発売になったばかりのTHE 911&PORSCHE MAGAZINEの最新号(78号)から、ウチの広告を全面的にリニューアルして頂いたんですが、そこには「ポルシェに400万円の経済学を」というタイトルが付けられています。

この文言は当然ボクが考えた訳ではなく(笑)、編集長の清家さんが考えて下さったものなんですが、ボクがいつも抱いている想いがうまく一言で表現されているフレーズで、とても気に入っています。
JTMODE広告

 
このブログには何度も書いてる事ですが、ボクは30歳くらいの時にはじめて964のカレラ2(5MT)を買ったんですけど、その当時はまだサラリーマンで収入も決して多い訳ではなく(今でも多い訳ではありませんが)、
経済的にかなり無理をして購入しました。
当時は今ほど964が高かった訳ではありませんが、それでも車両価格が280万円、諸費用とかなんやかんやで乗り出しで大体300万円。
それから草レースに出る為に改造してたらあっという間に総額で350万円を超えましたが、それ以外にもオイル交換等の通常メンテに加えてレースに出るたびにお金も掛かってましたので、他の娯楽は一切やらずに自由になるわずかな資金を全てポルシェに注ぎ込んでました。
その頃の事を今振り返ってみると、ポルシェを購入する時に注ぎ込める資金の限界は400万円くらいで、どう頑張ってもそれ以上は経済的に無理。
それ以上の資金を用立てしようとすると、生活費や貯金に手を付けるしかなく、生活レベルを変えるしかありませんでした。
だからボクの勝手な個人的な感覚としては、未だに普通の人(?)が今の生活を変えずにポルシェに出せるお金って400万円くらいが限界だろうと思っていて、実際、ウチが販売させて頂いたポルシェも総額で400万円前後のものが最多価格帯になっています。

ところが一方で最近のポルシェの相場を見てみると、ご存じの通り空冷モデルが高値が付いてしまっており、400万円以内で満足出来る個体を見つけてきて、更にそこから自分好みに弄っていくというのは予算的に現実的では無くなってきているというのが現状です。
そこで我々が目を付けたのが996(カレラ系)です。
996であれば空冷ポルシェとは全く違った相場の中で市場が形成されてますし、996がベースであれば、ひと昔前に我々がファーストポルシェとして964を選び、それをベースに自分好みに仕上げていった時と同じような予算感で十分ポルシェを楽しめると思います。
しかも車の性能的には3.4Lのノーマルの時点で既に300馬力もあり(993RSと同じ出力)、ボディ剛性や足だってそれまでの空冷モデルを遥かに凌ぎますので、ベースとしては持ってこいです。
ただ、それを思い付いた当時(約2年前)は、「996」といえばまだ不人気車種で、その理由として言われてたのは主に以下のようなものです。

<ちょっと前に996が敬遠されていた主な理由>
1.カエル目ではなくカッコ悪い
2.インタミ問題が心配
3.音がポルシェっぽくない
4.乗ると平和すぎて乗用車っぽく、面白くない
5.なんとなく壊れやすそう
6.行きつけのショップが弄れない

JT Modeを立ち上げる前の2年前当時、何を隠そうボクも長年964に乗ってきた空冷派ですから、同じような事を考えていて996には目もくれてませんでした。
ところがそのタイミングでたまたま下取りで買い取った996前期型のGT3と、委託販売で預かった996前期型のGT3カップの2台のシャコタン996がガレージJに置いてあり、その2台の低く構えたフォルムを見ているとどう考えたってカッコ良くて、その迫力は空冷ポルシェにも引けをとってません。
その時、ポルシェは空冷だろうが水冷だろうが車高を低くしてしまえばどれも全部カッコイイという事に気が付きました。(笑)
で、早速ドノーマルの996カレラを1台買ってきて、カップカーと同じ車高にしてみるとやっぱカッコイイ!
これを更にエアロをくっつけてドレスアップしてやればもっとカッコ良くなるはず!と確信し、エアロを探しはじめたのですが、悲しい事に当時の996はやはり不人気車種というだけの事はあり、GT3風にする為のキットしかほとんど販売されてませんでした。
ただGT3はもちろんカッコイイし、それを真似るのももちろんアリなんですが、でもなーんか釈然としない。。
ポルシェがわざわざGT3系とは別の楽しみ方としてカレラ系を用意した訳ですから、カレラはカレラなりの楽しみ方があるはず。
もっと日常的に使える身近な存在としてカレラ系が存在していると考えるのならば、カレラなりの楽しみ方の延長線上にあってGT3とは違う存在感を持った車があると面白いのではないかと考えてやりはじめたのが「JT Mode」です。
でも、996をみんなで楽しむ時には、やはり上記の996が敬遠されてきた問題点が克服されてないといけない訳ですが、ただいま現在我々はこう考えています。

<JT Modeが考える996の現状>
1.カエル目ではなくカッコ悪い
⇒どう頑張ったって996はカエル目にはなれませんが(キットも出てますがやはり違和感があると考えます)、JT Mode製のボディキットや車高調等で996も空冷並みにカッコ良く出来ます。

2.インタミ問題が心配
⇒前期型についてはそもそもベアリングの問題は存在しません。対象となっている後期型に関してはポルシェセンターさんにて無償のサービスキャンペーンがされており、点検を受けた車両の当該箇所に関しては保証される事は皆さんご承知の通りです。

3.音がポルシェっぽくない
⇒今まで不人気だったので良いエキゾーストシステムがアフターパーツとして存在してない為だと考えます。JT Mode製の集合マフラーでこの問題は解決出来ます。今年の12H耐久で出場させて頂いた青い996耐久号も空冷ポルシェには負けない、いやそれ以上のサウンドを轟かせてましたし、それを現地で聞いていた多くの方々も996でこんな音が出るなんてと驚かれてました。

4.乗ると平和すぎて乗用車っぽく、面白くない
⇒確かにエアコンの効きや乗り心地など、空冷ポルシェより遥かに平和です。でも、日常からヒョイと乗って楽しめるのが996の良さでもあります。

5.なんとなく壊れやすそう
⇒これはキッパリ言いますが、迷信であり都市伝説です。ハッキリ言って空冷より全然壊れませんし、拍子抜けするほど頑丈で、お金もそんなにかかりません。信頼性の高さは今年の12H耐久で走った996カレラ(Tip)で証明済です。

6.行きつけのショップが弄れない
⇒エンジンOHでもしない限り、日常的なメンテについてはほぼどこのショップでも触れるはずです。もし996を敬遠している整備屋さんがあったとしたら、ただ触った事がないから慣れてないのでやりたくないだけだと思いますので、もし何なら別のところをご紹介します。
もちろんですが、あらゆるパーツも普通に調達出来ます。

多少、個人的な意見も入ってますがそこはお許し下さい。(^^;
でも、ほぼ外れてないと思ってます。


これを踏まえて、初めて乗るポルシェを何にしようか考えた場合、996ってドンピシャだと思いませんか?
空冷より全然安く買えるし、良い個体を選んで買っておけばほとんどお金もかかりません。
維持費については新しめの国産車並みとは言いませんが、フォルクスワーゲンやアウディ、BMW等の他の一般的な欧州車と何ら変わりません。
しかも今ではJT Modeからも996用のアフターパーツも色々出てますし、今後も拡充していく予定です。

そこで、もし最初にポルシェに用意出来る予算が仮に400万円だとするならば、その範囲でカッコイイポルシェをオールインワンで最初っから作っちゃいますよというのが、JT Modeのコンプリートカーの考え方です。

DSC05880

ポルシェのベース車両を自分で見つけてきて、バラバラにパーツを調達しながらこんな感じに仕上げようと思っても、絶対こんな予算じゃ作れませんし、時間も手間もかかってしまいます。

それがJT Modeのコンプリートカーの場合、もちろん車体もホイールも車高調もバーフェンも、ぜーんぶ入れて400万円で作れてしまえるんです。
ちょっとしたアウディやBMWを買う予算以下で、ポルシェのコンプリートカーが手に入るんです! 
しかも色も自由に選べてプラモデル感覚で作れるから、コンプリートカーを手に入れたオーナーさん達は皆さん「新車買うよりワクワクする」と口を揃えておっしゃって頂けてます。

もちろん空冷ポルシェも楽しいです。
ボクも長年964で走ってる無類の空冷好きですから、それもよーくわかります。
ただ、時代が変わってしまってます。
もう、あまり手がかからなくて安く買えるMTの964や993は、一般的には既に存在しないんです。
そんなのあったらボクが欲しいです。(笑)
最もファーストポルシェに400万円以上使える経済的に余裕のある方で、なお且つ日常のメンテナンスにある程度覚悟が出来ているような方は別として、ボクがはじめてポルシェを買った時と同じような価値観の、出来れば400万円くらいでまともなポルシェを手に入れたいという方については、MTの964、993は、申し訳ありませんが見つかる可能性がとても低いと言わざるを得ない状況です。

空冷ポルシェを追いかけ続けた挙句、なかなか予算内でいいものが見つからずに時間ばかりが過ぎてしまい、それに疲れてポルシェに乗るのを諦めてしまうくらいなら、一度冷静に水冷ポルシェにも目を向けてみて下さい。
水冷ポルシェにも紛れもなく古くから受け継がれてきたポルシェのDNAが間違いなく存在しています。

一度しかない人生、ポルシェに乗るチャンスを逃してしまって手遅れになる前に、まずは身近なポルシェで夢を叶えてみませんか?
ポルシェに乗ると、人生が変わります!(^^)