先日やってきた黒い964C2(Tip)もまだチラ見せしかしてませんでしたので、こちらも概要をお知らせします。

P1360655

P1360622

P1360666

この車は外装も内装もとてもキレイで、エンジンについても記録はありませんがOHした形跡があり、オイル滲みすらありません。

P1360532

ただ、先日も書かせて頂いた通り、「訳あり」な箇所があります。

右フロントにちょっと見ただけではわからないほどの軽微ま修復跡があります。

フロントパネルとサイドメンバーとの角の↓この部分です。

DSC04228

↑この画像見てもわかりませんよね?

画像をもう少しアップしてみます。
DSC04229

まだわかりませんか?(笑)

では、これでどうでしょう?
DSC04230

普通の方ですと多分指でココって言われても、それでもわかりませんよね?(笑)

これは査定士でも見落としてしまうくらいの(実際見落としてました)、微妙なものなんですが、シーラーの材質が新車時のものと違います。

なので多分過去に右前の角をコツンと当てて、ここのシーラーが少し剥がれてしまったので上から塗りなおしたんだと思います。

このシーラー以外はフロントパネルもサイドメンバーもインパネもフロアパネルの鈑金したような跡が見当たらないので大きな事故は起こしてないのは間違いありませんが、それでもインナーをシーラーでいじってあるのは間違いないので、これは日本の中古車査定基準と照らし合わせると残念ながら「修復歴あり」となってしまいます。

当然ですが、こんなの車の走りには全く影響はありません。



ちなみに別の964の修復歴がない個体の同じ部分は↓こうなってます。
DSC04238

↑見比べても、多分普通の方には全く同じにしか見えませんよね?(笑)

ボク達のような中古ポルシェを扱う人間にとっては、これを見落とすか見落とさないかによって、場合によっては致命傷になりかねませんので、いつも細心の注意を払って現車確認をしています。



話を戻しますが、この964の主な車両情報は以下の通りです。

<主な車両情報>

’91 964カレラ2 

ミツワディーラー車
ティプトロニック
車検:令和2年7月迄
走行距離:76,100km
外装色:黒
内装色:黒

フロントリップスポイラー
16インチ純正ホイール(マットブラック塗装)
P-ZERO ROSSO(N4、2017年製)
ビルシュタインダンパー
ダウンサス
92ミラー

※ポルシェ専門店による整備記録簿多数あり


先日の記事でも書かせて頂いた通り、この車は些細なものではありますが「修復歴あり」という扱いにさせて頂きますので、お値段もその分お安く設定させて頂きます。

具体的には400万円台に設定致しますので、997の前期あたりを狙ってる方にも十分射程範囲に入ると思います。

気になる方はお早めにお電話でお問合せ下さい(03-3855-1964 ガレージJ本田まで)。