販売中のシルバーの964C2(5MT)ですが、先日リフトに上げて下回りのチェックをした際のエンンジン下回りの画像をアップさせて頂きます。

IMG_4299

この車は走行距離が14万キロ走ってますが、7.6万キロ時にエンジンとクラッチがOHされているようで、そのせいもあって目立ったオイルも無くとてもキレイなエンジン下回りです。
DSC04724





964によくありがちな左側スルーボルトからのオイル漏れもなく、クランクケースも全体的にベトベトしていません。
DSC04728

DSC04730

DSC04727

スルーボルトからのオイル漏れについては、今となってはほとんどと言っていい程の割合の964が少しは滲んでたりはしてますので、あまり過度にこの部分からのオイル漏れについて神経質になりすぎると今度は選べる個体が無くなってしまうので、現実的にはある程度の妥協は許さざるを得なくなってはきてますが、それでもあまりに漏れが酷いとエンジンを分解しないとオイル漏れが止められない部分ですので、この部分からのオイル漏れについては少しでも少ないものを選んでおいたほうが後々の維持費が楽になる可能性が高いです。




964のオイル漏れの定番箇所と言えばチェーンカバーとタペットカバー、前後クランクシールなどが挙げられますが、これらについてはエンジンをバラさなくても修理可能なものが多いので、気が付いたらその都度治すという感じでいいと思います。

この車についてもチェーンカバーからのオイル滲みが見られますので、修理してから納車させて頂きます。
DSC04734




ちなみにスターターは交換されたばっかりのようで、ピカピカなのが付いてました。

スターターも交換時期が近い964が多いので、地味な部分ではありますが、こういうのも助かりますよね。
DSC04735




最後にエンジンの上からの画像です。

サウンドアブソーバー(防音材のスポンジ)は新車時のものがそのまま付いてる車両は既にボロボロにまってしまってますが、この車両はボロボロになっておらず、そう遠くない過去にエンジン脱着を伴う整備がなされ、その際にサウンドアブソーバーが交換されているようです。
DSC04772

DSC04773




クーリングファンもまだ新しく、過去に交換されています。

これもクラックが入ってしまうと交換になりますが、パーツ代だけでも7万円前後とまあまあ高いので、こういう部分も交換されてると嬉しいです。
DSC04774



いかがでしょう?

値段はリーズナブルですが、状態はしっかりしていて安心して乗れる個体だと思います。

5MTの964カレラ2をお探しの方はお早めにお問合せ下さい。