先日よりご紹介させて頂いておりますガーズレッドの964ですが、今日は内装の状態についてご紹介します。

まずは画像をご覧下さい。

DSC00166

964を見慣れてらっしゃる方はすぐにおわかり頂けると思いますが、シートにだけ注目してみても、座面の革がパンパンに張った感じやテカリがないところ、シワの少なさ等、新車時の状態に近いコンディションを保っているという事にすぐに気がつくと思います。


DSC00167

DSC00156

ドアの内張りもカーペットの生地の状態やドアポケットのフタの歪み等、964にありがちなダメージはほとんど見当たりません。
DSC00165
細かい事かも知れませんが、ドアのオープナーも白くなりがちですがこの個体はそういう部分もキレイな状態を保ってます。



あと、964の内装でコンディションの良し悪しに差が出がちなのがメーター周り。

よくありがちな各メーターの警告等部分の表面の剥がれや、ガラス面の曇りやフチの部分の白い変色等が全く見当たりません。

もちろん、オンボードコンピュータの液晶文字の欠けもありません。

DSC00162

DSC00163

DSC00164

964のメーター類の中古パーツも年々数が減ってきて、キレイなものはなかなか手に入らなくなってきてますので、このキレイな5連メーターだけでもとても価値があると思います。



もちろんエアコンもバッチリ効いてますので、今日のような暑い天気でも気持ちよくお乗り頂けますよー(^^)