ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。ナローから991まで、ポルシェの中古車の事なら何でもお任せ下さい。

ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。996/997コンプリートカー、964/930ナロールック等、自分だけの一台も製作致します。






    JT-MODE 製品カタログはこちらをクリック


    タグ:中古

    P1220687

    みなさんポルシェを購入する時ってまず何から検討しますか?

    どのモデルにするかですか?それとも予算が先ですか?


    ボクの考え方は、まず1番先に決めないといけないと思うのは予算だと思います。

    だって、いくら「73RSの本物が欲しい!」って真剣に思っていても、それに見合う予算がないと手に入れる事は出来ませんもんね。

    なのでまずは最初に予算を決めて、その上でその予算の範囲内で買えるモデルを検討していくというのが普通だと思います。

    そうすれば、たとえばどのモデルにしようか迷ってるという方でも、必然的に検討出来るモデルがある程度絞り込まれてしまいますよね。


    で、ところで、その「ポルシェを購入する時の予算」って皆さんどう考えますか?

    一般的には「予算○○○万円以内で」って考えるのが普通だと思います。

    ガレージJにポルシェの購入の相談をしにお越し頂く方々も、こちらから「予算は?」をお聞きすると、普通は「予算○○○円~○○○円くらいまで」ってお答えが返ってきます。

    それは全然間違いではありませんし、キャッシュでポルシェを購入されるならもっともな考え方だと思います。

    でも、最近はちょっと違ったアプローチでポルシェの購入予算を考える方がすごく増えてきてます。

    で、どんな予算の考え方をされるかというと、予算がいくらというよりも「月々いくらまでなら払えるか」なんです。

    もちろん全額キャッシュでご購入される方の場合は話は別ですが。。(^^;
    【中古ポルシェを買うときの「予算」の一つの考え方】の続きを読む

    この度白い997カレラがやってきました。

    人気の6MT、スポーツエキソースト付きです。

    この車両は2年程前に当社から販売させて頂いた車両で、その後のメンテナンスや車検も当社で行ってきた車両です。
    P1220562

    【白い997カレラ(6MT)がやってきました】の続きを読む

    今日はオークションの日だったので朝から会場に下見に行ってました。
    今日も何人かのお客様にご依頼を頂き車を買いに行ったんですが、今回は全部買えませんでした。。。
    スイマセン!(^^;

    まあ、オークションですから買えない理由も色々ありますが1番多いのは、①車の程度の割に値段だけ異様にセリ上がっちゃって予算と合わなくなってしまったか、②実際に現車を見てみると、出品票には書いてなかった致命的な部分が新たに見つかってしまって見送る事になってしまったかです。

    ①についてはポルシェの場合、だんだんこれがフツーになってきてるのであまり驚かなくなってしまいましたが、問題は②のほうで、よくあるのがエンジンのOHをしないと直せないオイル漏れがあるケースと修復歴の見落としがあるケースです。
    これがあるからポルシェを買うときは、たとえ査定士がチェックしているオークションの車両であっても現車確認しない事には心配で買えません。

    オイル漏れについては、特に空冷ポルシェの出物についてはもはや年式的に漏れてないほうがおかしいくらいで、問題となるのは「どこから漏れているか」で、その見極めが重要です。

    たとえばタペットカバーやチェーンカバーのパッキンあたりからだったら、いくらジャジャ漏れしていてもどうにでもなりますが、スルーボルトからのオイル漏れについてはたとえ微量で滲んでいる程度であっても見逃してしまうと命取りになりかねません。
    しかしながらこの見極めについては非常に難しく、たとえばチェーンケースからのオイル漏れであってもオイルの雫がクランクケースの合わせ目を伝っていき、パッと見はスルーボルトから漏れているように見えてしまう事もありますし、それ以前の問題として、そもそもアンダーカバーが付いているのにどうやってオイル漏れの箇所を見分けるの?っていうのもあります(もちろん、ボクはアンダーカバーが付いてても見極められます)。
    だからこそ、ポルシェの見立ては一般の方には到底難しく(というか無理です)、何百台もポルシェ専門的見立ててきた人間が行わないとかなり危険だと思います(他車種と見極め方が全く異なります)。

    修復歴についてもポルシェの場合、他車種と見極め方が異なる部分があり、実はこれが百戦錬磨の査定士であっても見落としてしまいがちになる原因です。
    今日も実は評価点4点(5点満点のうち4点なのでまあまあキレイ、修復歴もナシという評価)のポルシェを現車確認していたところ、またまた修復歴を見つけてしまいました。
    会場の査定士に再度確認してもらったところ、評価点が4点⇒R点(修復歴あり)と訂正が入りましたが、こんなの全然めずらしい事ではありません(というか、毎回のように1台や2台は見つかります)。

    【今日も空振りでした。。。】の続きを読む

    このページのトップヘ