ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。ナローから991まで、ポルシェの中古車の事なら何でもお任せ下さい。

ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。996/997コンプリートカー、964/930ナロールック等、自分だけの一台も製作致します。







    2013年12月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    今日、スゲ〜のがやってきました。

    コレって新車?って思えてしまうようなコンディションです。
    イメージ 1
    関西の常連のお客様からのご依頼でゲットしてきたのですが、

    こんな車、2度と見つけられないと思います。(^^;

    詳しくはまた後日!(^^)

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ん〜、今日もまだ仕事が終わりません。。


    ホイールリペアやタイヤ交換、その他諸々の修理でお預りしていたワイドボディの964、

    いよいよ明日納車です。
    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4
    う〜ん、それにしてもカッコイイ!

    フロントに265、リアに305のクムホV700を新調したんですけど、

    このサイズでもまだリムが出っ張ってるところがイイ!(^^)

    内装はもちろんドンガラ!

    やっぱ男の車はこ〜でねえとです。

    でも、エアコン付いてて結構フツーに街乗り出来るとこがまたイイです。

    やっぱ今どきのチューニングカーは、カッコ良くてスパルタンなだけじゃなく、

    乗りやすくなきゃダメですね。(^^)

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    先日嫁ぎ先が決まってただいま納車準備中の’92 964Tipですが、

    ノーマル化が完了し、こんなにスッキリとイメチェンしました。
    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3
    今回ノーマルに戻したのは、

    ・GT2ルックリアフード ⇒ ノーマルフード
    ・フロントリップ ⇒ 撤去
    ・社外18インチ ⇒ 純正17インチカップ
    ・ワーナーマフラー ⇒ 純正マフラー(触媒+サブ+メイン)

    になります。



    ただ、シャコタンはそのままにしてあるのですが、964って一見ノーマルに見えても

    ちょっとだけ車高が落ちててチョイ悪みたいな、この車くらいの程よい感じが

    一番カッコ良く見えるかも知れませんね。(^^)

    今まで散々コテコテの964を見てきたので、こーゆーのがかえって新鮮です。


    ついでに下回りもチェックしてみましたけど、オイル漏れもなく相変わらずキレイな下回りでした。
    イメージ 4

    イメージ 5

    イメージ 6

    イメージ 7

    イメージ 8
    あとは964定番のエアコンコントロールユニットからの漏電によるバッテリー上がりの症状がみられるので、

    それを修理すれば完成です。

    週明けには納車なので、それまでにはなんとか間に合わせます!(^^)

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    イメージ 1

    今日は先日ご依頼頂いて見つけてきたケイマンSの納車でした。

    今回は名義変更についてもこちらで行った上で納車という形でしたので、

    まずは埼玉陸運局で名変してからオーナーさんのご自宅に伺って納車させて頂きました。
    イメージ 2

    イメージ 3
    今日の午前中はあいにくの天気だったんですけど、オーナーさんのご自宅に着くころには雨も上がり、

    そのあと昼食をご馳走になってしまったのですが、食事が終わってお店を出た時には

    なんと太陽が出るくらいに晴れて納車日和になってました。

    あんなにひどかった天気だったのが一気に晴れてしまうだなんて、

    多分オーナーさんはよほどの晴れ男なんだと思います。(^^)


    そういえばこの距離が少ない白い右ハンドルのPDKのケイマンSも実はなかなかの希少車で、

    最初にご希望をお聞きした時は、正直こんなのなかなか見つからないと思ってたんですけど、

    意外や意外、オーナーさんに引き寄せられるかのようにかなりあっさり現れてくれました。

    今回の納車の時の天気の事といい、条件にピッタリ合う車が早く見つかった事といい、

    やはりオーナーさんの「ポルシェが欲しい」という強い想いが、

    周囲の状況をいい方へいい方へと動かし、今回手に入れたケイマンSとの縁も手繰り寄せたんだと思います。

    こーゆー不思議な事って、ポルシェ探しのお手伝いを長くやってると、たまにあるんですよねぇ。(^^)

    兎にも角にも今回は最高の形で最高のポルシェをオーナーさんの手元にお届けする事が出来、

    とても嬉しいです。

    ポルシェを購入する手段はいくらでもありますけど、そんな中からウチをお選び頂き大変有難うございました!


    それと、今回このケイマンSを手にされたオーナーさんをご紹介頂いたのは、

    ボクの昔っからのポルシェ仲間でいつもとてもお世話になっているつくつくさんで、

    昨年自らの愛車の993をご購入頂いた上に、今回このような形で新たなお客様をご紹介頂けて

    とても感謝しています。

    ガレージJは皆様からの暖かいご支援があってこそ成り立っているちっぽけな車屋です。

    何卒引き続き皆様からのご支援ご情を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。m(_ _)m

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    今週は納車ラッシュです。

    今日は朝から修理やモディファイでお預りしていたレーシーなこの2台を

    それぞれのオーナーさんが取りに来られます。

    それにしてもこの2台、どっちも痺れます!
    イメージ 1

    イメージ 2
    どっちも内装ドンガラでゲージが入っててエアコンレスな変態車。

    でもめちゃめちゃ軽くて面白い!

    一度こーゆーのに乗っちゃうと、もうフツーのでは満足出来ましぇん。。

    2台とも自分で持っておきたくなってしまう車です。(^^)

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    昨日、THE 911 & PORSCHE MAGAZINE が届きました。

    今回はウチのお客様を沢山載せて頂いて大変ありがとうございます!
    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4

    イメージ 5

    イメージ 6

    イメージ 7

    イメージ 8
    今回も読みごたえのある内容が盛りだくさんで、

    ポルシェ乗りはコレを読まなきゃ始まらないッスね〜!

    皆さん是非書店で買って読んで下さい。(^^)

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    最近はずっと慢性的に置き場がパンク気味なんですが、

    今日またとうとう容量をオーバーしてしまいました。。
    イメージ 1
    これでは作業も出来ないので、来週は台数削減週間にしたいと思います。(笑)

    皆様ご協力の程よろしくお願い致します。(^^;

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    今日は先日やってきた996カブリオレを試乗してました。

    実は車検が切れててまだちゃんと乗ってなかったので、まともに乗ったのは実は今日が初めてです。(^^;
    イメージ 1
    今日は日中は晴れてたので、屋根を開けて走るとメッチャ爽快♪

    この開放感は何物にも換えがたい魅力ですね。

    それにポルシェのカブリオレは単なるオープンカーとは違います。

    ボディ剛性がきちっと担保されてて、公道を走るレベルだと走りはクーペと全く遜色ありません。

    これは996だけではなく、どのモデルのポルシェのカブリオレに乗っても同じなのですが、

    屋根を閉めて走ってると、この車がオープンカーだったという事を忘れてしまうほどガッチリしてます。
    イメージ 2
    996のカブリオレって、顔が986ボクスターと同じなだけに、一体ボクスターと何が違うの?って

    思われるかも知れませんが、何をおっしゃいますやら、乗ってみると全然違います。(^^)

    ボディのしっかり感然り、エンジンのパワーやトルク感然り、足の剛性感然り・・・。

    屋根がない事以外、乗った感じが911のクーペモデルとほとんど変わらないので、

    911とボクスターとの違いが、ほとんどそのままカブリオレとボクスターとの違いという事になると思います。


    これからこのカブリオレはJTModeのコンプリートカー7号車として作り込んでいきますが、

    ただでさえ魅力満載の996カブリオレが更にJTMode化されるというだけで、

    なんだかワクワクしてしまいます。(^^)

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    今日、カレージJが陸運局からディーラーナンバーの交付を受けました。

    1か月くらい前に申請しておいたのですが、無事に審査が通ってホッとしてます。(^^;
    イメージ 1
    これがあれば車検が切れてしまっている車やナンバーが付いてない車でも、

    いちいち仮ナンバーを借りる事なく車を動かせるようになるので、仕事の効率が上がります。

    本当はもっと早く欲しかったのですが、実は申請すれば誰でも交付されるというものでもなく、

    条件的にある一定の販売台数をクリアしていないと交付されません。

    なのでディーラーナンバーを持ってる車屋さんって、それなりに台数を販売している車屋さんって事になるので

    持ってるのはかなり大きめな車屋さんが多いんですけど、ウチみたいな小さなところが

    ディーラーナンバーを持てるというのは、本当に有難い事だと思います。


    ディーラーナンバーは法人化してからの目標の一つでもあったのですが、

    おかげさまでそれがまた一つクリア出来ました。(^^)

    もちろん交付される事で終わるのではなく、問題はこれを使っていかに仕事の効率を上げて

    サービスを向上させ、最終的にはお客様への満足度を向上させるのが目的ですので、

    ガンガン使って行きたいと思います。

    これからも皆さんにガレージJ選んで頂けるよう努力してまいりますので、

    引き続きご愛顧のほど宜しくお願い致します。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ただいまオーバーホール作業真っ最中の996カレラパワーアップエディションですが、

    現在は交換パーツの洗い出しが完了し、パーツを手配中です。

    今回はオーナーさんのご意向もあり、996で心配になるところは一掃する方針で、

    水回りのホース類は前方のラジエター周辺も含めて全交換、その他経年劣化してくるエンジン周りのパーツは

    予防交換も含めて交換してしまいます。

    今回全バラした結果、シリンダーヘッド(1−3番)に亀裂が見つかり、

    このパーツ代だけで50万以上してしまうのがかなり痛かったのですが、

    これが大きな要因となり当初の予算を大幅にオーバーしてしまったにも関わらず、

    ご予算の増額にご了承頂けたオーナーさんに感謝感謝です。(^^;

    少々コストはかかってしまいましたが、その代わりこれ以上ないくらい安心して乗れるポルシェが

    出来上がると思いますので、作業の経過や完成した後のエンジンフィーリング等々、

    今後も引き続きレポートしていきたいと思います。


    で、今回のOH作業で今のところ交換を予定している主なパーツは↓こんな感じです。

    1.シリンダーヘッド(1−3番)
    2.エンジンガスケットキット
    3.ヒートエクスチェンジャー
    4.ピストンリングセット
    5.チェーンテンショナー
    6.オイルセパレータ
    7.インターミディエイトシャフト
    8.各ホース類(エンジン周辺及び前方ラジエター周辺含む)
    9.クラッチ類(ディスク、レリーズベアリング、プレッシャープレート。フライホイールは研磨で対応)

    通常ですと、上記以外にウォーターポンプやクーラントのリザーブタンクも真っ先に交換するところですが、

    それらについては最近交換されたばかりでしたので、今回は交換リストから除きました。

    上記については、1番以外はどれもこれも少しお疲れ気味の996では是非とも交換しておきたいパーツばかりですけど、

    今回これだけ網羅的に交換出来れば、安心感があるばかりではなく、

    乗ってみたフィーリングもかなり違ってくると思います。



    で、上記の主な箇所を少し紹介していきますと、



    ↓これがシリンダーヘッド(1−3番側)
    イメージ 1

    イメージ 2
    よーく見ると亀裂が入っているので交換です。(修理不可)

    6番シリンダーにも亀裂が入ってしまうという例がありますけど、どちらが逝っても50万円コースです。(-"-;




    ↓これがヒートエクスチェンジャー。
    イメージ 3
    空冷でヒートエクスチェンジャーと言えば、エキゾーストを連想しますが、

    996でヒートエクスチェンジャーと言えば、この水とオイルを熱交換する弁当箱です。

    これはGT3系では水と油をセパレートしている障壁に亀裂が入り、

    水と油が混じってしまうという恐ろしい現象が発生する事がある為対策部品が出ているほどの定番箇所で、

    今回の場合もせっかくの機会なので交換します。





    ↓これがオイルセパレータ。
    イメージ 4
    これも交換の定番パーツです。

    こんな大切な場所なのにプラスチック製なのでよく割れてしまいます。

    割れてしまうと水と油が漏れてしまいます。





    ↓で、これがインターミディエイトシャフトのベアリング。
    イメージ 5
    これについてはつい先日の記事でもご紹介しましたので、ここでは詳細は省略します。

    色々なところから社外品の対策パーツが出ているようですけど、

    今回は一番実績のあるLNエンジニアリング製を使用します。




    これらのパーツが入荷するまでエンジンが組めませんのでしばしOH作業は休憩となりますが、

    作業が再開したらまたレポートしていきます。(^^)

    このページのトップヘ