当社で製作しTさんにお乗り頂いてるエトナブルーの’85カレラナロールックですが、これから更に足のコイルオーバー化とエンジンのMOTEC+6連スロットル化をさせて頂く事になりました。

IMG_8954

3.2Lの930カレラをベースにした場合、これほどワイドタイヤを履かせて車高を落としてしまうと、ノーマルのトーションバーの足ではストローク不足でピョコピョコ跳ねてしまったり、アライメントの調整幅的にも限界が出てしまったりするので、930のコイルオーバー化は特にサーキット走行する車においては昔からの定番メニューだったりします。

ただ、現在はそういったコイルオーバー化の為の社外パーツも極端に少なくなってしており、特にフロントのナックルアームやリアのアッパーブッシュの品ぞろえがほとんどないので、オリジナルでコイルオーバーの車高調を製作した上でナックルアームやリアアッパーをワンオフで作る事になったりする為とても高額になってしまいますが、今回はTさんからの強いご希望でコイルオーバー化に踏み切る事になりました。


また、3.2L+Lジェトロでは、ナローや3.0SC(Kジェトロ)のビンビンレスポンスに比べるとどうしても物足りなさを感じるので、今回はフルコン化して6連スロットルにする事で、運転が楽しい車にするとともに緻密なエンジン制御によるパワーアップも狙います。

IMG_8955

この930は外観についてはほぼTさんの理想形になっていますが、今回のコイルオーバー化と6スロ化で中身についてもかなり理想形に近付くはずです。

かなり大掛かりなモディファイになりますので少し時間は掛かってしまいますが、この車をお預りさせて頂いている間は、先日納車させて頂いた993のほうで楽しんでて下さいね。(^^)

完成を楽しみにしてお待ちください!