ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。ナローから991まで、ポルシェの中古車の事なら何でもお任せ下さい。

ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。996/997コンプリートカー、964/930ナロールック等、自分だけの一台も製作致します。




    JT-MODE 製品カタログはこちらをクリック


    イグニッションスイッチの故障については随分前から996定番の故障個所として色々なところで紹介されてきています。
    症状としては、キーが抜けなくなったり入らなくなったり、回り方がグニュグニュで違和感があったり、最悪はセルを回す位置で動かなくなってセルが回りっぱなしになったり、キーを抜いてもエンジンがかかりっぱなしだったりという恐ろしい事が起こる事もあります。
    初期症状としてキーを回す時に少し違和感を感じてくるようになったら、そうなったら即交換です。
    放っておくともう間もなくキーの抜き差しが出来なくなるはずです。
    放っておいたばかりに出先でキーが刺さらなくなってローダーのお世話になったという事にもならないために早めの対処が必要です。 
    DSC06667

    【【996の定番故障個所】イグニッションキースイッチ】の続きを読む

    これは996だからという訳ではなく車全般に言える事ですが、ファンベルトの定期交換は必須です。

    昨日預かった梅ちゃんの996を今日UZIさんに持ちこんで交換してもらいましたが、ファンベルトがとんでもない事になってました。

    25

    16


    下の写真のベルト、真ん中が裂けてるのがわかりますでしょうか。(^^;


    しっかし、今回はたまたま気が付いたからよかったものの、気が付かずにこのまま乗ってたとしたら・・・・・考えただけでもゾッとしますよね。。(-"-;

    特に996以降のポルシェはメンテナンスフリー化が進んでますからエンジンフードを開ける事すら少なくなってる人も多いと思いますが、たまにはエンジンルームを覗いてみて、ベルトの状態や冷却水の量だけでもチェックしてみてくださいネ。(^^)

    先日、【996の定番故障個所】ラジエターのサブタンクという記事の中で、タンクの中に白い斑点が浮いていたり、タンクのフタの裏側にコーヒー牛乳のようなものが付いてたら超危険ですという内容を書きましたけど、先日久しぶりにその症状の車を見かけました。

    IMG_6948

    携帯の写メの画像だからピンボケで判りずらいかも知れませんが、タンクの中の冷却水がかなり減っており、水面には白い斑点のようなものが浮いています。

    【【996の定番故障個所】ラジエターのサブタンク②】の続きを読む

    これは996だけに限らず空冷時代からの定番箇所ですが、エンジンとミッションの繋ぎ目あたりからオイルが滲んでいる事がよくあります。

    空冷の場合は原因はクランクシールの劣化によるもので、シール自体は大して高いものではありませんが、エンジンとミッションを降ろしての作業になる為、エンジン/ミッション脱着の工賃がかかってしまいます。

    996の場合もクランクシールが原因の場合が多いのですが、996は空冷とは違ってミッションだけ降ろす事が出来るので工賃的に空冷より安く済みます。

    ただ、996の場合は別の理由でここから漏れてる場合があるので要注意です。

    その別の理由とは・・・・・?
    DSC05855

    【【996の定番故障個所】エンジンとミッションの繋ぎ目からのオイル滲み】の続きを読む

    これは定番というほど頻度は高くはありませんが、オルタネーターの上あたりに付いてるキャニスターパージバルブが壊れる事があります。
    これが壊れると夏場の気温の高いときしか症状が出ないなど、修理工場に持ち込んでもその時だけ現象が再現しないなど、故障個所の特定が困難な場合があるので一応ご紹介しておきます。

    キャニスターパージバルブ

    【【996の定番故障個所】キャニスターパージバルブの故障】の続きを読む

    オルタネーターも経年劣化が進むと交換が必要になる消耗品と考えなければいけないパーツの一つですが、996の場合、これがそろそろ逝ってしまう個体が増えはじめてきてます。

    これが壊れると当然ですが発電しなくなり、そのまま走り続けるとバッテリーが上がって出先で立ち往生します。

    DSC05767

    【【996の定番故障個所】オルタネーターの故障】の続きを読む

    これは996だからという訳ではなく、水冷の車全般に言える事ですが、ウォーターポンプの交換が定期的に必要です。

    DSC05771

    ダメになってくると↑↑↑この付近から冷却水が漏れてきます。  【【996の定番故障個所】ウォーターポンプ】の続きを読む

    これもよくある症状で、バリオカムのソレノイドやタペットカバー付近からよくオイルが漏れています。

    漏れていると言ってもポタポタ地面にオイルが垂れてしまっているほどの漏れではなく、滲んでる程度なので車を下から覗き込まないと気が付かないと思います。



    ↓↓↓これがソレノイド。
    DSC05770

    【【996の定番故障個所】ソレノイド、タペットカバーからのオイル漏れ】の続きを読む

    これも定番中の定番箇所ですが、ラジエターのサブタンクが経年劣化すると亀裂が入り冷却水が漏れてきます。

    これも一度は交換するパーツですが、996前期の場合は結構パーツ代が高く4万円台もします。

    タンクが黄ばんでいるようだと、そろそろ交換時期が近いかも知れませんので、一応近々交換する覚悟をしておいたほうが良いと思います。
    DSC05759

    冷却水の量についてはたまには見ておいたほうが良いですが、減ってくると水温計の警告灯が点滅します。
    【【996の定番故障個所】ラジエターのサブタンク】の続きを読む

    元々空冷ポルシェが主力車種だったガレージJですが、気が付けば今は販売車種の7割以上が996シリーズになっています。

    これまで数多くの996を納車させて頂いたり、エンジンフルOHをはじめとするメンテナンス作業をさせて頂く中で、かなり996に対するノウハウも蓄積されてきてますので、
    その中から、ガレージJが996を仕入れてくる際にチェックしているポイントであったり、お客様へ納車する前の点検や整備を行う中で定番と思える故障個所のうち、
    比較的誰にでもわかりやすくて、且つ、頻繁に起こりうる箇所をご紹介していければと思っております。
    少しづつて不定期になると思いますが、これから996を選ばれる際や、ご自身の愛車の健康診断の際のご参考にして頂ければと思います。

    で、今回の第1回目は「エアマスセンサー」です。

     DSC05773
    【【996の定番故障個所】エアマスセンサー】の続きを読む

    このページのトップヘ