いま、ウチの販売車両として996GT2と997GT3がありますが、こんなモデルは「役物」と呼ばれてますよね。

役物系のポルシェについては、ウチのお越し頂くお客様にも憧れを抱いていらっしゃる方が多く「いつかは・・・」って思っていらっしゃる方も多いですけど、その一方で「どうせ役物ポルシェなんて自分には買えなでしょ」と端っから諦めてしまってる方もすごく多いように感じます。

確かにウチに置いてある996GT2も997GT3も絶対金額としては1000万円を少しオーバーしてしまいますから、1000万円超ってだけで最初っから諦めてしまう気持ちもすごくよくわかるのですが、ポルシェ(特に役物系やMTの空冷等)はリセールがいいので、そのリセールの良さをうまく活用した賢い買い方もあるとボクは思ってます。
今日はそれを少しご紹介させて頂きますね。

DSC04747
 
役物系やMTの空冷系をご検討された事がある方は多分ご存知の方も沢山いらっしゃると思いますので、あまりもったいぶらずに答えを最初に言ってしまいますと、「長めのローン+残価設定」の組み合わせになります。
これをうまく利用すれば、役物ポルシェを手に入れるのもすごく現実的に思えてくると思います。

「なーんだ、ローンかよ・・・」って思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、具体的な数字でちゃんと計算してみると、多分だんだん現実的に思えてくるような気もしますので我慢してお付き合い下さいね。(笑)


まずは、計算のサンプルとして冒頭ご紹介したウチの996GT2と997GT3で考えてみたいと思いますが、2台ともザックリとした乗り出し価格で1100万円くらいになります。

計算しやすくする為に、たとえば100万円を頭金にして1000万円のローンを組むとすれば、役物ポルシェや空冷ポルシェのようなリセールが期待出来るモデルであるならば、こんなプランでご検討頂くのも面白いと思います。



<役物ポルシェのローンでの購入プラン例(金利2.9%)>

頭金:100万円

ローン回数:96回(8年)

残価設定額:653万円(96回目に支払い)

月々の返済額:4万円(1回~95回)

ボーナス時:15万円(年2回)



月々4万円、ボーナス払い15万円でしたら、フツーの国産車買うのとそんなに負担は変わらないのではないでしょうか?

もちろんもし下取り車両があるのならば、もっと負担は少なくなります。 

確かに期間が長め(8年)で、最終回に650万円ほどの支払い(残価)が残ってしまいますから「大丈夫?」ってご心配される方もいらっしゃると思います。

確かにポルシェ以外の普通の車(リセールが期待出来なくて、数年で飽きてしまいそうな車)であれば、最終回の650万円の支払い待ってますので危険が伴うリスキーなプランだと思います。

だけどリセールの良い役物ポルシェのローンだと、ボクはそうは思いません。

たとえば、いま1000万円ちょっとの役物ポルシェ(今回の例だと996GT2や997GT3)を買ったとして、8年後に売却する時の値段はいくらになるでしょう?

その答えは実はボクにもわかりませんが、でも、650万円を下回ってしまうということは考えにくいと思います(多分)。

ま、事故を起こしてしまったら何とも言えなくなっちゃいますけど、でもフツーに大切に乗ってこられた車であれば、多分この650万円というラインはキープ出来るような気がします(保証は出来ませんが)。

なので、今から8年間はGT2やGT3を自分の持ち物として自由に乗って、8年後にその車を売却して次のポルシェに乗り換えればいいのです。

うまく売却が出来たとして、たとえばその売却額が仮に800万円だったとすれば、800万円-650万円=150万円を次のポルシェの頭金にしてまたローンを組めば、また次も魅力的なポルシェに乗り続けられますよね。(^^)

もちろん、8年待たずに途中で乗り換えたくなっちゃうケースも考えられると思いますが、その場合もその時点でローンの途中で車を売却すれば、残りの期間の残債を全部払っちゃえる可能性が非常に高いと思います。

たとえば4年間乗って手放す時には、まだ残債が830万円ほど残ってますが、逆に言うと4年後の売却価格が830万円であればローンの残金を全部返せちゃえますし、それ以上で売れればその差額を次の車の頭金に回す事が出来ます。

同じように5年乗れば残債は790万円くらいです。

これってかなり現実的な話のような気がしませんか?(笑)

もし途中で解約する時の残債の額や、8年乗ったときの最終回の残価(650万円)をもっと低くしておかないと心配という事であれば、残価を400万とか500万に設定して、そのぶん月々の支払いを6万とか7万に調整しても良いわけですし、もちろんボーナス払いの額を調整してみてもよろしいかと思います。

でも、最近のローン商品は、途中で一部繰上げ返済が可能だったり、返済を前倒すようなプラン変更が途中で自由に出来たりしますので、まずは月々の支払額を出来るだけ抑えて日常生活に支障が出ないプランでスタートするのがオススメだと思います。


こんな話を聞くと、「そーいや周りに自分とあまり収入が変わらないはずなのに、その割りに高そうなポルシェにコロコロ乗り換えてるヤツがいるな」って思った方もいらっしゃるかも知れませんけど、

そういう方は結構計算が得意で、もしかしたらこういう賢い買い方でポルシェを買い換えていらっしゃるのかも知れません。


こんな事ばっかり書いてると、なんだかローン会社の回し者みたいですけど決してそうではありませんからね。(笑)

ただ、ウチにポルシェを買いに来るお客様でも最近こんな買い方で検討されてる方が増えてきてますし、そんな方々はポルシェをあまり目減りのしない「資産」と位置付けて、奥様をうまく騙くらかして・・・いや、、説得したりして、うまく家庭内稟議の承認をもらってるようですので(笑)、このブログをいつもご覧頂いてる皆様にもこんな考え方や賢い買い方があるという事を是非ご紹介したくて書いてみました。(^^)

もし、本気でGT2やGT3に乗りたいとお考えの方は、もっと詳しくかつ具体的にご相談に乗らせて頂きますので是非お問合せ下さい。

人生は1度きりです。

役物ポルシェだからと言って、夢や憧れを諦めるのはまだ早すぎますよ~!(^^)