先日から販売させて頂いている黒い964ですが、どうせ空冷は高嶺の花だからと最初っから諦めてしまってる方が沢山いらっしゃるんではないでしょうか?

このブログでも何度もご紹介させて頂いてる通り、残価設定型ローンと中古ポルシェとの相性がとても良く、「まさか空冷ポルシェなんて買えるわけない!」って思ってた人でも、意外とすんなり、しかもリスクもほとんどなく買えてしまったというケースがとても増えてます。

IMG_9736

たとえば今販売中の黒い964カレラ2(Tip)ですが、残価設定型ローンでシミュレーションした例としては以下のような感じになります。

・頭金:0円
・ボーナス払い:0円
・残価設定率:乗り出し金額の50%
・ローン年数:8年
・月々のお支払金額:44,660円/月

残価設定率は50%ですので、8年後にこの964の価値が50%以上残っていれば、この時に車を乗り換えてしまえばローンの残債は残らない事になりますが、今の空冷ポルシェの相場の上がり方を見ると、買った値段の半額まで価値が落ちてしまうという事はまず考えにくいと思いますので、50%の残価設定を行ったとしてもリスクはかなり少ないと思いませんか?

もちろん、こんなローンの組み方を他の車種(たとえばベンツとかBMWとか)で行ってしまうと、ローンが終わった時点での車の価値が残価設定した額より下回ってしまう可能性が高いので到底おすすめする事は出来ませんが、リセールの高い中古のポルシェならこういう買い方も普通に出来るので、結果的にまさか乗れるとは思っていなかったポルシェにすんなり乗れてしまったというケースが最近とても増えています。

だって普通に考えてみてください。

月々44,660円だったら、新車のプリウスやカローラ買う時よりも全然支払いが少なくて済むと思いませんか?

プリウスの350万円の新車を5年ローンで買うと、月々の支払いは65,000円以上しますから、↑の964の支払い例の44,660円よりも毎月2万円以上も高くなる計算ですから、年間24万円も差が出ます。

なので、自動車税やガソリン代、メンテナンスコスト等を考慮したとしても、プリウスの新車買える経済力のある方なら、この964にもフツーに乗れてしまうという事になってしまうんです(もちろん買ってからめっちゃお金のかかる粗悪な964の場合は別ですが)。

IMG_9737

ま、この964とプリウスとは全く検討の比較対象にはならないとは思いますが、毎日近所で何台も見かけるプリウスと金額的な比較をしたほうが、いかにポルシェが意外と誰にでも狙える身近な存在かという事がイメージ頂けると思いそういうお話をさせて頂きました。



この964のお問合せをこれまでして頂いたほぼ全員の方が、車両価格と乗り出し価格しか聞いてこられてませんでしたが、もしその金額だけを聞いて予算オーバーだと諦めてしまってる方があらっしゃるのでしたら、是非今日ご紹介させて頂いたような「ポルシェならではの賢い買い方」があるという事もご一考頂き、ご興味があるようでしたら是非お電話でローンシミュレーションのご依頼を頂ければと思います。

空冷ポルシェを諦めるのはまだ早すぎますよ~!(^^)