今日は宇都宮のSさんにお越し頂き、996カレラ(6MT)のお引渡しをさせて頂きました。

納車はこれで3日連ちゃんでしたが、3台とも無事にお納めする事が出来てホッとしました。(^^;
DSC09812

Sさんは某自動車メーカーにお勤めの方ですが、実はガレージJのお客様で自動車メーカー系のお仕事をされてる方は結構多かったりします。

みなさん車を作るのが本職なだけに、車の事についてはボクなんかよりもかなり精通していらっしゃいますが、 車の事が詳しい方ほど、ポルシェの魅力がハッキリわかるようで、普段は自社製品に乗りながら、趣味車としてはポルシェを選ばれるようです。

DSC09807

Sさんは、今日のポルシェの納車に辿り着くまでの道のりは結構長くて、最初にメールでご連絡頂いたのが去年の9月末ですから、かれこれ1年越しになります。
当初はポルシェを購入する事は決めたものの、どの車種からポルシェの世界に入ったら良いのかなかなか車種の的を絞ることが出来ず、ウチに在庫車両として置いてあった996GT3や996ターボ、996C4、空冷等に目移りしながら(笑)ご検討されていらっしゃいましたが、最終的にはハッキリしたご予算とターゲット車種を996後期のカレラの6MTという形で確定し、ポルシェ探しのご依頼を正式に頂戴したのが今年の7月末でした。
そこから約1ヶ月くらいでこのカレラをゲットする事が出来ました。

最終的にターゲットを996カレラにした理由は、将来的に古い空冷ポルシェや最新のポルシェに最終的には辿り着くのかもしれないものの、まずはポルシェへの入り口として、予算面や性能、楽しさ等々を検討していくと、後期996カレラの6MTが歴代ポルシェの中で一番バランスが取れていて、今の自分には最も適していると判断されたからです。

確かに入門用のポルシェとしては、ボクも996カレラが一番適していると思いますし、今回の選択は大正解だと思います。
まずはナローから最新の991までの歴代ポルシェの中でも一番ニュートラルな存在とも言える996カレラでポルシェの世界を味わってから、よりマニアックな世界を求めて先祖がえりしていくのもよし、より高性能を求めて最新のポルシェを追いかけていくのもよし、まずはどのモデルかのポルシェに乗りながら、より自分に合ったポルシェに乗り換えていけばよいと思います。

どのポルシェが自分に合ってるのかなんて、ポルシェに乗ったことがなければなかなか判断するのも難しいと思いますし、まずはどれかに乗ってみないことには、自分にとってのポルシェの世界がいつまで経っても始まらないですしね。(^^)

Sさんもまずはこの996カレラからポルシェの世界に入り込んで頂いて、これからポルシェの泥沼の世界にドップリ浸かって頂ければと思います。

この度は人生で初めてのポルシェ探しがガレージJにお任せ頂いて大変ありがとうございました!