ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。ナローから991までポルシェの中古車の事なら何でもお任せ下さい

ポルシェ中古車専門ショップの株式会社ガレージJです。996/997コンプリートカー、964/930ナロールック等、自分だけの一台も製作致します。






    JT-MODE 製品カタログはこちらをクリック


    明日、友人の911R仕様を大阪のN川オートへ入庫させるのですが、

    結局それに着いていく事になりました。

    朝一番に到着するように、未明に出発します。

    自走で行くんですが、オイル、ジャジャ漏れなのに大丈夫かな。。

    その模様は、また後日アップします。

    イメージ 1

    イメージ 2

    今年も7/16(日)に岡山国際サーキットで開催される、

    Tipo OVERHEAT MEETING 2006に申し込みをしました。

    https://www.over100.com/~en4822/neco/image/Tipo_down_2.pdf

    沢山用意されている走行会のうち、エントリーしたのは

    ポルシェスーパートロフィーです。

    このイベントはレース形式では5種類、スポーツ走行&ファミリー走行4種類と

    国産・外車・新車・旧車の車種を問わず、誰でも参加できる形式のものが用意されているので、

    毎年、沢山の車やギャラリーが集まり、見てるだけでもかなり見ごたえのある

    イベントだと思います。

    フェラーリやポルシェのレーシングカーが全開で疾走する姿って、

    あまり普段見られないですもんネ。

    去年や一昨年はフェラーリのF1のデモ走行もあったんですが、今年もあるのかな?

    今までサーキット走った事ない人も、このイベントだったら気軽に参加できるし、

    サーキットデビューするいいチャンスかも知れませんよ。

    自分の車で本格的なサーキットで全開走行すると、

    公道ではわからない色々な再発見がありますし、

    何より自分の車でサーキットを全開で走るのは気持ちいいし、とってもスッキリしますよ!

    興味のある方は、現地でお会いしましょう!

    絶対面白いですよ!(^^)

    イメージ 1

    イメージ 2

    きのう、911R製作中の友人から「ヤバイ、かっこいいぞ。悔しいか。」

    といった内容の携帯メールが届きました。

    通訳すると、、足回りがほぼ終わって車高がベタベタになり、

    タイヤもいい具合にツライチになったそうです。(笑)

    今日車検を通し、次はエンジン製作・載せ換えの為に、

    今晩大阪のN川オートに持っていく事になります。

    しかし!ここからが最悪最大の難関。。

    この難関に比べたら、これまでやってたボディ制作なんて軽いもんです。

    理由はここではあまり詳しく書けませんが、

    今度気が向いたら、ファン登録して頂いた方限定で、お話するかも知れません。



    一楽さんは、意味わかりますよね?(^^)

    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3

    国産でドリフトやってる後輩から電話があって知ったんですが、

    富山のおわらの里スポーツランドが閉鎖になったままだと思っていたら、

    おわらサーキットMiniMAZEとして、間瀬サーキットの経営で再開してるんですね♪

    http://coomac.jp/pitwebowaracircuit/

    田舎の小さなミニコースなので、北陸以外の方はきっと誰もしらないと思いますが・・・

    ここはしばらく走ってませんが、蚊取り線香のようなグルグルした狭いコースで、

    ジムカーナやカート場としては丁度いいような広さです。

    昔944乗ってた時に、ここでたまに練習してたので僕にとっては懐かしいコースです。

    うちから近いし安いし便利なんですよね。

    それにチョコマカ走るコースって、パワー差が出にくいので結構好きだったりします。

    地元の北陸にはミニサーキットしかなくて、それも福井のタカスサーキットと

    富山のおわらサーキットのこの2つだけなので、ここの復活は大変貴重です。

    しかもタカスの方は音量規制が厳しくて、僕の車では走らせてもらえません。(^^;

    話によると、今度の新生おわらはドリフトもOKになったらしく、かなり楽しめそうです。

    964買ってすぐの頃、試しに走りに行った時は55秒フラットでしたが、

    今は当時より車の戦闘力はアップしてるので、もう少しいいタイムが出るような気がします。

    今年はなかなかメジャーなサーキットに行けそうもないのもあって、

    久しぶりにここに行って、今だったらどんなタイムが出るか試してみたくなりました。

    問題は、車は進化してても最近走ってないからきっと腕はそれ以上に退化してるので、

    以前よりタイムが悪くなる可能性大という事ですが・・・(^^;

    イメージ 1

    993まで空冷のポルシェのメーターって傾けてつけてる人が多いですよね。

    不思議に思う人もいるかも知れません。

    僕も964に乗るまでは意味がわからなかったんですが、

    自分が乗るようになってから意味がよくわかりました。

    人それぞれによって傾け方や意味合いが色々違いますが、

    僕の場合はタコメーターとスピードメーターを少し左側に傾けてます。

    両方とも一番確認したい位置が真上にくるようにしてますが、

    タコメーターはレブ少し手前のシフトポイントとなる回転数を真上に、

    スピードメーターは鈴鹿の130Rに進入する速度(僕の場合は

    180km/hを目安にしてます)が一番上にくるようにしてます。

    サーキットを走ってる時はメーターをあまりチラチラ見ている余裕がありません。

    でもこうやっておくと、前を見ててもメーターの針が真上に来た時くらいは

    何となくボンヤリ視野に入ってくるので、気が付きやすいんです。

    小径のハンドル付けてる人なんかは、メーターの目盛とハンドルが

    丁度重なってしまうので、さかさまにひっくり返してる人もいますネ。

    知らない人がポルシェのメーターが傾いてるのを見ると「何でやろ?」とか

    「曲がっとるで〜、ちゃんとなおしとけや」とか思うかも知れませんが、

    ちゃんとそれなりに意味があるんですわ。

    なので、、こういうポルシェを見ても決して「曲がっとるで〜!」

    なんてツッコミはしないで下さい。(笑)

    本人とすればボケてる訳ではなく、ちゃんとそれなりの意味を持って

    わざわざやってるはずですから。。。(多分・・・)(^^)

    ブログ仲間のhinokousyaさんから、劇団ひとりの「陰日向に咲く」を頂戴したので読んでみました。

    前々から話題になっていたので気になってた本だったのですが、

    読んでみると、期待通りマジで面白かったです。

    3時間かからずに、一気に読んでしまえる内容でした。

    いくつかの短編小説から構成されているのですが、それぞれにちゃんとオチやドンデン返しがあり、

    しかも短編同士が微妙に繋がっていて、今までにない感覚で読めました。

    しかも笑えるところも泣けるところも、ちゃんと押さえてありますネ!

    以前、劇団ひとりがTVに出てた時に、今まで自分が読んだ本は登場人物が多すぎて、

    誰が誰だか判らなくなり、読み辛かったので、登場人物をシンプルで読みやすい本を書きたかったって

    言ってましたが、その通りに読みやすくなっていて感心させられました。

    実は、今まで劇団ひとりって芸人としては、今ひとつよーわからん奴ってイメージでしたが、

    こんな才能があるんだと、この本を読んでから好感を持ちました。


    JT-MODE 製品カタログはこちらをクリック


    このページのトップヘ