ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。ナローから991まで、ポルシェの中古車の事なら何でもお任せ下さい。

ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。996/997コンプリートカー、964/930ナロールック等、自分だけの一台も製作致します。






    JT-MODE 製品カタログはこちらをクリック


    タグ:ターボ

    ポルシェ探しをご依頼頂いていたKさんの996ターボSが見つかりましたー

    ご希望のモデルは996ターボだったのですが、希少な「ターボS」がうまくご予算の範囲内で見つかってよかったです。(^^)

    DSC01877


    【Kさんの996ターボSが見つかりましたー】の続きを読む

    岐阜県のFさんのところに嫁ぎ先が決まっている’87カレラのターボルックですが、Fさんのご要望によりキレイにリフレッシュ中です。

    とは言っても、もともとある程度キレイな車ではあるのですが、「どうせ乗るならピッカピカにして乗りたい」というFさんのご希望で、ボディとエンジンルームをピカピカにすることになりました。(^^)

    というわけで、まずはエンジン降ろしてピカピカに磨いてまーす。

    DSC01718
    【Fさんの930ターボルック、リフレッシュちう】の続きを読む

    先日やってきたグランプリホワイトの930ターボルックですが、岐阜県から現車確認にお越し頂いたFさんのところへ嫁いで行くことになりました。

    この車は全国の本当に沢山の方からお問合せを頂きまして大変ありがとうございました。

    Fさん以外にも欲しいと思って頂いてた方が沢山いらっしゃったと思いますが、中古車は早い者勝ちが大原則となりますので、残念ながら手に入れることが出来なかった方にはご理解頂きたくお願い申し上げます。m(_ _)m

    P1270072
    【930ターボルックの嫁ぎ先が決まりました】の続きを読む

    昨日の晩はHさんの930の納車でした。

    この車両はボディやエンジン、内装など改造箇所がほぼ全部なので納車までに気が遠くなるほどの時間がかかってしまいましたが、ようやく納車出来て感無量です。

    外装は’74RS3.0をモチーフに、前後バンパーやオーバーフェンダー等を取り付けた上で、純正のブリティッシュレーシンググリーンにオールペンし、ホイールはお約束の9J+11Jですが、インチ数はタイヤをチョイスしやすいように敢えて17インチのアロイタイプを選択しました。
    ゴムモール類まで全て新品交換しながら仕上げましたので、外装は新車のように生まれ変わりました。

    DSC01279
    【Hさんの’89カレラ改ターボが旅立って行きました】の続きを読む

    長らくお待たせしてしまっているHさんの’89カレラ改3.45ターボですが、調整や整備と外装がほぼ終わり、ただいま内装の仕上げ中です。

    今日はオールペンした塗装が落ち着いてきたので、外装の仕上げとして磨きとガラスコーティングを施しました。

    まるで新車みたいにピッカピカになりましたよー(^^)

    ファイル 2017-11-06 14 41 19
    【Hさんの’89カレラ改ターボ、ラストスパートちう】の続きを読む

    納車準備中のHさんの’89カレラ改ですが、機関の整備は一通り終わっているものの、念のため燃料ラインを再度チェックし、経年劣化で一部もゴムホースがだんだん硬化してきているのが見受けられましたので全交換しておきました。

    DSC00968

    【Hさんの’89カレラ改ターボ、燃料ラインリフレッシュ完了~】の続きを読む

    ただいま製作中のHさんの’89カレラ改ターボですが、公認車検取得の為、一旦ドナドナされていきました。

    今回取り付けたターボフェンダーや乗車定員の変更、ターボSエンジン(930/66S)搭載に伴う原動機の変更等です。

    DSC00414

    【Hさんの’89カレラ改、公認車検取得へ】の続きを読む

    つい最近、Iさんの’75カレラ改’72STルック3.6を久々にお預りしました。

    このサイトをご覧頂いてる方はご存知の方も多いと思いますが、この車は2年前に何度も徹夜して死ぬような思いをしながら1から作り上げた車両なので、特に思い入れが深い車です。

    今回は車検でお預りさせて頂きました。

    あれから2年経って1.4万キロほど走破して頂いてますけど、これといって大きな故障もなくちゃんと走ってくれてるようなのでホッとしてます。(^^;
    DSC00411
    【空冷カスタムコンプリート】の続きを読む

    このページのトップヘ