    輸入車のなかでもかなり小さい部類に入り、国産のリッターカークラスはもとより、

    ボディサイズだけで検討するなら軽自動車も比較対象になってくるようなサイズですが、、

    実際に乗ってみると、いわゆる一般的な「コンパクトカー」とは全く別物だという事に気付かされます。


    本当は軽くて小さい車に乗りたいと思っていても、国産コンパクトカーだとどうしても安っぽく見えてしまうし、

    「男の見栄」の関係上、コンパクトカーを敬遠してしまうケースもあるんではないでしょうか?(笑)

    でもこのルポGTIは、決してその辺の単なる安っぽいコンパクトカーと一緒ではありません。

    走る上で必要のない無駄なデカさをそぎ落とし、かつ、走る為に必要となる骨太な骨格や筋力のバランスを

    緻密に計算しつくされた上で造られた「高性能スポーツカー」だと思います。



    「GTI」の冠が付いてるからには、かなり走りの次元が高い車であろう事は、

    乗る前からある程度予測はしていましたが、

    これほどドイツ車特有の骨太感や硬質感を味わえる車だという事は想像もしてませんでした。


    最近ルポに接する中で、今でもルポGTIにマニアックなほど拘っている根強いファンが

    たくさん存在する理由がハッキリわかったような気がします。

    今日は天気も良かったので、せっかくだからルポ君を引っ張り出して近所をドライブしてました。

    イメージ 1

    詳しいインプレは後日たっぷりアップしますけど、楽しいの一言ですね!

    ギアレシオがめちゃめちゃローギアードで、しかもほとんどのギアがクロスしてるから

    3速〜6速を積極的にギアチェンジしてやる事で驚くほど速く走れます。

    エンジンのレスポンスもいいから、シフトダウンのブリッピングもバッチリキマって楽し〜っ!

    湾岸線だとさすがにパワーのある車に負けますが(それでもメーター読み220近くまではイケます)、

    都心環状線あたりのクネクネしたコーナーの連続だと軽さにモノを言わせてポルシェよりも速く走れます。

    チビだと思ってナメてかかったらブッチぎられますよ〜(笑)

    イメージ 2

    こんだけギアチェンジが楽しい車だから、マフラーは換えてやりたいところです(今ノーマルなんです)。。

    給排気、イジろうかにゃ。。



    ドライブしてる途中、お台場で埠頭に迷い込んだら↓こんなキレイな撮影ポイントを見つけました。
    イメージ 3

    ガラガラに空いてるし、家から近くなので便利かも〜♪

    モデルみたいなオネーチャンが一緒だと、もっと絵になるんでしょうけどね。(泣)

    昨日はルポ君をGARAGE−J東京支店に持ち込み、ピッカピカに洗車して、

    コンディションをディテールまで入念にチェックしてました。

    キレイになったので、まずはポルシェをバックに記念撮影〜♪
    イメージ 1



    それにしてもこのルポ君、細部を見れば見るほど極上のバリモンです!

    まずはこの塗装の状態。

    ボディコーティングが施工してあるので、塗装がツルッツルのピッカピカです。

    見て下さい、この超鏡面ボディを!
    イメージ 2

    映り込んでいるRSやカップカーのナンバーを画像処理しないといけないほど鏡面状態です。




    ボディの下側も、フツーは多少なりとも飛び石で痛んでしまっているものなんですが、

    この車はこんな場所までピカピカです。

    新車でっか?
    イメージ 3




    エンジンルームもこの通りピッカピカ♪

    新車でっか?
    イメージ 4




    内装についても、シートやステアリングのスレなどもちろん皆無です。
    イメージ 5




    特にVW系の車種の場合、↓こういう場所が経年劣化によってネチョネチョしてくるものなんですが、

    この車の場合は全く劣化が見られません。

    よほど大切に乗られてきた車なんでしょうね。
    イメージ 6




    ↓この部分も、フツーは靴が当たって出来たキズがあっても仕方がないような場所なんですが、

    全くキズがありません。

    新車でっか?
    イメージ 7



    極めつけがこのビル足と赤キャリ〜!

    ツライチのWORKから赤いキャリパーがチラチラ見えて、たまりましぇん。。

    センス良くキマッたシャコタン具合もシビレます。。
    イメージ 8




    ただし、このユーロテールだけは趣味に合わなかったのでノーマルに戻しちゃいましたが。。。(^^;
    イメージ 9




    この車をはじめて見た瞬間、その佇まいからビビッと何か惹かれるものを感じて

    一気に購入に踏み切りましたが、そのバリモン具合はボクの想像をはるかに超えてました。

    この車の前オーナーさんは、これまでこの車にたっぷり愛情を注いで来られてたんでしょうね。

    ただえさえ希少なルポGTIですが、ここまで新車のようなコンディションの個体は

    全国探してもなかなか出てこないと思います。

    こりゃ〜大切に乗ってやらなきゃですね。。(^^)

    イメージ 1

    次期足車の選定にあたり、何にしようか随分悩みました。

    前回のSLの出来がかなり良かったので、今回もベンツで高級路線に走ろうか、

    あるいはドノーマルの930か964のカレラ4あたりを選んでみようかとも思いましたが、

    ベンツもポルシェも近いうちにGARAGE−Jにやってくる予定があるので、

    今回は純粋にいま自分で乗ってみたいと思っているホットハッチ系の車を選んでみました。

    実はアルファ147のGTAも候補に挙がっていましたが、

    どうせホットハッチに乗るなら、よりコンパクトでキビキビ走って楽しそうな車という事で

    ルポGTIを選びました。


    このルポGTIは、言わずと知れたVWのラインナップの中でも一番コンパクトなスポーティーグレード。

    さすが「GTI」というだけあって、素のルポと比較して「ここまでやるか?」というくらい

    メーカー側で手が加えられています。

    ザッと主なところをご紹介すると、

    ・1600ccDOHCエンジン
    ・アルミ製6速ミッション(クロスレシオ)
    ・アルミ製ボンネット・フェンダーによる軽量化
    ・バッテリー移動(F→R)
    ・スペアタイヤレス(軽量化)
    ・専用前後バンパー・サイドステップ・リアスポイラー
    ・前後オーバーフェンダー
    ・専用メッシュグリル
    ・2本出しセンターマフラー
    ・前後専用ディスクブレーキ
    ・赤キャリパー
    ・スポーツサス
    ・HID
    ・専用前後セミバケットシート(定員5名→4名)
    ・本革巻きステアリング・シフトノブ
    ・赤シートベルト
    ・専用インテリアデザイン

    等々・・・

    VWの気合いが入りすぎてて書ききれません。。(^^;

    こんな気合いの入り方、国産車ではありえませんね。


    実はこのルポGTI、日本国内に正規導入されたのは2003年〜2005年の短い期間のみの希少車。

    その中でも今回ウチに来たのは、’05最終モデルのコンディションは超バリモノ!

    走りの楽しさと同時に、この車がどれほどのバリモンかも併せて今後記事にアップしていきたいと思います。

    このページのトップヘ