ただいま販売中の’79SCのRSRルックですが、見た目や仕様が思いっきりサーキット寄りの方向なので、もしかすると外装がソバカスだらけのボロボロな車を想像されてる方もいらっしゃるかも知れませんが、この車の外装をリペア(ナロールック化+オールペン)したのは最近ですので実はかなりキレイなんです。

今日はそのあたりをおわかり頂けるように、外装の画像を中心にアップしていきたいと思います。(^^)

IMG_1630

まずは一番飛び石でソバカスが付きやすいフロント周りからです。

ナローバンパーやボンネットばかりではなくフロントフェンダーまで丸っとFRP製でめっちゃ軽量化されてますが、どのパーツも取り付けて間もないのでかなりキレイな状態です。

IMG_1868

IMG_1883

IMG_1878

IMG_1884

↑飛び石キズとかソバカスとか見当たらないでしょ?(^^)

画像ではわかりにくいですが、フロントバンパーのダクトの中には社外の大容量のオイルクーラーが設置されています。





フロント周辺だけではなく、車全体的にもとてもキレイな状態です。
IMG_1872

IMG_1871

IMG_1876

IMG_1875

IMG_1874

IMG_1873

IMG_1879








徹底的に軽量化はされていますが、ウインドウ類はアクリルやポリカではなく全てガラスです。

アクリルは紫外線の影響を受けてしまう事があるので、これは嬉しいですね。
IMG_1880

IMG_1866

IMG_1867







フロントフェンダーはオーバーフェンダーをパテ埋めしているのではなく、丸ごとFRP製です。

ダクトが付いています。
IMG_1877







ドアもFRP製です。

レギュレーターもクルクル手回しになっていてドアが超軽いです。

ドアの軽量化はめちゃめちゃ効くのでコーナリングが全く違います。

横側から衝突されたときの安全を担保する為にロールケージにはサイドバーも付いています。
IMG_1887

IMG_1888

IMG_1662







リアのダックテールもFRP製ですが、エアダクトが付いているめずらしいタイプです。
IMG_1882








グレーの塗装はドンガラの室内はもちろん、エンジンルームやトランクにもちゃんと塗装してあります。
こういう部分までボディ同色に塗装するとなるとかなり手間暇がかかる部分ですので、こういうところにもこだわりが見られます。
IMG_1641

IMG_1632

IMG_1634







いかがでしょう?

今日ご紹介したのはパッと見て気が付くような「見た目」の部分のご紹介ですが、中身はもっとすごいですよ~

そのあたりについてのご紹介は、また次回にでもアップさせて頂きます。(^^)