先日やってきてただいま販売中の964C4ワイドですが、リフトに上げてエンジン下回りの画像を撮りましたのでアップします。

IMG_0492

964買う時に下回りのチェックもしないで買う方がいまだに多いようですが、最低限確認するべき場所を確認してから買わないと、後で痛い目にあいます。

ボクだったら964を買う時、いくら美味しい条件だったとしても、下回りの確認してからでないと恐ろしくて手を出せません。(^^;

なんでいつもそんな話をするかというと、歴代空冷ポルシェの中でも964が一番機関の状態の良し悪しの個体差が大きいと感じているからです。

良し悪しの個体差が大きいという事はその車を買う時のリスクも大きいわけで、当社で964を仕入れる時はエンジンの下回りは重要なチェックポイントとして必ず確認してから仕入れるようにしてます。



話を戻しますが、この車のエンジン下回りは⇊こんな感じです。
IMG_0502

パッと見た感じからオイリーでベトベトな感じもなく、とてもキレイな下回りです。




エンジン下回りの中で一番チェックしておかないといけない箇所は⇊ココです。

IMG_0495

IMG_0496

クランクケースとシリンダーの継ぎ目からオイルが漏れているように見えるとスルーボルトから漏れてしまっています。

スルーボルトからのオイル漏れを修理するにはエンジンをバラすしかないので、高額な費用がかかってしまいます。

ただ、少し滲んでるからといってあまりにも神経質になりすぎてしまうと買える車が無くなってしまいますので(笑)、地面にポタポタとオイルが落ちてしまわない程度のものであれば、ある程度許容しながら将来的にエンジンをOHする前提で選ぶのも、最近の964の枯渇状況から考えるとアリなのかも知れません。




あと、この車は定番箇所のチェーンケースからは少しオイルが滲んでます。
IMG_0493

これについては納車整備の時にオイル漏れを修理してからお渡しさせて頂きます。




みなさんも感じてる事かと思いますけど、時が経てば経つほど964を手に入れるのがどんどん難しくなってきてます。

一生に一度は乗りたいと思っている方はここら辺りで思い切っておかないと、マジで一生乗れない高嶺の花になってしまうと思います。

人生は一度きり、どうせなら憧れの空冷ポルシェに乗って人生変えてみませんか?

その為のお手伝いは全力でさせて頂きますので、本気でお考えの方は是非ご連絡下さい。(^^)