昨日は久しぶりに足立ベース入りして、ボクスターを洗車したりイジったりしてました。

このボクスター、何だか日を追うごとに愛着が湧いてきます(いつもの事ですが)。
イメージ 1
このボクスター、「S」だからデッカイ赤キャリが最初から入ってて、

エンジンも3.2Lの260psのものを積んでるから、結構な運動性能です。

↓ボクスターSのデッカイ赤キャリ
イメージ 2
加速も制動力も体感的にはノーマルの964以上、もしかするとノーマルの993(MT)と同等くらいの

感じがするので、予想してたよりもかなり速いです。


しかもミッドシップなだけにコーナリングがめっちゃ安定してるし、

おまけにこの車は立派な車高調が入っているので、本気で攻めるとコーナリングスピードはかなりのもんです。

↓ビルシュタインの車高調
イメージ 3
多分、964あたりでこんくらいの速さにしようと思ったら、ノーマルでは絶対ムリで、

かなり軽量化したりブレーキと足を固めていかないと、マジでこの車に置いて行かれると思います。


このボクスターSは986最終の’04年式なのですが、’90年初頭に生産された964と比べると、

さすがに技術の進歩を感じますね。

この車の場合、タイヤとブレーキがストリート用なので、いいタイヤ履いていいパッドでも付ければ

全然このままサーキットにイケてしまう感じです。



っつーコトで、こんだけ走れる車なんだったら、なんだかこの車でレースに出てみたくなりました(笑)。



で、問題はタイヤとパットな訳ですが・・・



タイヤとホイールは996/993用のエンケイのホイールが1セットあるので、

これに以前から余ってるダンロップのSタイヤを履けばカンペキ!(?)

パッドはそれほど高くないだろうから、新品をテキトーに買っちゃえばイイですしネ!(^^)



で、、ボクスターのホイールオフセットがよく判らないので、早速手持ちのエンケイを

ハメてみました。
イメージ 4
フロントはOK!

でもリアはホイールが内側にオフセットしすぎてて、足にホイールが当ってしまって履けません。。

っつーコトで、手持ちのスペーサーをハメてみました。

そしたら・・・
イメージ 5
今度はハミ出てしまってダメっぽいです。。(ーー;


ん〜、誰かにもうちょっと薄いスペーサー貸してもらうか、今履いてる純正の18インチに

タイヤをハメ直すしかなさそうですね。

でも、こんくらいの手間ならなんとかしましょう。。


運転が慣れないボクスターで復活するなら、コースは走り慣れてるセントラルで復活するしかないですね。

だったら次回のユーロカップっスかぁ?

じゅんのすけ号が完調の時は、あの車で31秒台くらいでは走れてたから、

このボクスターSだったら、Sタイヤ履けばとりあえず35秒切るくらいのタイムは出ますかにぃ?

35秒くらいで走れれば、とりあえずビリは避けられるかにぃ?


ってな感じに、この時点ではかなり具体的な形で頭ん中にイメージが出来上がっていたので、

まずはユーロカップに毎回のようにエントリーしているクマどんの所に電話して、

次回の日程を聞いてみました。



そしたら・・・



「次は9月やぞ・・・」



だそうです。。(+_+)



毎度の如くボクの場合車が回転していくので、9月までボクスターを手元に置いておく自信はありません。。。

直近でのレース復活は、夢物語で終わりそうです。(苦笑)




↓裏方スタッフかおりんのブログもよろしくです!
裏方スタッフのつぶやき日記♪