先日は黒い964C2(5MT)のこれまで施されてきたメンテナンス内容(エンジンOH含む)についてご紹介させて頂きましたが、今回はそれを裏付けるものとしてエンジン下回りの画像をアップ致します。

画像をご覧頂ければ目視でおわかり頂ける通り、964のオイル漏れ箇所としてありがちな、通しボルトやタペットカバー、チェーンケース、クランクシール等からのオイル漏れはありません。

P1340657

P1340663

P1340666

タペットカバーやチェーンケースからのオイル漏れは、内容にもよりますがそこそこの労力で止まる事がほとんどですが、クランクシールのミッション側はエンジン・ミッション降ろしての整備になりますし、スルーボルトからのオイル漏れはエンジンをばらさないと治せないので結局OHになってしまいます。

なので、964を購入する時はオイル漏れの有無と、漏れがある場合はどこから漏れているのかによって、購入してからの維持費に大きく影響してきますので、オイル漏れの箇所をある程度特定してから個体を選ぶことがとても重要になります。

964も生産から30年近く経過している事もあって、最近はオイル漏れ以外にも気にしておくべき箇所がかなり増えています。

たとえば燃料ラインも、特にエンジン側のエアインテークの真上を通っているゴム部分については、熱の影響も受けやすく、パキパキに硬化してしまって今にもガソリンが吹き出してしまいそうな個体も増えてきてますし、右前付近にある燃料ポンプと繋がっている部分の長い燃料ラインのゴム部分もパキパキになっている個体が増えています(この個体は新品に交換済です)。

これらは火災の原因にもなる部分なので、きちんとチェックしておくべきポイントだと思いますが、残念なことにこれらをほとんどノーチェックで、見た目や雰囲気や値段だけで964を購入する方が圧倒的に多いように思います。

また新しい車ならいざ知らず30年も前の車を買うのですから、問題ない個体よりも何かしら問題を抱えてる個体の方が多い前提で(実際には圧倒的に多いです)、最低限の状態把握を行ってから購入を決めるのが、買ってから平和なポルシェライフを送るための必須条件だと思います。

これまで何度もココでお話してますが、ちゃんと確認しないで964を買うのは当たる確率が極めて低いギャンブルをするのと同じですので、その点をしっかり認識したうえで964の個体選びをして頂ければ幸いです。

「自分では状態なんて確認できないよー」って方は、せめて確認するポイントを現車を見せながらしっかり説明してくれるお店を選ぶ事で、リスクはかなり回避出来ると思います。