ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。ナローから991まで、ポルシェの中古車の事なら何でもお任せ下さい。

ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。996/997コンプリートカー、964/930ナロールック等、自分だけの一台も製作致します。






    JT-MODE 製品カタログはこちらをクリック


    タグ:GT3

    尿管結石になって2日目ですが、まだおなかの激痛が続いてます。。。

    でも今少し痛みが治まってきたので、いまのうちに記事を書こうと思います。


    本当は昨日書きたかったのですが、おとといの日曜は常連のYさんにご購入頂いた996後期GT3の納車でした。

    納車だというのになんだかバタバタしていて、ほとんどお話も出来ずにすいません!(^^;

    いつもお会いしているYさんだったので、甘えさせて頂きました。
    DSC03833
    【Yさんの996GT3が旅立って行きました】の続きを読む

    今日はTさんにご購入頂いた後期型996GT3が旅立って行きました。

    最近東京は晴れの日が続いておりますが、今日もカラっと晴れた納車日和に恵まれました。(^^)

    DSC03543
    【Tさんの996GT3が旅立って行きました】の続きを読む

    昨日アップさせて頂いた’00年式996カレラGTエディション(6MT)ですが、これより販売を開始させて頂きたいと思います。

    20台限定の希少車というだけではなく、4年半前より当社のお客様がお乗りになられていたので素性もハッキリしています。

    この年式の996はインタミ問題の対象外ですが、念には念を入れて前回納車時には対策ベアリングに交換済であったり、996定番のエアマスセンサーやクランクシールも交換済です。

    また、直近では今年1月の車検時にウォーターサブタンクやウォーターポンプも交換されていたりと、996で気になる箇所は一通り手が入っていますので、安心してお乗り頂けるのではないかと思います。
    10



    【スピードイエローの996GTエディションの販売を開始します】の続きを読む

    新しくスピードイエローの996カレラGTエディション(6MT)がやってきました。

    GTエディションは工場出荷時に996カレラに対して最初っからパワーキット(X51)やスポーツサスペンション(030)が組み込まれた320ps仕様の特別使用車で、当時日本で20台限定で販売されたとても希少な車です。

    この個体は更に純正のGT3ルックのカップエアロキット(XAA)が装着されていて、しかもボディカラーが人気のスピードイエローという好き者にはたまらない個体です。

    P1320196
    【希少な996のGTエディション(6MT)がやってきました】の続きを読む

    先日キャンペーンを開始させて頂きましたスピードイエローの997カレラ(6MT)ですが、3連休最終日にお越し頂いた神奈川のMさんのところへ嫁いで行くことになりました。

    他にも数人の方からキャンペーンのブログの記事をご覧頂きお問合せ頂いておりましたが、いつもフェアに早い者勝ちとさせて頂いておりますのでご了承頂ければ幸いです。

    P1220894
    【スピードイエローの997カレラの嫁ぎ先が決まりました】の続きを読む

    昨日は12H耐久のミーティングでしたのでガレージJは大人数でごった返しておりましたが、その合間を縫ってHさんのGT3を納車させて頂きました。

    Hさんもちょうど耐久のミーティングに参加されてましたので、ついでに(?)納車出来ました。(笑)
    DSC02629
    【Hさんの後期996GT3が旅立って行きました】の続きを読む

    水曜日は埼玉県のOさんにご購入頂いたスピードイエローの後期996GT3が旅立って行きました。

    ここのところお天気が不安定ですけど、この日の納車のタイミングでは晴れてくれてたのでよかったです。(^^)

    DSC02583
    【Oさんの黄色いGT3が旅立って行きました】の続きを読む

    今日は札幌のIさんにお買い上げ頂いたGT3仕様の997カレラ(6MT)が陸送で旅立って行きました。

    あいにくの天気でピッカピカの車が雨に濡れてしまいましたが、実は金曜日にIさんが出張で東京にお越しになられた時にガレージJに寄って頂きあらかじめ現車確認や試乗をして頂いていて、その時にキレイな状態をご覧頂いているのがせめてもの救いです。(^^;

    DSC02514
    【北海道のIさんの997が旅立って行きました】の続きを読む

    このページのトップヘ