これは996だけに限らず空冷時代からの定番箇所ですが、エンジンとミッションの繋ぎ目あたりからオイルが滲んでいる事がよくあります。

空冷の場合は原因はクランクシールの劣化によるもので、シール自体は大して高いものではありませんが、エンジンとミッションを降ろしての作業になる為、エンジン/ミッション脱着の工賃がかかってしまいます。

996の場合もクランクシールが原因の場合が多いのですが、996は空冷とは違ってミッションだけ降ろす事が出来るので工賃的に空冷より安く済みます。

ただ、996の場合は別の理由でここから漏れてる場合があるので要注意です。

その別の理由とは・・・・・?
DSC05855

【【996の定番故障個所】エンジンとミッションの繋ぎ目からのオイル滲み】の続きを読む