この土日は銀ポル君の納車してました。

本来の予定は、今日、オーナーさんと一緒に神戸まで車を取りに行く予定でしたが

急遽、土曜の早朝に空冷見習いさんに自走で運んで頂く事になりました。

空冷見習いさん、徹夜で、しかもヒーターのないポルシェでの自走、お疲れ様でした。
イメージ 1

銀ポル君が神戸から届くやいなや、空冷見習いさんを東京駅までお送りし、

すぐにオーナーさんの自宅がある千葉へ届けに行きました。



この日はオーナーさんの仕事の都合もあって、サラリと試乗しただけでタイムオーバー。

あまりにも時間的に余裕がなかったし、オーナーさんとゆっくりお話も出来なかったので、

今日、あらためてオーナーさんのお宅にお邪魔してきました。

イメージ 2

こうやってあらためて眺めてみると、やっぱ渋すぎますネ!

ワイドフェンダーの’74RSRルック、サイコーです。

シルバーのボディカラーも往年のレーシングカーを彷彿する感じでイイですね!

いっその事、↓こんなカラーリングにしてみたらいかがでしょう?(ニヤリ)
イメージ 3



今回、銀ポル君のオーナーになって頂けた方は、

その昔、ゼロヨン仕様のスカイラインジャパンで暴れまくってた方で、

ジャパンを手放してからの20数年間、SLやW124などを数台乗り継いではきたものの、

いつかはポルシェやフェラーリのようなスーパースポーツに乗る事を目標に

ずっと商売を頑張ってこられたそうです。

ボクとの出逢いは、以前、売りに出してた青ポル君

問い合わせを頂いた事がきっかけでした。

この青ポル君との出逢いから、ターゲットは古いポルシェ(930かナロー)1本に絞ったそうです。

実は青ポル君の時はタッチの差で別の方にお譲りする事になってしまったのですが、

それからずっと、代替になるレーシーなポルシェを探して欲しいとの依頼を受けていました。

それから数ヶ月間かけて探してはみたものの、なかなか御眼鏡にかなうポルシェが見つからず

正直とっても苦労しましたが、今回やっとお望み通りのポルシェをお納めする事が出来ました。

家も比較的近いので、これから末永〜くポルシェ仲間としてお付き合いが出来ると思います。

今回はこんな素人のボクの事をずっと信頼して頂き、何ヶ月も待って下さって大変ありがとうございました!